FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

スケアメ 女子FS放送感想

地上波での女子FS放送を観ました!

結果はすでに分かっているとはいえ、
やはり動いているところを観てみないことにはね。


【“スケアメ 女子FS放送感想”の続きを読む】

スケアメ ダンスFD、ペアFS放送感想

携帯から。

途中からですがダンスFDとペアSPの放送を観ました。

【携帯から書くと長くなるので、以降をPCから“続き”に移しました。携帯から見るぶんには同じですが^^;】


【“スケアメ ダンスFD、ペアFS放送感想”の続きを読む】

全日本選手権座席割りなど

日ス連からPDFファイルで全日本のアナウンスが出てますね。
チラシのオモテとウラってことで(版下原稿そのまま?)。
ウラのしか表示できませんでしたが…。

ジャッジ側狙いなら、SS、S、A、Bということで、RSはいつもながらジャッジ反対側ですね。

一般発売は日ス連にもあるとおり11月6日ですが、
電子ぴあではすでにプレリザーブ始まってます。

フジテレビ系列での放送予定も出ていますね。
どうやら男女シングルだけでなく、ダンスもやってくれそうで、そこは一安心。

スケアメ 女子SP男子FS放送の感想

既に女子の最終結果が出ていますが(^^;
FSの結果が出る前にSPの放送で動いているとこ観たので、はしょりつつ、SPの感想です。
男女シングルは地上波の放送で観ました。

スタジオの松岡がどんなにテンション上げようが、適当にあしらい自分のスタンスを崩さない静香ちゃんが素敵(笑)。
この後も是非そうして松岡を懐柔していっていただきたい。


【“スケアメ 女子SP男子FS放送の感想”の続きを読む】

スケアメ ペアSP、アイスダンスOD放送の感想

昨日は頼まれ録画があったり色々あってすぐ見られなかったスケアメ放送、漸く今朝方、ペアSP、ダンスODを観ました。
ダンスはその後の最終結果のほうが先に出ましたけど(^^;
まぁ、簡単に感想を。

ペアSP、解説がアルベールビルでレナちゃんとペアで出場した小山さん!
ダンスの宮本くんといい、色んなことを思わせられる人選ですね(^^;


【“スケアメ ペアSP、アイスダンスOD放送の感想”の続きを読む】

スケアメ アイスダンス、女子の結果!

アイスダンスの結果が出ましたね。

1位デンスタ、2位グレペチュ、3位はペシャブル…となりました。

が、4位モーガン達、5位ケアーズ、6位ナバロ達、
7位渡辺&木戸さん
…という結果。

【追記】女子も結果が出ました!
1 Miki ANDO JPN 192.59 2 1
2 Kimmie MEISSNER USA 177.78 3 2
3 Mao ASADA JPN 171.23 1 4
4 Sarah MEIER SUI 169.01 4 3
5 Emily HUGHES USA 147.34 5 6
6 Mai ASADA JPN 138.29 6 7
7 Kiira KORPI FIN 132.93 8 5
8 Mira LEUNG CAN 128.07 7 8
9 Valentina MARCHEI ITA 116.81 9 9
10 Michelle CANTU MEX 108.04 10 11
11 Katy TAYLOR USA 106.07 11 10

美姫ちゃんGPSタイトルおめでとう!
キミーはさすがにFSで力を出してきたか?
真央ちゃんも表彰台ですね。キャンベルよりFS良くなっていたでしょうか?放送が楽しみです。
舞ちゃんもこの面子ではまずまずの結果かなー。
みんな2戦目あるから、頑張ってほしいです。
何気にメキシカン最下位じゃないってスゴイです。

アイスダンス話に戻りますが…
ケアーズ、FDを終わってとうとうモーガン達に抜かれてしまいました(;_;)
というかモーガン達、FDだけならナタリーファビアンまで抜いてますね。



【“スケアメ アイスダンス、女子の結果!”の続きを読む】

年末年始も大変ですねぇ

チケット発売サイトに、年末年始のスケートチケット情報がたくさん出てきてますね。
混乱している自分のために(笑)整理することにします。

▼クリスマス・ファンタジー・イン・NAGANO
>>e+
2006年12月7日(木)18時30分開演
2006年12月8日(金)18時30分開演
会場:長野ビッグハット
出演者(スケート関係):デンコワ&スタビスキー、曽根美樹、望月梨早、神宮シンクロナイズド・スケーティングチーム、長野フィギュアクラブ


【“年末年始も大変ですねぇ”の続きを読む】

2005瀬戸内紀行の続きを更新しました

1ヶ月に1回しか更新できないでいますが(^^ゞ
レクページに、昨年の瀬戸内旅の続きを掲載しました。
こちらからごらんください。
写真中心なので重いかも。携帯ユーザーの方はご容赦を。

テキストほとんどないのに、なぜこんなに時間かかったんでしょうねぇ。
更新し忘れて寝かせていたってことでよろしゅうに。
趣味に時間を割く気力が足りないだけっすよ。



世界一決定戦

携帯から。
この記事は普段フィギュアスケート観ない人、トリノ五輪から観るようになった人にこそ読んで欲しい内容です。

テレビ朝日…というかBS朝日の放送、
始まってみれば、いい方向にきていると思います。
アイスダンスCDを放送してくれるのは嬉しいことですしね。
シングルの解説が佐藤有香さん、ダンスの解説が宮本賢二くんというのも的を射ていると思います。

ただ、昨年のグランプリファイナルからさらに踏み込んで“真の世界一決定戦”とか言っちゃってるのは、大問題ですね。
虚偽の広報と言ってもいいくらい。

フィギュアスケートで世界一を決めるのは年一回の世界選手権であり、
それと並び権威あるタイトルといえば、四年に一度のオリンピック。
世間的にはオリンピックのほうが上かもしれないですね。

グランプリファイナルを勝っただけでは“世界一”とは呼ばれないのが共通認識と思います。
もちろん、グランプリファイナルだってグランプリシリーズで好成績をおさめなくては出られないわけですから、コンスタントに結果を出す強さの上にあり、賞賛されるべきタイトルではありますけどね。

真央ちゃんは今回の放送で『15歳で世界一』と持ち上げられていますが、
その中身が世界Jr.選手権なら正解ですけど、
自局で放送したグランプリファイナルを以てそう報道するのは正確な報道とは言い難いですよ。

選手達が一戦一戦滑る上でどうとらえているかはさておき、
特に普段あまりフィギュアスケート観ない人は、一番身近なテレビ放送での煽りを信じてしまうのではないかな。
それ自体は仕方ないことで、
困ることになるのは、実態と違う報道で固定イメージを植え付けられる、当の選手側では?

言いたいことは、25日に携帯から書いた記事と同趣旨です。
それぞれのスポーツ独特のルールを踏まえ、選手に敬意をもった、間違いのない報道を心がけて欲しいものです。

スケート・アメリカ2006始まってますねー

スケートアメリカ、日々慌しくしている間に始まっていましたねー(^^;。
結果ページだけ今急いで見ました。

既に男子の最終結果も出ていて、
織田くんがグランプリシリーズのタイトルを昨年のNHK杯に続いて獲りましたね。
おめでとうございます!

昨日でしたっけ、SPだけ観ましたが、ジャンプまずまず良かったし、プログラムも7月のDOIで観た以上に身体に馴染んできているようで、順調な仕上がり具合と思いました。
SSがエヴァンより上に評価されているというのが頼もしい。
シーズン後半に向けて、好調を維持していってほしいです。
FSの放送はこれからですが、楽しみですね。


【“スケート・アメリカ2006始まってますねー”の続きを読む】

スポーツ選手からマスメディアへの要望

昼間携帯にきたニュースから携帯書き込み。

第54回民間放送全国大会で、増田明美さんをコーディネーターに、パネリストとして荒川静香さんを始め、中田久美さん、栃東関、中村礼子さんらが集うシンポジウムが開催されたそうです。
東京新聞
(↑携帯ブラウザでは見られないかも。PCビューワー付端末かPCでご覧下さい)

荒川さん曰く『五輪の金メダルで自分は覚悟していたが、家族にまで取材が及んでしまう』ことへの困惑や、
他のパネリストからも『スポーツについて知って欲しくて仲良くなることもあるが、取材については広報を通すなど公私混同しないで』
『その気はないのに勝手に引退ムードを演出するアナウンサーがいて、マスメディア不信になった』
などの意見が出されたとのこと。

要は紋切り型や固定イメージを植え付ける報道をやめ、
取材の前にそのスポーツについて勉強してくるなど、節度を持った取材、報道をして欲しいということ。

アスリート達が思っていることも、ファンが思っていることと同じなんですね。

その上で、アスリートは『嫌なことは嫌と断るなど、マスメディアと上手に付き合うこと』が大切という流れに。

とはいえアスリートもマスメディアを否定しているわけではなく、
『取材を受けることでやる気が出ることもある』という考えも披露。
マスメディアをただ批判しているのではない内容の、いいシンポジウムだったようですね。

こういうアスリートの“本音”を生かした報道が増えることを、スポーツファンとしても期待しています!

Stars on Ice in JAPAN 2007

8月28日の記事で「ウワサ」レベルの話を話題にしたStars on Ice 日本ツアーの話が、いよいよ具体化しています!
(イプセさん、お知らせありがとうございます!)

>>テレビ東京サイト
(『ついに上陸』って、別にSOI日本公演はこれが初めてではないんですが^^;)

▼2007年1月6日[土]17時00分開演// 1月7日[日]13時00分開演(真駒内アイスアリーナ)

氷上プレミアムシート \25,000(ブランケット付)
アリーナ席 \18,000
SS席 \13,000
S席 \10,000
A席 \7,000
B席 \3,000

一般発売は11月5日(日)午前10時00分からですが、
10月28日(土)午前10時から下記にて先行販売があるそうです。
>>道新文化事業社

10月28日(土)~はローソンチケットでも先行販売あり。以下参照。
>>ローソンチケット・ドット・コム
★LEncore先行  10/28(土)12:00~23:59
★でじロー先行     10/29(日) 19:00~23:59
★一般先行       11/2(木)19:00~ 4(土)23:59
(ローソン店頭LoppiでLコード15000で検索のこと。)

その他、プレオーダーがありそうなのはe+。
>>e+(イープラス)
昨日検索した時はなかったので、今日更新されたのかな?(^^;
「近日プレオーダー開始」となってます。

出演者は今シーズンSOIツアーメンバーの
アレクセイ・ヤグディン、トッド・エルドリッジ、マイケル・ワイス、スティーブン・カズンズ、ジェニファー・ロビンソン、アンジェラ・ニコディノフ、サレー&ペルティエ、イナ&ジマーマン、サトウ&ダンジェン、
そして、フィリップ・キャンデロロ!

日本のゲストは、荒川静香、安藤美姫、浅田舞、浅田真央、本田武史、高橋大輔、織田信成の各スケーターが予定されているそうです。


【“Stars on Ice in JAPAN 2007”の続きを読む】

全日本選手権チケットについて

電子ぴあに、全日本選手権のチケット情報が出てますね↓。
携帯で調べたのでモバイルでないと見られないかもですが。
(★PCからだとURL長すぎて表示が崩れるので、貼り直しました↓)

発売開始は11月6日(月)午前10時00分から。
店頭販売あり。

>>電子ぴあ


【“全日本選手権チケットについて”の続きを読む】

繊維業界ニュース…なのか?

またはスケートニュースなのか?

携帯に入ったニュースですが、
Jr.グランプリのチェコ大会、男子FSの結果を報じるニュース(町田くん、吉田くん、お疲れ様でした!)とともに、

「来年の東レ水着キャンギャル」に、昨季アイスダンスでSBC杯に出場した澤山&水谷組の澤山さんが選ばれた

との報が。
>>日本繊維新聞社ニュースから
(携帯からソース貼るの忘れたので追記します^^;)

まだ仕事先で詳細も分かりませんが、澤山さんがモデル活動もしていたとは知りませんでした。

アイスダンスは国内でも競技会に出る機会が少ないでしょうけど(実施されないことが多いから)、きっと今後の活動に役立つはず。
頑張って欲しいです(^^)

とりあえず、いいほうのニュースだけ反応してみました。

昨日からコメントやトラバくださった方々ありがとうございます!
昨日は早々に寝てしまってました(^^;
帰宅したらお返事しまーす


東京ブロック選手権女子FSの感想を書きました(了)

東京ブロックの感想、選手権女子FSを書きました。
これで私が観た分についてはすべてです。

選手権男子SPの順位も追記しました。
昨日書くには書いたけどアップロードするのを忘れていたみたいです。
最近忘れっぽくって困ります(^^;


HSBC STARS ON ICE(CSOI)2007

新しいツアーの詳細はまだ出ていませんが、
ブライアン・オーサーの最後のSOIツアーとなるそうです。
>>詳細はこちらで。


その他出演者の名前でトップページに出ているのは、
カート、サレー&ペルティエ、ジェフ、ジョアニー。
ジェフ、まずは来年はじめのナショナルでの復調が待たれますね。

アドバンスチケットを除き、チケットはインターネットプレセールが12月4日、一般発売は12月9日から。


【“HSBC STARS ON ICE(CSOI)2007”の続きを読む】

辻くん出演『中学生日記』を観ました

 本来、スケート選手の氷の上以外の面についてはあまり興味がないのですが(スケート選手としての評価は、氷の上でのパフォーマンスによって判断したいので)、
下記記事でお知らせをいただいたし(ありがとうございました!)、中部ブロックで辻くんの演技を観てきたばかりでもあるので、再放送を観てみました。

屋根裏部屋ブログに「テレビ話」として感想を書きましたのでお知らせします。



「2006東京ブロック」選手権男子FSの感想を書きました。

東京ブロック、選手権男子FSの感想を、こちらに書きました。

仕事のため出かけるのが遅れ、最初のグループの途中から観たので全員分ではありません。
名前がない選手の方々ゴメンナサーイ(^^;





北米勢2006-07新プロ話、シェイリーン&ヴィクターのスケカナ殿堂入り!

ジュニアGPSチェコ大会も始まってるし、
なんやかやでスケート放送も充実してきている秋なんですが、
腰を落ち着けて趣味のネットサーフをする時間が限られててどうにも歯がゆいです。

そんなこんなで、気になっているのが、北米勢の今季のプログラム!
キャンベル国際チーム対抗戦が終わったところでもあり、
いろいろ観てみたらば、USFSAスケートカナダサイトに、出てましたねぇ、いつの間にか(笑)。

【“北米勢2006-07新プロ話、シェイリーン&ヴィクターのスケカナ殿堂入り!”の続きを読む】

掲示板を凍結しました。

急な話ですが、お知らせです。

そもそもは2003年1月15日のサイト開設後3ヶ月くらいした4月6日に設置した掲示板。
その後2004年2月1日に今のロケットBBSに替わり、以降今まで細々と設置してきました掲示板ですが、
管理人多忙のため、
また、2004年から利用してきたブログサービスがその後便利になってきて、PC・携帯ともに利用しやすくなったこともあり、
このたび、管理の幅を狭めるために、整理することにいたしました。

当面掲示板は維持しておきますけども、新規の書き込みはご遠慮くださいますようお願いいたします。
管理人への一言はブログのコメントへよろしくお願いいたします。



【“掲示板を凍結しました。”の続きを読む】

JGP第8戦:チェコ エントリー変更

キャンベルの放送さめやらぬところですが、
ジュニアのGPSの日本勢のエントリーが変更になってますね。


【“JGP第8戦:チェコ エントリー変更”の続きを読む】

キャンベル所感【PC追記有】

携帯から。
急ぎ帰宅後、夜中のCS放送の録画を観てます(だって寝ないと昼間もたないんだもの^^;)。

ジョニーのSP、一応ミス無し。
『キング・オブ・チェス』
マリナ・アニシナ振付とのことでしたが、いいプログラムですねー。

中庭くんの阿部奈々美さん振付にアレクサンドル・ズーリンがアレンジを施したというSP『アランフェス』も、素晴らしいプログラム!
中部ブロックの頃に靴の発注か調整をしていたはずで、その影響か体調不良か?
でも既に雰囲気は良く出ていて、もっと滑り込んだら彼のマスターピースと呼ばれるものになることでしょう。

大ちゃん、髪を短くしたと聞きましたが、衣装も含めてずいぶん、こざっぱり。
衣装はもしかしたらまだ出来てないのかな?
FS『オペラ座の怪人』調子は……ながら、ステップはいい構成ですね!

スミスは中庭くんと同い年?
ディカプリオの『ロミジュリ』
腕のタトゥー風のが変な赤と黒の衣装(爆)袖無し風がまた泣かせる。
腕の動きが棒みたいで味なし。
全体的に無難だけどさー。うーん(^^;

織田くんのFSチャイコは…サーキュラーの進行方向を逆にしたらどうだろう?
これが真の意味でのシニア初FS作品ともいえますが、ジャンプやスピンの仕上がりバランスが良く、
今後ステップがこなれてくればもっと見応えありそう。
ともあれPB更新おめでとう!

ライサチェクがSPに当たっていれば、カート振付の新作が観られたのでちょっと残念(^^;
昨季と同じ『カルメン』はもう滑り慣れてるし、あとは体をピークに持っていくだけなんじゃないかなー。
どうでもいいけど、あの不精ひげはそのまま行く気なのかしらん?(^^;

男子の解説は樋口さんなのに、どうでもいいところで八木沼じゅんじゅんが口を挿んでくるのが出しゃばらなくていいというのに(-_-;

舞ちゃんは中部と同じ衣装ですね。
中部と甲乙つけ難いくらい、今の時点としてはいい出来だったと思いますよ。
これでアメリカのお客さんに名前が売れたでしょうしね(^^)

エミリー、ちょっと痩せたかな?
溌剌感はそのままに、ちょっと大人っぽい表現も出来るようになったような。

美姫ちゃんSP『シェヘラザード』、これもよく似合っていていいですね!
ちょっと猫背っぽいのが気になったけど、シーズン序盤としては素晴らしい調整具合に見えました。

時間切れだ~
あとは地上波を楽しみます!


2006東京ブロック選手権女子SPの感想を書きました

東京ブロック選手権女子SPの感想を書きました。
こちらから御覧くださいませ!



【“2006東京ブロック選手権女子SPの感想を書きました”の続きを読む】

美姫ちゃんの今季プログラム

携帯にきたニュースですが
http://www.nikkansports.com/sports/p-sp-tp0-20061015-103987.html
安藤美姫選手の今季のプログラム、
SPが『シェヘラザード』、FSがチャイコフスキー『バイオリン協奏曲第1楽章』だそうです。
いいんじゃないかなー。似合いそうですよ。

これで、キャンベル出場日本勢の今季プロは全部出揃ったのかな?
今 携帯なのでこれ以上は調べられませんが、ともあれもうすぐ、変則的な形式だけど、実際の滑りが見られるので、待ち遠しいです!

カール・シェーファー・メモリアル2006

カール・シェーファー・メモリアルも既に終わっていますね。
最後だったアイスダンスFDの結果ももう更新されています。

【“カール・シェーファー・メモリアル2006”の続きを読む】

JGP第7戦:台湾大会が終わりました

JGP台湾大会、短いPC開く時間を中部Bの更新を優先しているうちに終わりましたが…

まずは、日本勢。
男子、無良くん表彰台おめでとう!
鳥居くんもSPもFSも総合順位も6位と、まずまずだったのではないでしょうか。

無良くんFSでは3Aきれいに決まったんですね(^^)
ケヴィン・レイノルズが4Sにトライしているのがスゴイ…。
で、優勝したBrandon MROZって…スイマセン、誰?(^^;;;
ダイスケ・ムラカミくんはFSで順位を落としてしまって残念でしたね。

女子は奈也ちゃんも表彰台ですね。
梨早ちゃんもFSで順位を上げてよかったですね。

まぁそれにしても、キャロライン・チャンはまたとび抜けていますね(^^;
奈也ちゃん、ルッツやフリップが無いのはやはり今後ますます苦しい展開になりそうですね。

いやーそれにしても、この大会で他に注目していたのは、ペア!
台湾とインドのペアが出ていたのですが、やはりインドですよ。
Upasana UPADHYAY / Aaron SALADANHAというペアでしたが、
SP0.61+FS3.69=総合4.30という、破壊的な最終結果。

プロトコル見ましたが、エレメンツの数が少ない
いやー、そりゃあ点少ないはずだわ。
とりあえずスロウサルコウを試みることができるようですね。
得点がついているだけいいほうで、申告したけど実行してないエレメンツもあったようですね。
ジャッジの方々、よく採点できたなぁ。

今年の話ですが、テレビの深夜番組でお笑い芸人がフィギュアスケートをやって採点されるというのがあって、
渡部絵美さんが無理矢理採点してましたが、10.××いくつとかそんな感じでしたね。
それを思い出しました。

台湾ペアは下位ペアとしては不思議のない得点に見えたし、エレメンツも他のペアと同程度の数入っていたので、特別なインパクトはなかったです。
どちらのペアも、そもそもペア人口が少ないだけに、今後も続けてもらいたいものです。

2006東京ブロックの感想を書きました。

神宮に行ったのと関係あるのかないのか、その後本格的に風邪進行。
今日はおとなしくしていようと思った土曜日。

2006東京ブロックのうち、観に行った選手権男子SPの感想をHTMLページに書きました。
こちらから御覧いただければ幸いです。



中部ブロックの感想、とりあえず完結。

いったんジュニアとシニアの男子FSの感想だけ更新し、
その後がんばってシニア女子FSの感想も書いて掲載しました。

というわけで、感想としてはこれで一応一区切りということで。
こちらから御覧ください!




【“中部ブロックの感想、とりあえず完結。”の続きを読む】

カール・シェーファー・メモリアル2006

9月17日の記事でエントリーが出たことを書いていた、カール・シェーファー・メモリアル
11日のアイスダンスCDから始まりますね。
↑改めて公式ページを貼っておきます。

スケジュールはこちら。PDFファイルです。


【“カール・シェーファー・メモリアル2006”の続きを読む】

全日本ジュニアのスケジュールが更新されてます

全日本ジュニアのスケジュールが更新されていますね。
これはPDFファイルですが、この連休中の大会結果も軒並み更新されています。

ブロック大会が終わったので次は東西日本、その後全日本とありますが、
東京ブロックの記載によれば、出場枠は下記のとおりだそうです。

【“全日本ジュニアのスケジュールが更新されてます”の続きを読む】