FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

影響されやすいのかもしれないけど

このあいだから、お盆や日航機事故や原爆や終戦など
20年、60年など切りのいい年=節目ということなのか
たくさん特集があって、
見られるものにはチャンネルを合わせてきたわけですが。

広島の原爆ドームの前・産業奨励館を原寸大に再現したセットが話題となったドラマは、一連の戦争特集の締めくくりとして見ました。

あと、これらとは全然関係ないけど、重たいドラマとしては
『積み木くずし真相』。

戦争が重たい気分となるのは言わずもがなだけど、
後者もそれはそれは重かった…。

なんだかんだいわれつつ、杉田かおるも安達祐実も、演技の上手い役者さんだと改めて認識。

ドラマを見た後は、例えば「坂本九」だったら
「上を向いてあるこう」がエンドレスに脳内をめぐったり
ジェンカでステップする九ちゃん一家の姿が連想できたりするし、
前者でドラマ中には出てきた記憶すらないけどED曲となった
「涙そうそう」はふと脳裏をよぎることもあるのだけど、
なぜか平井堅はさほど回らない。
あんなにこれでもかというほど使われていたというのに。

音楽が頭を巡るのを脳が拒否しているというか。
ドラマの重い気分がそのまま残っていて、
音楽が流れてもなんの救いも感じられないのが理由かもしれない。
どうもうまく説明できないんだけど(不覚!)

ごめんね、平井堅ファンの方。
別に彼がどうというわけではないのよ。

…というわけで、どうにも“どっぷり”した気分を抱えて過ごしているこのごろです。