FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

新聞(その3)

長すぎて書ききれないので、その3(笑)。


4)トリノ五輪まで2年
 フィギュアについては、女子はソルトレイク後ベテランから若手まで一気に層が厚くなった、という内容で現状紹介されてました。スピードはベテランの清水宏保ほか、女子でも新しい戦力が育ってきているという内容。
 一方でジャンプやノルディック複合、フリースタイルで世代交代がすすむ過渡期で、結果を出すには時間がかかる状態とか?? ジャンプ競技もテレビ放送見ると、たしかに長野五輪から主力選手変わってないような…。
 でもあと2年あるし!

 それより、競技会場工事が進んでないとかで、そちらのほうが問題。大会組織委員会では「一つ一つ問題をクリアしているので心配ない。イタリアの友好的な色合いを出して準備を進めて行きたい」と言ってるそうですが。どんな色合いなのか??(笑)
 今年のアテネも工事が遅れてて、同じような談話が出ていたような。ゆったりしたお国柄といえばいいのか、電車が時間通りに来るのが当たり前だと思ってる日本にいる私としては、トリノよりアテネのほうが心配ですワ(^^;;;;;

新聞(その2)

3)消えていく日本のスケート場
 大阪府箕面市の箕面温泉高原スケート場が今シーズン限り、鹿児島市に唯一ある民間スケートリンクも来シーズンで閉鎖するとのこと。
 箕面のリンクでは5年前から岡本治子さんがスケート教室を開いていたそうですが、3月7日でリンクが営業を終えてしまうので教室も終了、今後も続けたい生徒はよそで習うしかないため、バラバラになるだろうことを残念がっていらしたそう。生徒たちの発表会の写真もありました。
 箕面のリンクはここ数年の入場者数がピーク時12万人の3分の1になり、屋外リンクなので維持しきれなくなったのが理由。
 一方で国内最古の屋内リンク、横浜市の神奈川スケートリンクは地元の小中学校に体育の授業などで利用してもらうなど、地域に密着していて、年間10万人の利用があるそうで、自治体の補助金は無しで、入場料収入だけで運営できてるとのこと。

 リンクが減ることは、フィギュアだけでなくホッケーなど他の競技も困るでしょうし、パラリンピックの選手たちもアイススレッジスケートなどで氷が傷つくのでなかなか練習させてもらえるところがないという話を長野五輪の時に記事で見たので、なんとかこれ以上の減少はしてほしくないです。神奈川スケートリンクのような「地域密着型」というのが、鍵になりそうですね。

その3へ続く!

新聞(その1)

いつも読んでる新聞で気になる記事が。

1)紺野まひるさんインタビュー
 『てるてる家族』“春子ねえちゃん”でおなじみですね。
 4歳でバレエを始めた時は身体が硬く、小学校高学年から風呂上りのストレッチを欠かさず、今も習慣としているそう。スケート撮影終盤の昨年11月には半回転ジャンプも跳んだとか(!)。

 TVのスケートシーンはほぼ吹き替えだったけど、最後のほうではスパイラル姿勢(バレエではアラベスクでしたっけ?)で滑るところが入ってたし、立ち姿はさすがに美しかったですね~。
 見た目ちょっと浅田 舞ちゃんに似てたような。舞ちゃんが大人になったらこんな感じ?と思いながら見てました。
 オリンピックはご褒美としてのびのび楽しんだという筋書きなので、一番の盛り上がりはやはり全日本でしたね。「3位に入ったらオリンピックやで!」照子さんのセリフも、斜に構えて聞いてしまう私は夢のない人間なんでしょーか(爆)。


2)安藤美姫インタビュー
 4回転を跳べるようになるまでの過程、自分の魅力は見ている人に見つけてもらいたい、目標は「楽しく滑ること」で、勝ちたいという意識はあまりないそう。「自分自身が楽しくできれば、それによって結果も出るかな。」とのこと。2年後のトリノ五輪は目標だけど、今はそのことは全然考えてなくて、一つ一つの試合を大切に心がけていこうと決めたそう。
 一方で、試合以外で注目を浴びるのは「恥ずかしいというより、うっとうしい」そうで、特別扱いしないでほしいとも。

 そうですよね~。注目されてるとはいえ、リンクの外では普通の高校生。学校やお友達、スケート以外の世界も大切だものね。スケート好きで見に行く側のこちらとしても、リンクの上で活躍する選手を見たいだけなので、私生活はそっとしといてあげたいです。
 ともあれ、自分の理想をこれから作り上げていかなければならない。まだ見つからないという美姫ちゃん。今後どのように成長していくのか、見守っていきたいです!

長くなってきたので、その2へ続く!