FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

祝☆ディスカバリー帰還

祝、としかいいようがないでしょう。
コロンビアの事故の心配が残る中、予定外の滞在延長、着陸地変更を経てきたわけですから。
野口さんみてると、宇宙飛行士に必要な資質がみえてくるような。
ただインテリなだけでなく、物事に動じず、冷静に、しかし
ユーモアを忘れず、人とうまくやっていける人。
調整能力のある人。
狭い空間で次々と仕事をこなしていかなくてはならないんですものね。

こういうニュースでは必ず登場し、嬉々として語る毛利さんの「宇宙オタク」ぶりと、
「いい質問ですね!」などの、英語脳な日本語の語り口がわりと好きです(笑)。

飛行士たちの記者会見が楽しみです♪


@niftyで、JGPシリーズ8大会中5大会の日本選手出場予定が発表されてました。
岡谷でのSBC杯は5大会での上位選手が出ることになる模様。
ふむふむ。
日程が厳しい上、場所も便利とは決して言えないところなので、
2年前に行ってはみたものの「今年はどうかなぁ」と思ってましたが、
こうして出場選手が発表されてみると、また行ってみたい気持ちがわいてきます!


先日6日に続いて、本日9日は「ナガサキ」の日。
毎年NHKの戦争特集はなんとなく見続けてますが、
上記ディスカバリー帰還の速報が流れた時も見てました。

でも、特に夜中のアーカイブス。

昔の人の、美しい日本語で語られる、死の恐怖。
実体験を伝えようと、必死に語られる壮絶な記憶。
彼らはしゃべるプロではないけれど、選ばれる言葉は
饒舌ではないのにどれもが深く、的確に、彼らの体験を表現していく。

残された絵も同様。

けれど、被爆者の一人が口にした言葉
「それでも、においだけは表せない」
「こんなものではない」

これが一番印象に残りましたね。
おそらく想像を超え、何にも例えようもないのだと思われて。


TBS「世界陸上」、夜中に少し見てますが…
戦争特集ではTBSかなりがんばっているのに、スポーツになると
どうしてこうなるのか。

もう別に「選手にキャッチフレーズつけるな」とか言わないよ。
視聴者を煽って番組としての盛り上がりを作るのも必要かもしれないし。
キモい切り口でさえなければ別に勝手にして、という感じ。

だけど毎年不思議なのが、どうしてTBSは自局のアナウンサーを使わないのかな?
夜中だけど、スタジオにいるのは織田ゆうじと中井美穂でしょ。
フリーだけどあえて使うほど、中井美穂はしゃべりが上手いか?
いいコメントを自らするか、他人から引き出しているか?
不思議だー。なんらかの力が蠢いているとしか思えない(爆)。