FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

スポーツ選手からマスメディアへの要望

昼間携帯にきたニュースから携帯書き込み。

第54回民間放送全国大会で、増田明美さんをコーディネーターに、パネリストとして荒川静香さんを始め、中田久美さん、栃東関、中村礼子さんらが集うシンポジウムが開催されたそうです。
東京新聞
(↑携帯ブラウザでは見られないかも。PCビューワー付端末かPCでご覧下さい)

荒川さん曰く『五輪の金メダルで自分は覚悟していたが、家族にまで取材が及んでしまう』ことへの困惑や、
他のパネリストからも『スポーツについて知って欲しくて仲良くなることもあるが、取材については広報を通すなど公私混同しないで』
『その気はないのに勝手に引退ムードを演出するアナウンサーがいて、マスメディア不信になった』
などの意見が出されたとのこと。

要は紋切り型や固定イメージを植え付ける報道をやめ、
取材の前にそのスポーツについて勉強してくるなど、節度を持った取材、報道をして欲しいということ。

アスリート達が思っていることも、ファンが思っていることと同じなんですね。

その上で、アスリートは『嫌なことは嫌と断るなど、マスメディアと上手に付き合うこと』が大切という流れに。

とはいえアスリートもマスメディアを否定しているわけではなく、
『取材を受けることでやる気が出ることもある』という考えも披露。
マスメディアをただ批判しているのではない内容の、いいシンポジウムだったようですね。

こういうアスリートの“本音”を生かした報道が増えることを、スポーツファンとしても期待しています!