FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

2006 Campbell's Cup

ざくざく届く携帯メールニュースの他、一般紙でも報じられてますが、
10月15日開催のキャンベル・インターナショナルの出場者が発表されました。
>>東京新聞など

男女シングルは日本 vs USAということで、
日本勢は女子は浅田姉妹に安藤美姫の3人、
男子は高橋大輔、織田信成、中庭健介の昨季全日本表彰台トリオ。

アメリカ勢は先にUSFSAで発表されてましたが、
サーシャ、キミー、エミリー、ジョニー、エヴァン、スコット・スミス。

ペアとダンスはUSA vs CANADAということで、
▼ペア:レナ&ポチ、ナムナム組 vs マルブン、ジェシカ&ブライス
▼ダンス:タニス&ベン、グレペチュ vs マリパト、テッサ&スコット

シングルとペアはSPとFS、ダンスはODとFDで、インターナショナルジャッジングシステムで採点されるとのこと。

昨年10月に日本でJICが開催された時には、ペアはトトマリがEXを披露、ダンスは無しでした。
やっぱり、男女ペアダンス全部揃うと、厚みが違いますね。
興味ある選手がほとんどなので、すごく見応えありそう!


【“2006 Campbell's Cup”の続きを読む】

GPSエントリー変更、浅田姉妹VIP待遇で出発、他

また変更が出てますね。
ISUを参照のこと。
TEB、N杯に出場予定だったロシアのAnastasia GORSHKOVA / Ilia TKACHENKOが取りやめになってしまいました。
代わりのカップルは未定のようですね。近日中にまた名前が挙がるでしょうけど。

ゴルトカ組、このところあまり伸びてきてないようだけども、生でみたことなかったので見たかったな。残念。

ペアは相変わらずパン&トンが唯一の3つ出場状態で変更なしですか。
いやホント、どのペアでもいいから、他の名前が出てないペアに代えてあげて欲しいんだけど。

【“GPSエントリー変更、浅田姉妹VIP待遇で出発、他”の続きを読む】

Stars on Ice in JAPAN…再び?

FSUをネタに扱うのは禁じ手と思っていたのですが、
ものがSOIだとちょっと見過ごすことはできません。

SOIツアーが来年再び日本ツアーをやるかもしれないという話題が出てます。
年明け1月5日から8日の間に、大阪と札幌で3公演やるらしいというんですが。

…トッドは次も契約しているはずなので、是非また来て欲しい!
とにかく、カートが来ることはまずないだろう…。
カナダツアーのメンバーで来ることもまずありえない。
微塵も期待してはいません。

とりあえず、SOIとCOI、その他の単発のアイスショーの何が違うのかが、
これで日本のお茶の間に浸透したらいいかなと思います。

…なんでこんなことを心配しているかというと、
以前、GAORAで北米のアイスショーの放送をしてくれた時、
「スターズ・オン・アイスのツアーの中から選び抜いたアイスショーを放送!」
みたいな、とっても勘違いな紹介の仕方をされていたから。
スケーターはかぶってるけど、ツアーと単発のショー、中身は全然別物ですからね。
単発のショーでもアンサンブルをやる場合もあるけど、
それはSOIツアーどころか、その単発のショーでしか観られない物。

本当にまた日本でツアーをやってくれるなら、是非今度は、今シーズンのツアーをやって欲しいものですね(^^)


引退話はここでも。

日曜の北海道マラソンをもって、
千葉真子さんが競技人生に幕を下ろしましたね。

結果は11位と振るわなかったけれど、
右腕に「ありがとう」の文字を入れ、北海道を最終の地に選んだ千葉ちゃん。
今後どういう進路にいくのか未知数だけれど、何らかの形で“走ること”に関わっていってくれたらと思います。

それから、28日開幕のUSオープンテニス
この大会をもって、浅越しのぶ、アンドレ・アガシが引退します。

アガシ、先だってのウィンブルドンでは、
ナダルとの対戦ではっきり「新旧交代」を感じさせる内容でした。

浅越さんは体力的にはまだ出来そうだけれど、
自分で思ったようなプレイが出来ないそうで…。

それぞれ、自分で引き際を決めて臨む選手達。
その花道が、素晴らしいものになるようにと思っています。


プリンスアイスワールド東京公演の感想を掲載しました

26日昼公演を観てきたPIWの感想の続きを書きました。
こちらからたどって御覧ください。

携帯でブログ観てる方、ゴメンナサイ。携帯仕様じゃないもんで途中までしか開かないです。

JGP:第4戦 Mirecurea Ciuc大会

エントリーが出てますね。
日本からは武田奈也、吉田美理、鳥居拓史、湯浅邦仁の各選手が出場予定。
http://www.isufs.org/events/fsevent00009353.htm

思い切り滑ってきてください!

ところでルーマニアのスケート連盟(協会?)オフィシャルサイト、
JGPの大会マークは前方脚上げスパイラルのミラー状態なのか、
男女いるからペアなんでしょうか。
あまり美しくないよなーと思うのですが。
http://www.frp.ro/


プリンスアイスワールド東京

現地より。
昼の部を観てきました。

真央ちゃん3Lz割とギリギリまでアウトエッジ保ってたかも。

舞ちゃんは新SPかな?
なかなかです。

高橋くんは、キャーキャー言ってる黄色い声援に客席から拍手が。

章枝ちゃんは『イパネマの娘』(スタンゲッツかな?懐かしいけど名前思い出せない)で腰をくねくね、カルメンとはまた違った世界。

プリンスチームの華はやはり八木沼じゅんじゅんではなく大島さんだわ。
ヒロミゴー“アチチ”すら“アツシ”と歌い直されていたしね(笑)。

休憩はさみ、後半。
今回の1日店長は高橋大輔くん。
手拍子で昨季FSのストレートラインステップを披露。

本田くん『レイエンダ』
ダメだーこれ聴くと泣きそうになるんだよ。

移動するので続きはまた夜にでも。


【“プリンスアイスワールド東京”の続きを読む】

COI仙台の交通について

携帯から。

COIのチラシによれば、仙台公演当日、
仙台駅東口から会場まで有料の往復専用バスが出るそうです。
詳しくはキョードー東北サイトで告知されるとのこと。

仙台公演は公共交通機関を利用する方には移動が最も頭を悩ませる問題だったと思うので(特に15日終了後)、
これで観賞予定の方も安心ですね(^^)


ところでこのチラシには重大なマチガイがあるんですが(^^;
ま、当人達が間違いなく来てくれさえすれば万々歳なんですけどね~。

GPSエントリー変更再び

もうこの時期、スケートファンなら可能な範囲で毎日でもチェックしているGPSシリーズエントリー変更。

アイスダンス、NHK杯の「TBA」、誰が入るのか気になってましたが、
ポーランドのAlexandra KAUC / Michal ZYCHが入りました。
昨季ヨロ選で見たけど、雰囲気いいカップルなので楽しみです!

また、スケカナは、リタ&ポヴィラスの代わりに入ったエストニアのカップルに代わり、
チェコのKamila HAJKOVA / David VINCOURが入りました。
昨季ヨロ選で見ましたが、ODはイマイチだったけど、FDはロミジュリで、ステップ少ないけどリフトで上手く雰囲気を出していたカップルでした。
新プロなら観たいかも。

ペアは相変わらずパントン3連戦で変更なし。
トップペアに無理させるより、多くのスケーターに機会を与えてほしいと思うんですけどね<ISU殿


浅田姉妹、今季のコーチをラファエル・アルトゥニアンに。その他シンクロなど

7月28日に第一報、8月16日に第二報をこのブログに書いていますが、浅田姉妹のニュース。

今朝方携帯にきたニュースで、すでにたくさんの媒体で報じられていますが、
浅田姉妹が今季のメインコーチをラファエル・アルトゥニアンに決め、
練習拠点も本格的にアメリカ・ロサンゼルスにするとのこと。
>>中日新聞など

来年5月には中京大にリンクが出来るので、その後は日本に拠点を戻す可能性もありますが、
とにかく今季はアメリカ。

8月16日の報では「メインコーチを決めない方針」ということでした。
ちょっとそれはどうかなと思っていたので、今季だけになる可能性も拭えないとはいえ、
コーチがいない空白期間がなくなったことは良かったと思いました。

奇しくもラファエルに師事していたミシェル・クワンも、一時期コーチを決めず、お父さんが傍らにいたことがありましたが、あまりいい結果は出なかったように思っていました。

やはり、スケートを専門にわかっているプロの意見を常に受けられるかどうかというのは、大きなことだと思います。
浅田姉妹の今季の選択が、いい結果をもたらしてくれることを願います(^^)

【“浅田姉妹、今季のコーチをラファエル・アルトゥニアンに。その他シンクロなど”の続きを読む】

Shae-Lynn Bourne and Friends Passion on Ice

スケートカナダサイトによると、シェイリーン・ボーンが10月15日にChathamでアイスショーを開催するそうです!
SkateCanada.ca


【“Shae-Lynn Bourne and Friends Passion on Ice”の続きを読む】

GPSペアのエントリー変更その他

PDFファイルですが、ISUでGPSペアエントリーに変更が出てますね。

パン&トンがアメリカ、中国のほか、新たにカナダにエントリーされました。
3つ目ということで、ポイントには加算されないわけですが。
GPSのエントリーで(A)の文字、久しぶりに見たような気がします(笑)。

3週連続になるわけですが、他に適当なペアがいたらそちらに変わるかもしれないですよね。
いなかったからこういうことになった、とも言えますが。

また、スケアメ出場予定だったエストニアのレニック達(昨季エリック杯で直に観ましたが…がんばってました^^;)が取りやめに、
中国には新たにカナダのEmilie DEMERS BOUTIN / Pierre-Philippe JONCASと、イギリスのStacey KEMP / David KINGが入りました。

イギリスペアのほうは名前は聞いたことがあるなーと思うのだけど、
ISUバイオによれば、2005世界ジュニア11位ですか。
放送枠に入っていたかどうか???
録画を見返す時間がないのでなんともわかりませーん。


【“GPSペアのエントリー変更その他”の続きを読む】

夏バテ中

今週は会議と出張のオンパレードでなんだか落ち着かないです。
今日も朝イチ会議で午後は出張で、後処理仕事も脳がクラクラ、気が付けばボーっとしてしまってて、かなりヤバイ状態…。
後処理もそこそこに切り上げて帰宅後、気が付いたら玄関上がったところで寝てました(-_-;;
やたら喉がかわいてたので、脱水症状に近かったのかもしれないです。

まぁそれだけじゃあんまりなので、お風呂入ってから、昨日の夜録画しておいた「関大フィギュアスケート」を観ました。
今更かもしれないけど、関東の人間としては放送観られるのはすごく嬉しいです。
感想は「テレビ話」としてこちらに書きました。
いかにも関西地方の放送って感じで面白かったです(笑)。

JGP:第1戦 クーシャベル

日本の選手は出場しませんが、いよいよジュニアのGPS第1戦:Courchevel大会が24日から始まりますね。

結果ページも出来、いよいよ本格シーズンインといった趣です。
http://www.isufs.org/results/jgpfra2006/

【“JGP:第1戦 クーシャベル”の続きを読む】

最近気になってること

▼ケア姉弟はロシアでエフゲニー・プラトフとOD、FD作成中。
オフィシャルサイト
によれば、インターネット環境確保に苦心しているようですが、
今季ODは「タンゴ」、そしてプラトフとくれば、
今までとは違う面をまた見せてもらえそうで楽しみもいや増します!

GPSはアメリカとロシアか…。
ふっ、遠いなぁ(遠い目)。

9月9日にノッティンガムでショーに出演する予定もあるので、
もしかしたらここで新プロが披露されるかもしれません。
UKか…遠いなぁ。

【“最近気になってること”の続きを読む】

2005年秋の瀬戸内旅行記を更新開始してます

レクページに、昨年9月の瀬戸内旅行記を書き始めました。

そっち方面に興味のある方は是非ごらんください!

うーん、しかし、せめて2005年中に書きたかったですねぇ。
旅関係はかなり溜め込んでいるので、簡単に済ませようと思ったらブログに書く場合もありますが、どうするにせよ、メインサイトからリンクさせて、芋づる式に見られるようにはします。

サイト整理するために夏期休暇が欲しいくらいです(>_<)

サマースケート2006 男女SP終了して…

サマースケート2006、シニアとジュニアの男女SP、シニアとジュニアのダンスCD、ODが終わってますね。

【“サマースケート2006 男女SP終了して…”の続きを読む】

JGP:第3戦 メキシコカップ

ようやくエントリーが発表されましたね。
http://www.isufs.org/events/fsevent00009352.htm

日本からは町田 樹、吉田行宏、井上はるか、高山睦美の各選手が出場予定とのこと。

日系ということでは、ポーランドのイワサキくんやUSAのムラカミくんも登場ですね。
動いているところを一度は是非見てみたいものです。

ダンスは日本はまだ海外のJGPシリーズに出場は難しいのでしょうか。
昨季はSBC杯岡谷に澤山&水谷組(水谷くんの地元でもありますね。地元紙をWEBで見た覚えがあります)が出場していたはずですが。

ダンスといえば、ジュニアで気になっていたカップルが次々シニアに上がってきているので、
今季はまた新たにジュニアで気になるカップルが見つかるかどうか、注目してます。

あとメキシコ大会では、カナダのケヴィン・レイノルズがやはり気になります。
ちょっとは身体にお肉がついたであろうか??? 【“JGP:第3戦 メキシコカップ”の続きを読む】

サマースケート2006

情報探してここにたどりついた方ゴメンナサイ、たいした話ではない小ネタにひっかかってるブログです。

9日の「マリポサ・ガラ」の記事で一緒にふれた「サマースケート2006」ですが、
同じカナダはオンタリオ州にて開催中ですね。
すでにスターティングオーダーが出ています。
日本からも関西勢がわんさか出場しますね~。
でもエントリーよりはだいぶ減ってしまっているようですね。

ひとつ気になったところが。

ジュニア女子グループ2の、Granite ClubのMichelle Kwanというのは、
あのミシェルじゃないですよね???
ジュニアだし(^^;
  

結局誰が出ても面白いわけよ

GPSアサイン変更で、クリス・べレンソンがフレデリック・ダンビエ引退で空いたロシア杯の枠へ入ることになりました。
ISUサイトからPDFファイルにて公表中。

昨季はスケアメ、ロシアにアサインされてたわけだから、より出場条件が厳しい今季は当初ひとつもアサインされていなかったのは残念でした。
(昨季のことは私も5月9月にこんなかんじに書いていました)

【“結局誰が出ても面白いわけよ”の続きを読む】

パソコン不調

昨日からパソコンが調子悪くて困ってます。

ディスプレイが急に暗くなり、マウスもタッチパッドも反応が鈍く、イマイチです。

なので携帯から入力してますが、そろそろ手が痛くなってきましたので、
コメントやメールいただいてもまともなレス出来ないと思います。

悪しからずご了承下さい。

シーズンオフ故にいろいろと。

アマチュア選手にはまだオフの期間にあたりますが、スケート界全体では何かといろいろあるもので。

【“シーズンオフ故にいろいろと。”の続きを読む】

心のさけび

ただいま、夜中だか明け方だか微妙な午前5時前。
明け方だな。うん。

仕事で必要なので、地方自治体のサイトを巡回しているところです。

でも職場ではネットつないでると「仕事しないで遊んでる」と誤解されてしまうので、
そもそも私の部署はネットつながってるPCがないので(!)、
さらにいえば、日中は他にやることがあるので、
さらにさらに、割と急いでるので、
残業するか持って帰るかで、後者を選んだワタクシ。

最近は自治体のサイトでも結構カラフルで凝ってて、やはりプロの手が入っているのかなー?
1ページにたくさんの情報を盛り込みつつも見やすい画面づくりで、なかなか興味深い。

一方で「あーこれ広報課か総務課の人たちががんばったんだなー」ってな“手作り感”あふれる画面構成も健在。
アイコンだのボタンだのがきれいに作れなくてもいいじゃないか。
やたらマーキー(IEの機能。文字が横に流れるやつ)を使っててもいいじゃないか。
必要な情報が網羅されていれば。
…その心意気や良し。

それにしても。
地方自治体の合併が流行って、これでもだいぶ整理されたんだろうけど、数が多いよー。
終わらないーーー。
もう疲れたよー。
飽きてきたよー。
おなかすいたよー。
マウスの調子がおかしいよー。
クリックしすぎて手首が痛いよー。

…さて、戻るか。


【“心のさけび”の続きを読む】

SOIとCOI

テレビ局サイト(10日前、よそのBBSにリンク貼りました。うちのサイトからもリンクされてます。改めてはめんどいのでそちらを御覧ください)、チケットサイト(すでに下のほうの記事にリンクしました)などなど比較しても、どこを信じてよいのかわからなくなってきている、COI日本公演。
とりあえず、プルシェンコの出演はなくなりましたね。
代わりにランビがIN(ホントに日本づいてるな~)

GPSアサインからリタ&ポヴィラス消えてる~(泣)

今ISUサイトを見たら、またアサイン変更出てました。

アイスダンス。
GPSアメリカとカナダのアサインから、
リタ&ポヴィラスの名前が消され、
代わりにスケアメにザレツキー兄妹が、
スケカナにはエストニアのカップルが入ってます。

『このまま出場となるや否や???』と半信半疑ではいたけども~(泣)。
やはり残念。

あと男子は引退を表明したフレデリック・ダンビエに代わり、
スケアメにはニコラス・ヤングが。
ロシアはただ名前が消されただけの状態ですね。
誰が入ることになるんでしょうね


10日はマリポサ・ガラですよ

8日の韓国ショー(競技会形式…とは思えないんだけど?)のニュース、
とりあえず掲示板に先に書いたけれども、
当初はあまり深く考えていなかったのだけど、よくよく考えれば、16日COI仙台公演13時開始なのだから、
「前半に滑ってしまってフィナーレには出ずに仙台空港から13時台発の便でソウルに直行」というプランは、
いくらなんでもスケーターが両立するのは無理ですよねー。

私なんか「都合がつけば行く」くらいのスタンスの人間なもんだから、
スケーターのIN・OUTは「ヲヲ、そうか~」という受け止め方になるのだけれど、
そのスケーターを目当てに行く方にとっては大問題ですよね。

あ、でももし「目当てにしていたカートが出ない!」なんてハナシだったらショック休暇をとるかもだけど。
今回は関係ないけどもショック加減の想像は出来ます。

「予定は未定」とはよく言ったもので、
やはり当日になるまで、誰が出る・出ないは確実ではないと、
始まって出てきてくれたら「出る」と確信できると、
ちょっと極端だけど、それくらい緩い気持ちでいたほうが傷つかずに済むのかもしれませんよ。

さて、そんなこんなのさなかですが、
日付だけでいうと明日10日は、マリポサ・チャリティ・ガラが行われます。

エルビス、ジェフ、メイビーくん、スティーブン・カズンズ、
テューバ“トル子”・カラデミル、ジェニファー、メーガン・デュハメル、
ジョアニー、本田くん、ラングロワ達のペアその他と、
面子を見ると非常に楽しそうです。

来週17日からはサマースケートもありますね。

神崎くん織田くん北垣くん、亜紀ちゃん小林亜美ちゃん北村明子ちゃんチェファ・キムちゃんの関西勢がシニアに名前が見られますね。
マリポサにも出るテューバさんも出場します。
ジュニアにも村元さんなど。

夏のカナダかぁ。いいなぁぁぁぁぁぁ。
行ってみたーい!

…と叫んでみる、例年になく暇にならずに燃え尽き気味の管理人でございました…。


夕焼け:ハードスケジュールになりそうな…

今日は久しぶりに関東できれいな夕焼けを見ました。
そこらへんのハナシは「屋根裏部屋」に書きました。

--------
携帯に配信されてきて驚いたニュース。

20時くらいに驚きのあまり掲示板にも書いたハナシですが。

9月15、16日はCOI仙台公演がありますが、
韓国系メディアの中央日報の記事によると、
9月16、17日と韓国で5月に日本で開催されたJOみたいな大会が開催されるようですね。

「現代(ヒョンデ)カード・スーパーマッチ2006」
ソウルで開催とのこと。

出演予定として名前が挙がっているのが、
プルシェンコ、ヤグディン、
スルツカヤ、バイウル、
安藤美姫、キム・ヨンア。

ナフコスにアルベナ&マキシム、
今季スケアメ出場予定のペア(祝★復活)ナオミ・ナリ・ナム達も
招待されているそうです。

プルシェンコにスルツカヤ、仙台からソウル直行したとして間に合うスケジュールなのかな???

とにかく、韓国が2014年の平昌冬季五輪招致に力を入れているのが
よーく伝わってきますね。

なんかもうニュースだけで「おなかいっぱい」って感じです(^^;

今更ながらステファニー

もう寝る体勢に入ってるので携帯から。

またも今更ながらだけど、全米SPもようやく観ました。
未だ世界選手権が見終わらないんだけど。

ステファニー・ローゼンタールのSPは以前クーリックがプロスケーターとしてSOIでも披露した、ロボットダンスと同じ、ハービー・ハンコックの曲だったんですね~。

ジュベールもかすむくらいテカテカ、ギラギラ、ビニール系の衣装もいいけど
やはり大学一芸入試に使ったヒップホップダンスのビデオと同様の氷上ダンスが面白いです!

ちゃんと滑りながら踊れているし、腕も脚も全身使っているのがすごいと思う。
体が柔らかくてスパイラルやスピンのポジションもなかなかだったし。
ジャンプは、ステップからのトリプルは良かったけど、後は…(^^;

今後ずっと同じ系統ではこないでしょうけど、こういう面白いことが出来る選手がいてくれると、観戦しがいが増しますね。
正統派の美しい滑り(例えばトッド・エルドリッジなど)も好きだけど、変わり種も大好きでして。
例えば、SPはいつも面白いクリス・べレンソンとか(笑)。

ステファニー、次の四大陸選手権に是非出てもらいたいです!

初:整体

日頃からたまりまくった疲れをとるべく、今日はかねてからの懸案だった「整体」へ行ってきた。

実はワタクシ、体がなんとなく左へかしいでいる癖がある。
肩が凝る、腰が痛い、頭が痛い。
それら全て、身体にゆがみがあるせいではないかと思っていたのだ。


【“初:整体”の続きを読む】

ステファニー

PC開けるのが手間なので携帯から。

荒川さんのCOI紀行の中に出てきた「ステファニー」、誰なのか気になってたのですが、ようやく時間ができたので、先月だったか再放送された全米選手権の録画を観てみたところ判明。
ステファニー・ローゼンタールのことですね。

まだFSしか観てないけども、SPの様子も少し映りました。
かなりユニークな振付で、これが競技大会であることを忘れそう!

FSも外に放つ勢いがあって、速いテンポの曲(デュシェネ兄妹やナフコスEXと同じ)にも負けないステップシークエンスで、最後に向けて会場を沸かせていました。

すごいな~。
日本でいえば誰かなぁ。
林渚ちゃんや曽根美樹ちゃんや鈴木明子ちゃんあたりかな?
観客にアピールする、放つ勢いがある感じがね。
訴えかけてくるように放つものがあるというと太田由希奈ちゃんなどもそうだけど、系統は全然違いますね。

いつか機会があれば生で観てみたい選手です!

今更ながら2006全米選手権といえば、ペアに転向したナオミ・ナリ・ナム!
シングルで活躍していたならば、トリノの代表をサーシャと争っていたであろう選手。
怪我からの復活はペアだったわけですが、せっかく凝ったポジションのリフトは評価対象にならなかったんですね。残念~。
でも笑顔が氷映えしたし、ステップシークエンスも良かったです。

今季はGPSスケアメにエントリーしてますから、順位によっては放送されるでしょう。
期待してます。

全米SPで腰を痛め滑りきったもののFSは棄権した川口悠子ちゃんの様子もようやく観られましたが、SP途中でやめてもおかしくないほど辛そうだったんですね(泣)。
滑走中に相方のパトリックと話し合い、最後まで滑ることにしたそうですが、立派でした。
パートナーが決まらない間もがんばってきた悠子ちゃんなので、無事に競技生活を続けられるといいのですが。