FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

ドリームズ・オン・アイス2009

千秋楽を観てきました。

さすが最終回、選手たちも観客の期待をわかってる感じです。
割りとすぐシンクロの渦が始まりましたね。
トマーシュは間に合わず、回転の最後を外で観てあおってました。

恒例・ジャンプ合戦の前に、ゲストが見せ場を作ってくれました。
ファビアンがトマーシュと出てきて、何やら動作確認。
なんとファビアンがトマーシュを身体の上でくるっと回転させるリフトを披露!

続いて男子たちは、3Aや4Tの大盤振る舞い!
町田くんが4T+3T、トマーシュが4Tを決めました!
無良くんもだったかな…すみません、次々くるのでうろ覚え。無良くんは最初から飛ばしてました。
女子はジュニアが気をはいてました。
マリちゃんゆっこちゃんがビールマンスピン、
ハルカちゃんカナコちゃんがジャンプ。一度めは二人ともクリーンではなかったけど、後でまた二人でトライ、決めたんだったかと。
ランビが長くスピンを披露、その周辺で様々な選手が次々何かやる状態に。
リード姉弟がリフト、高トラがスロージャンプと後にリフト、
ナタリーファビアンがリフトを連続でやり、
アリョーナロビンもスロー3Sをきれいに決めてうれしそう。

次々、ホント次々やるので、誰かが何かしてる間に、視界の端で誰かがスピードつけて助走に入るのが見えるなど、もう、お腹いっぱいです(笑)。

以下、順不同に感想。帰りの電車での時間つぶし。

アリョーナロビンの新しいSPはピアノ曲で、ピエロなのか~。
白塗りビックリです(笑)。
あれを競技でもやるのか是非ともパリまで見に行きたいものですねぇ。
ナタリーファビアンも昨シーズンのFDピエロを短くしたのをやってくれて嬉しかったな。
あれ大好きです。新プロも楽しみ。
リード姉弟は初めての本格的なEXプロ、キャシーのローライズデニムのカッコ良さと、クリスの白タイツ王子様は…笑顔のクリスがツボかも(笑)。
町田くん『マイウェイ』のアレンジ。
途中から速いテンポになるけど、音楽にきっちりのってステップしててすごかったです。
新シーズンへの期待が特に高まりました。
ダイスのはまた、テンポが難しい曲でしたねぇ。
でもよく踊ってましたね。
友加里ちゃんは5月のプリンスと同じくキレ良し。
章枝ちゃんも3S決め、タバコのマイムもお客さんとの連携良く、カッコよし。
奈也ちゃんはプリンスと同じビヨンセ。
溌剌とかわいかったけど…まだ、いい時のビールマンスピンの形じゃないみたいでしたね。「にぐ」で。
シーズン入りしたら大丈夫でしょうけどね。
織田くん『オースティンパワーズ』、あの和柄みたいなトップスにダーク系とはいえ縦じまボトムの組み合わせは、いかがなものか?
ずっと動いてる楽しいEXでした。

ジュニア女子もそれぞれ期待が高まりましたよ。
羽生くんの新SPはまるでショープロみたい。ジャンプきっちり決まったら、盛り上がるでしょうね~。
由希奈ちゃんは自分の世界をつくるのが上手いな、やっぱり。
あっこちゃんの新EXは、もっとこなれてきたらカッコよくなりそうなビッグバンドジャズですね。
ランビは『ネメキテパー』(←こんな曲名ではありません)
モダンダンス見てるみたいでした。表現者として卓越してますな。
最後の最後に入り口カーテン方向に後ろ向きに下がり、余韻を残したラスト…のはずが、
ステージの角に足がぶつかりちょっとコケそうに。
まさか計算ではあるまい…。

トマーシュは『マイケルジャクソンメドレー』、帽子の下に『闘魂』ハチマキ(笑)。
東京ワールドのEXを思い出させますね。

トリの美姫ちゃんのはボーカル入りだったけど、競技で使えるようなそうでもないような。
新SPをEXアレンジして滑ったのか、それとも元々EXなのだろうか。
ニュースで見たエロカッコいい衣装はオープニングだけで、ここでは、黒系の長袖、長めスカート(裾がグレーっぽいぼかし)のシックな衣装でした。
ドラマチックな曲で、悲しげな切なげな表現で。
また一皮むけた気がしました。

あー、楽しかった!
皆さんお疲れ様でした。楽しい時間をありがとう!

出演を見送った真央ちゃん小塚くん南里くん、新シーズンに向けて一層、期待しています。
昨年ここにいて、今復帰に向けて頑張ってる、あの選手にももちろん期待して、新シーズンを待っています。

2009-2010シーズンGSPエントリーが出ましたな~

来季のGPSのエントリーがISUから27日付で発表されましたね。
ここ数日パソコン開いてなかったもんで(エネルギー残ってなくて…)、今日気がつきましたー。

今日は日中、1ヵ月半ぶりに美容院へ。髪が伸びるの早くてねぇ。
毎度切られながら寝てしまうので、美容師さんも切りにくかったろうて。
「大丈夫ですよー」と言ってはくれてたが。いつもすまないですね、Tさん。

さて、GPSエントリー表(PDF)、じっくり眺めてみました。
んー、なるほど。
結論から言うと、来季もフランスやカナダは私好みです。
フランスは、ケア姉弟、テッサ&スコット、ナタリー&ファビアン、アリオナ&ロビン、トマーシュ、ジュベール、ポンセロ、それから、スペインのハビエル・フェルナンデスがエントリーされているのも興味津々。
女子は…なんつーか「表彰台は狭き門」ですね。会場で見るのは怖いものみたさかもしれない。
カナダもそうだけど、基本どの国も興味をひく選手がみられて、面白そうですね。
単にフランス、カナダはショー以外も行って楽しいからまた行きたいってのがあります。

ですが、昨季フランス行って、帰って思いました。
『正直しんどい』と。
仕事3日休んだ分を3日では取り戻せないですからね。当たり前ですけど。
行事と行事の合間に日程が入っていたから行けたのだけど、帰ってからは時差も加わり、海外に行く前以上のペースで仕事をこなすのは本当に身体が大変でした。
昨季も大変だったのに、今季のGPSスケジュールと昨季より業務数が増えてる私の職場の予定を付き合わせると…。

行きたいところに行くのではなく、行けるところに行きたいと。
そうなるかなぁ。
具体的に言うと、N杯、ファイナル、全日本はマストで。
…あ、全日本は年末でビミョーだな…。

それにしても、復帰組への驚きも。
雪ちゃんたち、復帰するのか~。
シングルは、サーシャ・コーエンが本当にフランスとアメリカにエントリーされてるし。
同様に、プルシェンコもロシアにエントリーされてるのを実際にISUから発表されると、感慨深いです。
驚きとは違うけど、昨季ジュニアで活躍した選手たちが今季シニアGPSにエントリーされているのも、楽しみですね。
成美ちゃんたちや、アモディオとかブレジナとかデニス・テンとか、ダンスのチョクズーとか。
(そうそう、チョックだけど、ホントに16歳か??? 既に熟女みたいな雰囲気が。
誰かに似てると思ったら、阿木 燿子でした)
あと、産後数ヶ月となるはずのイザベルたちもちゃんと名前ありますね。様子をみてフランスにもエントリーさせるのか、あるいは他の若手を入れるのか??


NHK杯各カテゴリと、日本勢各選手のエントリー状況、ファイナルの日程は現時点で以下のとおり。
N杯日本勢男女1枠ずつは誰が入ることになるでしょうねー。楽しみですね。
【“2009-2010シーズンGSPエントリーが出ましたな~”の続きを読む】

いろいろな出来事がありますね

サーシャ・コーエン、本気でアマ復帰するなら、面白くなりそう。
>>時事通信
THE ICEやJSOIで滑ったのを観たかぎりだけど、調子は良さそうだったものね。
ラファエル指導でアマ一線級まで戻してくるか?
年々変わるルールにどれだけ対応してこれるか?
記事にあるように、本当にいきなりスケアメに出られるのか?
楽しみです。

----------
ペルネル・キャロン&マチュー・ジョストに、ティファニー・ヴァイス&デレク・トレントがそれぞれ解散。
うーん!
キャロンたちなんて、年々上手くなってきて、いい味も出てきてて。
今季のODは私、すごい気に入ってるんですけどね。
(まぁピンク・フロイドのFDは当たらなくてワールドは以前のを滑ってたけど)
オリンピックまで1年をきった今、何も解散しなくてもって思うんですけどねぇ。
ワールドの放送解説でも、藤森さん曰く「来季はダンスプロが求められる。キャロンたちは有利」みたいな話もあったのですが。
6秒リフトがひとつ減ってしまうので、むしろ彼らの見せ場がひとつ減るような気はするのだけど、OD観てると大丈夫そうでもあったしね。
もったいないですね。

ペアが減るのも残念ですね。
アメリカは先月の国別対抗に出場したデニバレも、EXだけ生で見たけどツイストリフトのキレが素晴らしかったし、ペアの層が薄くはないと思うけども、
男女反対回転のペアって、ユニークな存在でしたからね。

--------
TBSの「東京フレンドパーク2」観ました。
晩御飯食べながら気軽に(笑)。

【“いろいろな出来事がありますね”の続きを読む】

みどりちゃーん(泣)

14時45分頃終わりました。
外が気温高いわりに風が強くさわやか。
リンク内はそれなりに寒いけど、私は春夏物の麻の厚手ガーデ、七分袖シャツ、ジーンズ、オープントゥサンダルに、ストール二枚で平気でした。

後半にダンサブルな奈也ちゃん、ハーレム友加里ちゃん、プリンスチームのアンサンブル、荒川さん夕顔とたくさんありましたが、
今回のツアーはやっぱり「伊藤みどり」なんですよ。

…泣いちゃった。

私が見に行った回の後、みどりちゃんは怪我でツアーに参加しなくなって。
それ以来で、しかも、よく考えたら、今回は偶然にも、みどりちゃんを最後に見たのと同じあたりの座席でした。
2Aは失敗してたけど、衣装を着て滑るみどりちゃんを見れただけでも、うれしかったなぁ。

フィナーレでも2Aトライしてましたね。
さすが。失敗したけど、その心意気が好き。


プリンスチームのアンサンブル、私のお気に入りは
「白鳥」
松橋さん、誰よりエレガントなスワンでした。最高(笑)

それと、田中、鈴木、中田、関の四人のアンサンブルね。
四人同時の3Tは大迫力!
(音楽そのものはトッドが脳内をよぎりました)

先に書いたのでは男性8人としたけど、新海さんと松橋さんも合わせたら10人でしたよね。
パンフでは11人なのですが…見落としたのかも(^^;

もちろん女性たちも頑張ってたけど、男性スケーター増えるとバリエーションも広がった気がするし、
見応えも相乗効果で上がる気がしました。

会場内で7月の東京公演の先行受付してました。
この新横浜公演のあとは豊橋公演ですね。
皆さん元気にツアーでプリンスアイスワールドの世界を振りまいてきてください!

みどりちゃんの調子を観るべく、私もまた行きたいです。

プリンスアイスワールド2009新横浜 前半終了

20090502134410
オリンピックをテーマにした進行。
トリノ=荒川さん、長野&ソルトレイク=本田くん、カルガリー=じゅんじゅん、という感じ。

荒川さんネッスンドルマの短いもの、
本田くんハナミズキ、
二人とも滑りが優雅。
章枝ちゃんパダンパダンは客にタバコの火をつけさせる演出。
しぐさがカッコいいが衣装はサッパリしすぎかも。

由希奈ちゃんは音の取り方がやっぱりいいな。
動きはまだやや重めかな。
これからに期待。

プリンスチームは男性8人かな?
男性スケーターが多いと迫力が増していいです!

前半最後のチーム演目は昨年のほうが好きかな~。
世界をテーマに有名曲たくさんで、豪華でしたよ。

プリンスアイスワールド2009新横浜公演

いつも見にきてますが、今年は特に太田由希奈ちゃん加入ということでますます楽しみでした。

そしたら、みどりちゃん復帰!
うおー!
関めぐむくんも加入なんだそうで、こちらもアマチュア引退後久しぶりで見るから楽しみ。

これから始まります。

国別対抗終了し…

17時前に終わったんだったかな。
暗い場内から外に出てみれば、まだ夕方にしても明るい空がまぶしい。
仕事用の買い物をするべく渋谷に寄って帰りました。

競技のほうは後でCS放送をチェック出来ればと思いますが、EXだけでも行けてよかったです!
日本でケア姉弟にアリロビが揃うとなれば、そのためにフランスへ行った私です。
行きたくないわけがないのです。
ギリギリに出たチケットを手配したのは仕事の昼休み中だったので、場所とかろくに確認しなかったのだけど、スタンドの私好みの位置だったのもラッキーでした。

フィナーレも終わり、お客さんにTシャツプレゼントということで選手が放り投げていた時、
エヴァンとベン・アゴストとが「ありがとう 東京」と書かれた、シーツ半分くらいの大きさのある白いバナーを持ってリンクを1周したのが、うれしかったですよねぇ。
いかにも外国人ががんばって書いた漢字という、微妙なヘタ文字がまたいい。
シャボン玉の泡があふれる中、パトちゃんやマービン・トランが大きな泡を何度も手で受け止めようとしていたのもツボりました。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
終わってみれば楽しいイベントとなりましたね。
日本に来てくれて本当にありがとう!!!

では今日の感想、ざっとおさらい。
まずは前半部分から。
【“国別対抗終了し…”の続きを読む】

国別対抗エキシビション

20090419153112
前半終わりました。

BLUE MAN GROUPのパフォーマンスから生演奏で始まる楽しいオープニング、
(選手たちもリンク際でダンス)
あっこちゃんから始まる各選手の滑りを堪能してますが、悲しいアクシデントがありました。

ジェシカ&ブライスがツイストリフトでキャッチに失敗し、ジェシカは腹部ほか身体を氷に強打。
起き上がれなくなってしまい、そのまま滑走終了となりました。
担架が運ばれましたが、ブライスがジェシカを抱き上げてそのまま退場。

シーズン終わりにこんなことになり、非常に残念です。
重い怪我に繋がらないよう、また、1日も早い回復を願います。

アナウンスで、顔の左側を打撲し病院で治療中、明日は長旅を控えているので大事にする、
意識はしっかりしており、大丈夫とのことです。

なんだかんだで良かったような

ISU国別対抗、競技が終わって明日のEXを残すのみとなりましたねー。
色々やることあるので、今日も家でテレビ見てたわけですが…。

企画されたことを知った時、そして開幕するまでは、『世界選手権後で疲れた選手には大変だろうし、実施の意義としてもどうなんだろうなぁ』と思ってたのですが、
始まってみればなかなかどうして、テレビでは平日の初日から客席も結構埋まっていたように見えたし、キスクラの選手たちもリラックスムードで和気藹々と楽しんでいたように見えたし、手探り開催だと思ってたけど、だんだん盛り上がってきてよかったですよねー。

そう、キスクラの選手たちの応援グッズが国旗以外にもだんだん増えていったり、動きに打ち合わせのあとが見られるようになったりして、面白かったです。
なんだあの、アメリカ横断ウルトラクイズみたいなデカイ帽子は?
ポンポンをかぶってサングラスしているのはレイチェル・フラットだよねぇ…? 誰かわかんなくなってるし。
★★のカチューシャつけてるタニス、意外にはっちゃける人だったんだな。
なんだあの、デカいメガネは?
ひょっとこだの節分の鬼だののお面は、果たして捨てられるのか、日本土産として持ち帰られるのか?
日本勢も今日はハチマキを仕込んできましたねー。
「オツカレー」って美姫、真央を出迎えるクリス、日本語がうまくなったのを実感させてくれたな。

開幕前は悪い点ばかり心配だったのだけど、始まってみれば、いい点が見られてよかったです。
選手たち、世界選手権に出た選手は約2週間、世界ジュニアが最後だった選手は1ヶ月ちょっと後の大会、しかも長距離移動を伴うということで、
休息なり新プロなりトレーニングなり治療なり、その時間が減ったり先延ばしになったりしてるだろうから、その点は負担だと思うのだけど、割り切ってしまえば、賞金も出るし、ISU国際大会だから、出るメリットは大いにあるわけですよね。
キスクラでの様子をテレビに映った範囲で見るかぎり、楽しげに見えたからよかった。

ペアの放送は地上波ではジェシカ&ブライスとフランスのジェイムス&ボヌールも見たかったけど、思ったより放送時間が割かれていてよかったです。
成美ちゃんたち、どんどん上手くなっていってますねー。
ステップなども深いエッジで滑れていて、世界ジュニアの放送も観たけど、二人で醸す雰囲気もとてもいいし。

女子フリー、レイチェルとキャロはまた会場を沸かせたんですねー。
美姫ちゃん4S転倒時、痛そうな転び方だったので、また右肩を悪くしてないか心配ですね。
6分中に痛めてしまい、本番でまた右肩を痛めたというかたちでしょうかね?
その後のキスクラでもインタビューでも、上からジャージを着ていたけど、肩を冷やしていたようだったし、深刻な状態になっていなければいいのですが。

真央ちゃんはFSもいい出来でしたねー。
3Aコンボは惜しかったし、私は3Lzを入れてもらいたかったけど、結果的にはあれでよかったのかな。
FS終わってああいう「やりきったー!」っていう感じの笑顔を見せたのは、年明けてからは初めてじゃないかと思う。
放送でも言われていたと思うけど、これで、いいイメージをもってシーズンオフに入れますね。

明日は私も会場へ足を運ぶ予定です。
平日はともかく休みの日だけでも行けたらなーと思いながら、バタバタしてるうちに完売…ということであきらめていたのだけど、3日くらい前?にチケットサイトを見たら、一般発売が復活してたので無事買えました。
EXはまた違う雰囲気でしょうね。どういう雰囲気でしょうかね~。楽しみです。

--------
ISUのルール改正について、「来季は回転不足判定の場合の減点がジャッジの判断にまかされ、必ずしも減点しなくてもよいことになる」との報道がありますが…。
女子の3+3持ちの選手には朗報かもしれないですね。
今回、美姫、レイチェル、キャロたちがセカンドトリプルを回転不足ととられてましたもんね。
もちろん、真央の3Aも、スピード、高さ、ランディングなど一連の流れが良いと判断されれば、回転不足でも減点はされないということになりますよね。
平松さん曰く「二重減点をなくすためのルール改正」という解説ですが、そういう趣旨なら、来季の各選手のプログラム構成にかなり影響しますよね。
この改正をジャッジがきちんと理解して適用するようになれば、今季とはまた違う勢力図が生まれるかもしれないですね。

世界対抗 始まりましたね

昨日 感想書こうと思ったら、パソコン不調。
ケータイメールだと忙しくてなかなか長文は書けないので、さらっと感想。

世界選手権終わったばかりだし、主力選手は集まらないのではないかと思っていたけど、蓋を開けたらまさかの充実ぶり!

ダンスだけでも見に行きたかったけど、この時期の平日に休暇をとるのはまずやめておいたほうが自分のためなので、コンペはテレビ観戦予定です。
地上波放送、ダンスも意外にやってくれたなと思いました。
リード姉弟をダイジェスト、くらいだろうと思ってたから。

シングルは、放送が見れた限りでは、小塚くんやパトちゃんはシーズン疲れが出たのかなぁ?
でも他の選手はさすが、まとまりある演技を見せてくれたと思いました。
織田くん、フェンスにぶつからずきちんと本来の出来で滑れてよかった。
やっぱりホッケーサイズのリンクは良くないですよね。選手の演技まで小さくなる気がしますし。


女子は美姫ちゃんはレベル1判定は惜しかったけど、十分な内容だったと思うなぁ。
アレーナ、レイチェル、キャロもいい出来で見応えありました。

いちばん心配だったのは真央ちゃんなのですが(特に精神的に…)、
SPから3Aを入れる構成、大正解じゃないですか。
今までの構成より基礎点は下がるそうだけど、自信をもって出来れば、成功してGOEプラスがついて、結果的に高得点が出るわけですね。

思えば、シーズン初戦のエリックボンパールから、必死の形相でプログラムをこなし続けてきたのですよね。
現地で見て『これにジャンプが入れば一体どんなすごいことに』と思った、美しいSP。ゴージャスなFS。

今季これほど真央ちゃんが苦しむシーズンになるとは思わなかったけど、
あまりに難しすぎる詰め込みプログラムをこなしてきたことで、SPにも3Aを入れる自信や力がついたということですよね。

SPのキスクラで笑顔を見ることが出来てよかったです。
先を見据えてはいるのだろうけど、それにしても、すっきりしないままあのSPを滑り納めにならなくてよかったな。

フリーも悔いなく滑れるといいですね。
そして、新たな怪我のないようにシーズン終えてほしい。
これは他のどの選手にも思うことです。