FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

たまにはカメラ話など

最近は年度末ということでご多分にもれず私も忙しく過ごしてますが、
そんな時のストレス解消法=買い物。

それが目的ではないけれど、昨日、以前から欲しかった等倍マクロレンズを買いました。
いわゆる純正ではなくレンズメーカーのものですが、軽くて、
“アタリ”ならば描写が優れていると定評のあるレンズです。

まだ試し撮りをする余裕がないのだけれど、
同じメーカーの標準ズーム(全域F2.8)も持っていて、
気に入って使っているので、新しいレンズも合うといいなぁ。
視力があまり良くないので、カメラに詳しい人がよく言う“ダメ”な部分というのが
私にはよくわからないのであまり細かいことは気にしませんけどね(笑)。

標準ズームのほうの作例は、レクページの彼岸花がそうです。
彼岸花1枚だけはコンデジのも混じってますが、
リバーサルフィルムで撮ったものとは明らかに違いますよね(^^;;;

花の季節を迎えたところですからね。
新しいレンズを持って、気分転換がてら、
スナップ撮影にいそしめたらいいなぁと思います♪
(時節柄、80%は願望で終わると思いますが)

一日に日記ふたつめ。

はー。
なんか消化不良。
胃が気持ち悪いけどおなかはすくから無理矢理食べたらやっぱり消化できずに肝臓が悲鳴上げてるって感じかな。

世界フィギュア、日が明けてもやっぱり結果を受け容れるのは難しいです。
優勝者には「おめでとう」と言わなきゃいけないし、言いたいけれど。
女子以外は得点だけしか見てないので、動いているところを見たら気持ちが変わるかもしれないけれども。

“たられば”を言っても何にもならないのを承知で書きます。
そのつもりで読んでください。

ランビ、Profileにも書いてるとおり好きな選手だけども、
今の時点で優勝って、正直、まだ少し早い気がする。
プルシェンコが不調を押してでも出ていたら優勝は彼のものだった気がしてならない。
ジェフ・バトルも好きな選手ではあるけれど、なんだか“残り物には福”的気分。
予選もSPもFSも無難に滑ったのだろうと思ってしまって。男子の試合を見る醍醐味は少なそう。
ライサチェクに至っては…両方足してもまだ消化不良な感覚が胃に残る(爆)。
悪い選手じゃないと思っているけれど、他の選手の不調のために3位以下のダンゴ状態の中「気が付けば表彰台」という気がしてならない。
彼の表彰台はランビ以上にまだまだ早いと思う。

サンデュー(泣)。フリー3位じゃないか。ジャッジスコア見ても神がかってたとしか思えない。
SPのアクセルすっぽ抜けが痛すぎた…お願いだからもうポカをしないでください(泣)。

ジョニーについても、バトルに思うことと気持ちは近いかな。
4回転練習してるらしいので、来季は入れてくるのかな?
ふたりとも好きなスケーターではあるけれど、だからこそ消化不良も大きいんです。

大輔くん。
大輔くんについては「SPかっこよかったね」「FS残念だったね」「お疲れ様」としか言えないな。
スポーツだから、技が決まらなければあっという間に滑り落ちてしまうのわかるけれど、
MOIやSOIで「この出来を是非試合本番で!」と願うくらい、ジャンプが決まると彼のスケーティングが生きてくる。
だから、決めるべきものを決めてほしい。
枠や順位じゃなくて、生きたスケートを見せてほしいんです。

Chengjiang、何が悪かったのか私の頭ではちょっとわからないんだけど…
気持ちとしてはそろそろ表彰台に乗ってほしかったかな。


続きはまた明日にでも。



今季、靴に問題を抱える選手が続出していた気がします。
静香ちゃん、大輔くん、本田くん。ほかにもいましたよね。
新採点に対応するべく隙のないプログラムを滑るからでしょうか?
選手の身体だけでなく靴にも負担が増えているのではないかと思いました。

“靴が突然壊れる”なんて、以前にもあったことなのでしょうか?

もちろん、靴の素材も今とまったく同じではないでしょうから
単純に比較はできないけれど。



そうそう、消化不良といえば、GAORAのプロフィギュア。
今季のSOIを観ましたが、うーん!!!
「ヤグ、すげー」とは思ったけど、
何かこう「SOIを観た」という満足感は得られなかったなぁ。

あと、肝心なことを。
【ゲストスケーターはやっぱり無視ですか】
あのテープ撮りが行われた公演にはカートも出ていたのに、
トッドのショートコーナー(ってかトッドのソロで放送されたのこれだけ??)に
ちょろっと映ったくらいで、あとはClosingのところだけだったんでは?

本来のショー内容の半分くらいの規模になってると思うので、これだけで判断することはできないし、生で観たら印象変わるのは今まで経験してきてるけどね(^^;;
SOIらしいところは放送されてたけれど、やはり1時間では厳しいですね。

放送話。

以下、これを「スケート話」に割り振っていいものかどうかと思いつつ。

フジ、男子もダンスもペアも放送内容には期待してなかったので最初からチェックせず、夜中の女子SPのみ観ました。
なんだかんだいっても、PCで結果だけチェックするよりは動く絵もあったほうがいいものね。

しーちゃん、章枝ちゃん、美姫ちゃん、クワン、スルツカヤ、サーシャ、ソコロワまで放送されたのは思ったより人数多かったのでそれはよかったです。
って、もともと想定人数を少なく見積もってただけですが(爆)。
期待しないほうが腹も立たないから(←仕事で学んだ知恵)。
カロリーナが放送されなかったのは残念。SP観たかったな。
Jスポ待ちですね~。

それにしてもやっぱり解説&実況は音消したいほどにヒドイものでした。
なんなんだ???
美姫ちゃんの新しい衣装を表現するのに「右肩に黒い薔薇、ライトショルダー・ブラックローズ」って。
…あほちゃうか!?(爆)

この人(名前覚える気ゼロ)、本当に語彙もセンスもないんだって、よくわかった。
ジャンプの回転数や種類を間違えるなんていう次元の話ではないのだ。
アナウンサーとしての“しゃべる仕事”は報道からバラエティまで多々あるだろうけど、きっとそのどこにおいても“使えない人間”だと思う。
会社だと、使えないのに年功序列で管理職にいて、図体でかくてでしゃばるけど役に立たなくて困るというタイプ(爆)。いるでしょ、どこの職場にもこんな人。
所詮は後輩の内田ごときに名前を間違えて呼びかけられるような存在なのだ。

23日からはJスポで世界ジュニアの放送が始まるので、フジではろくな放送がされなかった分、楽しみです。



CS放送でAndrea Bocelli Tribute on Iceを視聴。最後の放送でようやく録画できたものです。
トッドの滑りにうっとり。
ボイタノのイーグルにも惚れ惚れ。
ロカ&スールの『The Prayer』は好きなプロなのでまた観られてうれしかった。
これを観てしまうと、ShaeLynn Bourneが一人で出ているのが寂しくももったいなく思えました。
もちろん、いいパフォーマンスをしてくれたのには違いないけれどね。
カメラワークもさすがショーはよく計算されていてよかった。

世界女子FS、カーターのタンゴは四大陸以上に素晴らしかったのでよかったけれど、
力で強引に漕いで行くような滑りが、Andrea Bocelli~に出ていたシルビア・フォンタナを思い出させました。フォンタナもこういうの滑りそうだし(笑)。



午前中、福岡・佐賀方面で震度6強の地震発生。
今は被害状況が明らかになりつつある段階ですが、お見舞い申し上げます。
もうずっと連絡とってないけど、震度6の地域に知り合いが住んでいるので心配です。
あと少し遅い時間だったら昼食の準備で火を使うご家庭も多かったと思うので、その点はよかったと思いました。
阪神大震災と違って中越地震では火事は起こらず死者も少なかったけど被害は大きかったから、余震の心配もあるしまだ油断ならないですね。

今日の雑感。

世界フィギュア女子について。
BBSに携帯から書き散らした内容とかぶりますけど、改めて書き散らし。

美姫ちゃん、ちょっとウェイトオーバーだったように見えました。
全日本からわずかの間にまた身体が大きくなったような。
それにしてはジャンプ跳べているのだけど、FSで身体がふらついていたのは
自分の身体が制御できてなかったからかなと思ったので。

Judges Scoresをみると、最初のコンボは第2ジャンプを2Loにとられてしまったのね。

静香ちゃん、表情をみると笑顔も出ていたのだけど、
動きはなんとも精彩を欠いてましたね。
もともとスケーティングはきれいでも動きにスピードやキレはあまり感じなかったのだけど(ゴメン)、
昨季はそれが嘘のように消え、シャープだったものね。
でもTESがヤン・リウより下ってちょっと低すぎる気がするな~。

章枝ちゃん、滑り出す直前に少し笑顔が見えたのがいい兆しでしたね。
SPで失敗した最初の3Lz2tを決めてくれた時は、テレビの前で立ち上がってしまいました(笑)。

美姫ちゃんも章枝ちゃんもSPの構成をずいぶん変えてきてましたね。
章枝ちゃんのステップはサーペンタインではなく前のストレートのほうがよかったように思います。
美姫ちゃんは新しいほうがいいかな。にしても「ジプシーソウル」なら
髪型は以前のほうがよかったな。新しい衣装には似合わなかったかもしれないけど。

MAXWELLがFSに進めなかったのは残念でした。
来季がんばってほしいです!

それにしても最終Gは荒れましたねー…。

展開を観てないのだけど男子、男子も相当荒れたようですね。
ランビエル優勝は「おめでとう」と言うべきだけど
正直、「まさか」と思ったし、
並ぶ名前を上から順にながめていたら「え、え、えええ??」って感じでしたし。

それにしても、やっぱり「人間が採点する競技」だから、新システムになっても
大会によって点が出やすかったり出にくかったりあると思うし、
そういうところは旧採点方式となんら変わってない気がします。
もう、これは仕方がないこととも思うけど。人間業なので。

うーん、思うことはいろいろいろいろあるけども、
ちょっと頭が飽和状態!
来月のJスポーツ放送が待ちきれないです。

外部サーバの画像を外しました。

昨日に引き続きサイト整理の一環なのですが、
外部サーバに置いてある画像を一旦外しました。
そのため、一部のページで画像がリンク切れになってしまいますが、
管理人多忙につき一度に作業できず、かといってサーバに負担がかかりすぎてるのも放っておけず。
苦肉の策、です。
いつごろリンク再開(復旧?)できるかは明言できません。
御了承の上、残りのコンテンツをお楽しみいただければ幸いです。

2003中部Bの画像を外しました。追記あり

サーバの容量をにらみつつなのですが、
2003年中部ブロック大会の画像を外させていただきました。

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、
一部、外部サーバに置いてあるスケート画像を移転中です。
これを機に整理しようと思っています。
作業の都合でまずはファイル数の少ない中部Bからとなりました。
簡単な感想を書いたテキストはそのままです。以上。


12日だけど、クリスティのショーを、四大陸女子をスキップして放送時間に視聴(笑)。

昨季CSOIで3回も観たカートの「Time in a Bottle」、
テレビサイズで観るのは初めてかもしれない。
やっぱり何度観てもいいプロだ。
カナダから帰った後でジム・クローチ(すごい老け顔)のCDも買ったけど、
とにかく耳に残る。
そして今回も。
クリスティが滑った以前のプロ「Bridge Over Troubled Water」で
アート・ガーファンクルが生で歌っていたけど、
1973年に飛行機事故で他界しているジム・クローチの場合それはありえないから、
彼岸の人の歌声なのでよけいに残るのかもしれない。

ポール・ワイリーがこれも昔のプロ「JFK」を披露。
『Kristi Yamaguchi's Salute to American Music』なんだもの、
やはりこれは滑っとかないと(笑)。
昔のSOIのビデオ(売ってるやつね)に入っているくらいだから、
もちろんこれはプロ活動を再開する前の作品。
だけど、もしかして衣装は当時のものをそのまま着てる?
すごくシリアスな作品で、これは“楽しんで観る”という感じではなかったな。
こちらも心して観ないと、という感じ。
滑り終わったワイリーが汗だくなのも、昔のビデオのまんまでした(笑)。

ロカ&スールは以前これもクリスティのショー(クリスティの財団のチャリティでした)で
披露したものでした。
このときと衣装も違うけどなぜわかったかというと、最後のポーズ。
お互いの唇に手をあてて、その後向き合ったまま分かれて、その手は自分の口元へもってくるのね。
何年も前に放送された時にはカメラワーク最悪で、ロングかアップでも背中ばかりだったので、
最後のポーズまできてようやく同じものとわかったのでした(笑)。

GAORAの今回のセレクトも楽しみなんだけど、
Jスポーツの放送をかぶることが多いのが難点で。
放送時間はともかく、精神的に追いつかないです(笑)。

以上は実際には日付変わって早々の夜中に書き。
以下、14日終わって帰宅後に追記。

世界選手権、本田くんが予選で棄権となってしまいました。
帰宅早々にTOP画像のみ差し替えてBBSにも書いたけど…
なんだか言葉が見つからないです。
昨季~今季前半の不調を乗り越えて、徐々に調子を上げていき。
なのに。

五輪の国別枠確保よりも、
「最後まで滑れることのほうが重要」と、
シーズン序盤の近畿Bで天井板が落下してきて女子フリー中止になったり、
スケアメでトトマリがリフト失敗したり、
全日本ノービスが台風で一部中止になったりしてきたけども、
まさかシーズン最後で再び思うとは思わなかったです。

四大陸ビデオチェック中。

ちまちまとですが。

ペアが8組しか出場してなかった分(雪組がきてたら9組だったけど)
放送時間に余裕ができたのか残り時間でCD6組放送。
それを放送時間に観たので、ペアそのものは後でビデオチェックするとして、先にダンス観てました。

CD、全日本でも見たゴールデンワルツだけども、
奈加子さん、衣装が全日本ではアニシナの「月光」のお下がり(白)を着ていたけど
同じ白でも違うものを着てましたね。ワルツの雰囲気はさすがに得意か。
のぞみさんたちのほうが全日本同様上手かったけども、のぞみさんスカート丈長すぎて重たい印象。
世界選手権はミッドナイトブルースだけど、果たしてニュースなどで一瞬でも映るかどうか?

OD、FD。

メキシコ組が面白かったなぁ。
今はリフトばかりだけれど、この先楽しみ。
世界選手権では放送枠に入れないだろうけど、現地ではいい滑りしてほしいな。

カナダのセンフトたち、昨季SBC杯で見た時は滑りのきれいさが印象に残ったけど、
今季のFDは垢抜ける前のロバ/アベまたは、パッションを抜いたドロ/ヴァナと化していてちょっとビックリ(^^;;;

マノン/オメーラ、この後解散したそうで、なかなかいい雰囲気もってただけに残念。

それにしてもマノン、とても22歳とは思えない老け姿で…。
同じUSAのグレゴリーもそうだけど、後れ毛が生活臭を出してしまうタイプかと。
滑っているうちにだんだん髪が乱れてくるのが気にならないタイプの選手もいるけど、
彼女たちのはなぜか非常にだらしなく見える。
マノンは髪も顔も身体も全体に緩んでて、滑り以外は受け付けないなぁ(爆)。
そういえばナオミ・ラングもソルトレイク五輪EXで背中映った時、肉が衣装にのっかってて萎えたものだった(爆)。
アメリカの伝統か?
マノン、組み替えして出てくるなら、あと5キロは身体しぼって、リフレッシュしてきてほしい。

中国カップルは3組とも女性のほうが上手かな(^^;;
男性陣、どうしてああも頼りないのか。ツイズルつまづいたり、リフトのターンがよろよろしてたり。
GAOの茶髪は田舎ホスト風なので、もっときれいに染め直したほうがいいと思う。
こう書くと田舎のホストに失礼か(爆)。

それにしても「My sweet and tender beast」使う選手が多いこと!
好きな曲だけど、今季流行ってでもいるのかってくらい、「またか」と思うくらいに(笑)。

残りを観る前に世界選手権に突入してしまうな、確実に(^^;;;

ラッキーでもなんでもいいですから。

スポーツナビから、「本田くん靴壊れたけど市販のが合ってラッキー♪」という記事。

エッジの位置も調整しなくてOKとか。いいねぇ。
一方、公式サイトもできて上調子にいきたい静香ちゃんは未だ靴がしっくりこないと同記事内にあり。

TOPは高橋大輔くんにしました。
四大陸で黄色い声援記念(笑)。男子の予選が14日初日なんですよね。

14日…月曜か。やばい。
その日に間に合わせたい探し物があるんだけど、未だ見つからず。
親孝行として確定申告書類も明日中には作らないといけないし。
というか、なぜギリギリに持ってくるのだ、父よ。
上司もそうだけど、年配の管理職の人間は何事もギリギリにしか動けないものなのか?(爆)
もちろん自分の分は源泉徴収されてるのですべて終わってます。
…申告するくらいの副収入が欲しいものだ。

桜の開花予想が昨年よりだいぶ遅れるみたいで。
うーん、できれば昨年並みくらい早いほうがありがたかったんだけどなぁ。

桜といえば、 自由学園明日館で今年も桜見学会が行われますね。
私のレクページに昼間の携帯写真を載せてますが、夜もいい雰囲気なんですよ♪
昨年、夜桜を観に行ったのですが、喫茶室でチェリービール(激マズだったけど)を飲み、ライトアップされた桜と建物を愛で。昨年3月末に行ったときは満開でした。
このときは一眼持っていってたのだけど、UPに耐えうる出来ではなかったので、今年リベンジしてみようかなぁ。
池袋駅から歩いて10分くらい。
お近くの方は是非訪ねてみてください。

とりあえず私は先に腰を直さないと。夜風はキツイわ(爆)。


追記。
Profileをちょっとこっそりひっそり修正しました。
「フィギュアファン70の質問」にちょこちょこと。
もっとマメに変更加えればいいんだけどね~(笑)。つい後回しにしてしまい。
それを補足した分についてはそのままにしてありますが、
もちろんこちらも修正しないと現況とは合わないので、ちょーっとずつですが
直していくつもりです。

以上、腰が痛いので、寝転がりながら作業しました(爆)。

このまま初夏を迎えてしまうかも…

いろいろやりたいことはあるのだけど、
最近レンタルサーバのアクセスが妙に偏ってるらしく、
負荷がかかりすぎないよう、あちこちいじくってます。
容量の都合もあるので、古いものなど画像外すことも考えてます。
リンク切れのないようチェックはしているつもりですが、
自分ではなかなか気が付かないことも多いもの。
お気づきの点がございましたら、メールででもお知らせいただければ幸いです。

+++++

気が付けば、もうすぐ世界選手権ぢゃーないですかっ!
…というわけで、TOP画像を記念更新しました。
すでに全日本でUPしているものですけどね。

++++

腰が痛いのは、だいぶましになってきました。
お見舞いいただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして、ご心配おかけしてすみませんでした。

折悪しく、例年忙しい時期にさしかかってきてるので、
スケート放送などチェックはしてるのだけども、
WEBなどまめにチェックはできないかもしれません。
もともとまめではないけど、よりいっそう間遠になりそうです。
なんとかTOP画像だけでも入れ替えて、生きてることはお伝えしておきたいと思います(笑)。

腰は女の命です。

アホなことに職場の階段から落ちそうになって
ふんばって落ちずにすんだけどサンダルを放り投げて
“晴れ”の向きで着地させたのは何日前のことでしたっけ。

おつかいに行こうと思って、エレベーターで降りようかと思ったけど
「やっぱ階段で行こう」と思ったのが運の尽きだったのか。

今月は今週も含めて毎週のように会議があって、職場の移転のこともあるし
年度末だし決算期だしというので、いろいろ段取りを考えながら降りてたんですよ。
次の瞬間。

腰を打っただけだと思ってたし、その後すぐ立ち上がっておつかい行って
その日は普通に仕事してたのだけど、晩からあやしくなってきて
腰の痛みと、ふんばったせいか太ももほかあちこち筋肉痛まで出てきてしまって。
打った瞬間に考えてたこともどこかへ飛んでいってしまったまま、
戻ってきてくれません(泣)。

もともとよく脚を怪我するので、骨折だけはしたことないのが不思議なくらいで
大人の女の脚とは思えないくらい傷だらけなのだけど、
こんなのでまさか労災ってわけにもいかないし(爆)。
座り仕事が多いのだけど、座りっぱなしというわけではないのでまだよかったかな。
あと、そのマヌケな瞬間を誰にも見られてなかったのもよかった(笑)。
とりあえず普通に歩いて生活はできてますので、たいしたことはないはずですので!

でも、更新作業はしばらくできないと思います。とほほ。

皆様も是非階段にはご注意を!
…って、「言われなくても」ですかね(^^;;;

ユーロペアとカタリナヴィット&フレンズ

録画しておいたものを寝る前に少しずつ観てます。

ユーロ・ペア。

トトマリ復活に安堵。
ペトティホの不調は気がかりながらペトロワの今季の髪型は結構いい感じ。
オベルタスたちはタマラコーチの下、ベレズナヤたちにますます似てきた気がします。
ともあれ上位3組のスピードとエッジの深さがレベル段違いでしたね(^^;

でも4位になったサフチェンコ組(ドイツ)も素敵でした!
FS『カサブランカ』、ステップシークエンスのところが特に好き♪
出来はロシア杯のほうがよかったけれど、ワールドでは是非もっといい出来に期待します!
『カサブランカ』というとカートのアマチュア代表作品だけど、
実はサフチェンコたちのほうが映画にはより忠実な気がします(^^;;
(カートのは『カサブランカ』と『道』のMIX)

5位になったサフチェンコの前パートナーのモロゾフ組も、淡々とした滑りが『月光』と合っててこちらもよかったです!
淡々とした雰囲気は特に女性のほうが出してるかな。
見た感じちょっとレティシア・ユベールを思い出させます(^^;
いかにもペア、という感じで見応えありました。

7位フランスペア、解説の杉田さんから「肩に力が入っている」はまだいいとして
「首が短い」とか「外国人にしてはスタイルが…」とか散々な言われようで(爆)。
ごめん、後者はうろおぼえなので違うかも。
う~ん、でもたしかにおっしゃるとおりで、女性は身体だけでなく動きも固くて
エッジが浅くてほとんどフラットで、
なんとなーく、レスリングの伊調(姉)を思い出させる体格で(爆)。
でも首の長さの問題だけではない気がするんだけどなぁ(^^;;
男性はなかなかいい感じな気もするのに。

9位になったベログラゾワ組、昨季旭川NHK杯でも観てますが、
FSは同じ衣装だし同じ曲だったと思うけど(って、覚えてないのかよ!)、
振付は若干変えてきてましたね。
男性は若手お笑い系の顔してるのに女性のほうが幸薄い顔っていうのがアンバランスだけど、
昨季よりは滑ってる表情に余裕があった気がしました。

12位になったブルガリアのペア、FSはプリンス・オブ・エジプトでしたが
(名前までエジプト組と書きたくなるほどに、そのまんまな衣装でしたな)
なかなか振付に凝っていて、このFSは好きですね。



カタリナ・ヴィットのショーは、なんといっても
カティ&レネが出ていることが楽しみでした!

50'sロックンロールと、もうひとつは女性歌手の生歌で滑っていたけど、
二つ目のカティの衣装、衣装というより、もろ「スリップ」でしたな(爆)。
ヴィクトリアズ・シークレットあたりでご購入か?
でも相変わらず美男美女で、有香ちゃんペアもよかったけれど、
背が高くて美男美女で華のあるダンスカップルがいると、見応えが増しますね。

カーチャ・ゴルデーワも二つ滑っていたけど、3年前にSOIで観たときより身体もすっかり引き締まり、よく動いてましたわ。
二つとも今季SOIでゲスト出演する時に滑ってますね。

有香ちゃんの今季SOI出演作「Amazing Grace」は、最近やたらフジでCMしてる映画『ローレライ』でモーツァルトの子守唄を歌っているのと同じ人、ヘイリーの生歌でした。
ACT 2の最初だったのかな? つるつるの氷に有香ちゃんが描いていくトレースが美しかった~。

ジェニファーの黒い衣装のは、Gotta Skateで滑ったものですね。

冒頭の全員出てくるところの衣装は、200203SOIの最後の衣装をそのまま使ったのかな?
1回きりのショーで衣装を全部新しく作るのは難しいだろうし、
イメージが合うものを使いまわしたり、同じパターンの布違い、色違いなどということは
よくみられることだから、別に全然構わないのだけど、
トリビアというか、気がついちゃうと「へぇぇ」と思いますね(^^)

世界ジュニアほか

世界ジュニアは、織田くんが優勝!
女子の真央ちゃんと「アベック優勝」というやつですね。
(アベック…カタカナ語としては死語だよね^^;;;)
EXはやはりあの“パジャマ”かな?

織田くん3Aは加点もらってるのでいいジャンプだったのでしょうね!
南里くんも3A決めてるし、他の選手も3連続ジャンプやらアクセルやら
がんばってたようだし、中身の濃い大会になったようですね。
放送観るのが楽しみです!



長野で行われていたスペシャルオリンピックス(SO)が5日閉幕されましたが、
その数日前、毎日新聞に、長野五輪アイスダンスに出場した田中衆史さんについて記事がありました。
ゲストスケーターとして、各選手のパートナーを務められたそうです。
SOフィギュア競技については毎日のように記事が取り上げられていて、
ペア競技に婚約中のカップルがウェディングか披露宴のようなイメージの
衣装で出場してたとか、女子選手で仕事で観戦に来られないお母さんの手作り衣装で滑ったので心強かったとか。
お母さんの手作り衣装はSOじゃなくても普通にあることですが、
一般の五輪よりも、文字どおり「参加することに意義がある」大会だったようで、
記事内容も温かいものが多かったです。

身体障害者の五輪:パラリンピックは知っていたけれど、知的発達障害者の五輪:スペシャルオリンピックスのことは知りませんでした。
テレビで特集されて初めてフィギュアスケート競技があることも知ったくらい。
正直、無知が過ぎました。
目標があって、そこに向かってがんばる人の姿には胸を打たれますね。
私もがんばらなきゃ(^^;; 分野全然違うけど)

次回夏の大会は2007年上海で、冬季大会は2009年サラエボだそうです。

世界ジュニア関連

昨日ここに書いた内容が反映されないままログにも残ってないのでもう一度。

真央ちゃん、予選、SP、FSとトップ驀進しての優勝、おめでとうございました!
FSでは3Aもニュース映像で観るかぎり回転足りてると思ったし、
まだEXを残しているけれど、今は頭の中、トイプードルのことでいっぱいでしょうね(笑)。

亜紀ちゃんジャンプで転倒あったのでしょうか。減点2が痛かったですね。
明子ちゃんは順位を上げましたね。
ともあれ、3人ともお疲れ様でした!

男子は織田くんSP2位、1位のポンセロと僅差ですね。
南里くんは4位、でもノーミスだったようだし、2人ともFSも
その調子で悔いなく滑ってほしいです!

ダンスはマシューズたちがずっとTOPのまま優勝であまり展開としては波乱なかったのかな(^^;;
ミハイロワたちCD7位、OD6位からFD3位で総合5位とずいぶんがんばったようですね。



ユーロの放送、結局ダンスのみ見逃してしまいました(爆)。
来年の再放送を待つとします…とほほ。またやってしまった。
他も撮るだけ撮って少しずつ観てるところです。

女子、ルクセンブルクのFleur MAXWELL、出身はオーストラリアだそうですが
顔はジェニー・カークとちょっと似てるかな?
すごく身体が柔らかくて、スピンポジションがビールマンのような脚上げを
身体の横で上げていたり、キャメルくらいの高さのスピンでも腕と脚が
蔦のようにからまった不思議なポジションを披露。
FSでは順位を下げてしまったけれど、会場からは大人気で得点が出たときにはブーイングも。
Jスポ小林さんの「会場に愛されました」というコメントもよかった。

是非、由希奈ちゃんと同じ大会でスピン対決を観たいものです!



週末、天気悪かったですねー。
金曜日は通勤する時滑らないように歩くの大変でした。
土日も西日本は天候不良のようですが、
そういえば昨年、北九州PIWを観に行ったのもちょうど3月の第1週末だったのだけど、
みぞれで吹雪いて寒かったなぁ。
震えながら入った地ビールの店、ずいぶん長居したのに天候回復しなかったよなぁ。
1年たってまた同じような天候になるとはね~。
スケート観るつもりでない旅だったらもっと薄着だったはずなので、
向こうで服買わないとガマンできなかったかも。

いろいろ思い出したところで、門司港リベンジ、いつかやりたいです!

祝・Gotta Skate IV放送!

世界Jr.真っ只中ですが
遠くのカナダより目の前の放送に気をとられてます。

というわけで、今夜は昨年10月にカナダで行われた
「Gotta Skate IV」がGAORAで放送されました!

見事な編集技術で、有香ちゃんペアは出ていないことになってましたな(爆)。
ACT 1、2合わせてペア2回、ソロでも1回滑ったというのに!
OPから紹介されてなかったから、放送枠に入ってない気はしたけど案の定。

ボルトンのネッスンドルマを聴いてたら、あの会場に行って、これを聴いたんだなぁと、
改めてこみあげてくるものがありました。
まるで夢か幻だったような気がします。

冒頭の3人スケート、音楽が記憶からすっかり抜け落ちていたので、
もういちど観られてすごくうれしかった~!
今回の放送ではこれがいちばんうれしかったなぁ。

カートの二つ目のソロ衣装、アップで見てもやっぱり悪趣味な柄でした(爆)。
それにしても、Take 2への見事な編集に拍手です(笑)。
会場の拍手が妙に大きいのは、そこがミスしたところだったから。

エルビス、ヴィットはACT 1、オーサー、ジェニファー、シェイリーンはACT 2のです。
ジェイミーたちのを二つとも放送するなら、ACT 1だけにして、
その時間に有香ちゃんたちのを充ててもよかったのにと思うけど、
基本的に放送されるのカナダですもんね(^^;;

今月はこのほかにも多チャンネルでスケート放送があるから、
楽しみだけどチェックするのが大変ですねー。うれしい悲鳴ですね。