FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

暮れの御挨拶

いつもこのブログや、他のHTMLページを御覧いただいている皆さん、
御覧いただき、また、コメントやトラックバックもいただき、ありがとうございます。

今年も一年、御世話になりました。

スケートシーズンの深まりと反比例して趣味に割く時間を作れなくなり、
フェードアウト気味になりがちな管理人ですが、
運良く観戦できた際には、今後も感想を書くと思います。

来る年も、どうぞよろしくお願いいたします。

What An Amazing World ! 管理人 エマ
http://www7.plala.or.jp/amazingworld/index.html

メダリスト・オン・アイス2006 現地から

携帯の調子はまずまずだけど、ブログ機能がついてきてるかどうかにかかってる管理人です。

やっぱり岐阜~米原までは雪が積もってますねぇ。
名古屋周辺~大阪の交通は順調でした。
そして大阪は快晴(笑)。

ショーについては、詳しくは後日感想を書きますので、総論を。
今、急ぎ帰る途中です。

舞台にフルオーケストラと男性ソプラノ歌手と声楽団が入る気合いの入れよう。
ステージもドレープたっぷりのカーテンがかかり、
色照明が氷だけでなく、なみはやドームの天井の骨組に映え、格調高く芸術的な雰囲気に包まれていました。

オープニングはフルオーケストラと男性ソプラノのボレロ。
第2部に滑った章枝ちゃん以降の選手は生演奏でのパフォーマンス。

フィナーレでは第九などの生演奏をバックに各選手が軽いパフォーマンスで締めくくってくれました。

織田くん、友加里ちゃんをスロウしてましたね(笑)。
静香ちゃんと本田くんは静香ちゃんの新技の寝そべりスパイラル(?)を一緒に。

選手たちが作る渦も、今回は舞台があって、オーケストラの人たち(お客さんじゃない人)がたくさんいたので、
また和やかな、スケールの大きさがありました。

来れるかどうかわからなかったので遅い手配だったけど、
ちょうどよい場所で見られました。

本当に観にこられて良かったです!

全日本2006 現地所感女子FSその他

全日本表彰式終了後、四大陸選手権と世界選手権の代表が発表されました。

実際に出場…かどうかは、また近づいてみないと分からないことですね。
でも四大陸選手権の男子は期待どおりなので、是非この面子で行って欲しいです(^^)。


女子最終グループは、緊張の高まりか、またはその正反対か、
おかしな空気が伝播してしまったかのように、予定どおりの演技を出来た選手はいませんでした。

ミスなく滑った真央選手ですら、そうだったかと。
予定どおり完璧にと、そこまで求めないにしても、本人が納得いってそうなのは…
真央ちゃん、友加里ちゃんくらいじゃないかな。
そう感じました。

競技会としては、昨日の男子FSのほうが色々楽しめたかなぁ。
最終グループでなくても本人比で良い演技だったとか、スタオベしまくりでしたから。

レポ繰り返しになりますが、
オンちゃんは2回目の3Lzがパンク(ちなみに私の目の前だったので、心臓止まるかと思いました)、
ただ、スパイラルは最初のポジションを変えてたし、スピンも最後まで速くしっかり回っていたのが良かったです。

友加里ちゃんは、3A転倒のほかは、今季最高の内容でしたね。
音楽によく合っていて、これほどフリーを仕上げてきたのが素晴らしかったです。

真央ちゃんは本人もガッツポーズしたり、感極まって涙したりするほどの出来。
3A前のステップは抜いても良いのではと思ってましたが、ついにステップ3Aを自分のものにした真央ちゃんに脱帽。

章枝ちゃんは…世界選手権で見られるものと思っていたので残念でしたが、
一方で、友加里ちゃんが精一杯やって世界選手権の出場を手に入れたことも素晴らしいと思うのです。
今日のFSは3F2Tの3Fと3S2Tの3Sで半回転は足りなかった状態で無理矢理セカンドつけたので余裕がなくなり、
最後のステップは短めに、
最後のスピンも間に合わずにスタンドスピンを入れられなかったのが、観ているほうも残念でした。

会場の手拍子の力強さは、直前の真央ちゃんの時にも負けず劣らず大きなものだったと思います。

美姫ちゃんは最初の3Lz3Loがちょっと余裕なし。
その後3Lzだったと思いますが転倒、
右肩を押さえて演技を止めかけましたが、会場の手拍子に後押しされるかのように演技を続けてくれました。
終わった後は右腕が上がらなくなっていて、脱臼でもしたのか心配です。
この年末年始の予定は全部キャンセルして養生しても良いのでは。

舞ちゃんは、今季当初の黒い衣装。
美姫ちゃんのアクシデントに引きずられたのかなんなのか、
3F両足、3Loパンク、ジャンプシットスピンも不安定な入り方になってしまいました。

とにかく、今日の出来は今日の出来として結果が出たと思います。

詳しい感想はまたの機会に書きます。

由希奈ちゃんの復調が来季も期待できるのが確信もてたし、
鈴木明子ちゃんはFSも素晴らしいプログラム表現でした。
曲に合わせた緩急の付け方が素晴らしかった。

亜紀ちゃんもシニア一年目でよくがんばりました。

ななちゃんも3Lzを試みましたし、
るみちゃんもジャンプ、表現ともバランスよくがんばりました。

表現に関しては、やはり、難度が高いジャンプを入れ、かつ、スケートの技術を使っていないと、
どんなに体をよく使えていても、見栄えがしても、高い評価は得られないのが、改めて実感できる大会でした。

出場選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!

各大会代表

四大陸選手権
リード姉弟、南里くん、神崎くん、中庭くん
章枝ちゃん、オンちゃん、亜紀ちゃん

世界選手権
ナベキドさん
大輔くん、織田くん
真央ちゃん、美姫ちゃん、友加里ちゃん

シンクロ世界選手権は神宮が行くそうです

全日本2006 現地所感女子FS最終グループ 浅田舞選手&最終順位

舞ちゃん、3Loパンクが残念。

真央ちゃん、美姫ちゃん、友加里ちゃん、章枝ちゃん、オンちゃん…となりました

これから表彰式です。

全日本2006 現地所感女子FS最終グループ 村主選手&安藤選手

章枝ちゃん3Fコンボと3Sコンボが両足に
友加里ちゃんを抜けませんでした

美姫ちゃんジャンプ転倒で右肩痛め
演技止まりかけたけど続行
がんばりました

全日本2006 現地所感女子FS最終グループ 恩田選手訂正&浅田真央選手

すいません、オンちゃん2どめの3Lz転倒でなくパンクでした。

真央ちゃんやりました。
ステップから3A成功!
2A2Tになったほかはほぼ完璧!
ガッツポーズしてました

全日本2006 現地所感女子FS最終グループ 恩田&中野選手

オンちゃん2どめの3Lz転倒

友加里ちゃん最初の3A転倒

残念です。
それ以外は良かったです

全日本2006 現地所感女子FS最終グループ前

亜紀ちゃん、ななちゃん、さつきちゃん、鈴木明子ちゃん、るみちゃん、由希奈ちゃん、梅谷姉さん…、などの順位。

亜紀ちゃん良かったです!
曽根美樹ちゃんは動きいいけどジャンプ不調でした。

全日本2006 現地所感女子FS 太田由希奈選手

由希奈ちゃん、3Lz成功!
ただウォームアップ中のほうがクリーンに跳んでましたね。
3T転倒あっても、最後まで勢いありました

全日本2006 現地所感女子FS第2グループまで終了

女子FS第2グループまで終了しました。

順位はさつきちゃん、梅谷さん、えみちゃん、さやかちゃん、など。

さつきちゃん良かったです!
梅谷姉さんも頑張った。

お仲間と話してたのでちょっともう書く時間なし。
相変わらず携帯禁止言ってます。

第3グループ始まります。

朝からの頭痛が薬飲んでも未だ治らず。
我が頭ながら困ったちゃんだなぁ(-_-;

全日本2006 現地所感シンクロFS終了

シンクロFS終了しました。

例によって採点は手入力ですぐには出ないので、順位はまだわかりませんが、
東女はオレンジの着物風。『義経』と『座頭市』だったかな
テーマは“炎上”?
転倒2回が残念。


神宮は“決闘”
最初のリフト、対戦ゲームみたいなポジションのリフトが面白い。
転倒1回が残念。

技術的なことはよく分からないので、プログラムの振付の印象からですが、
今回は神宮のほうが面白く、まとまりがあったと思います。
男性4人いるとバリエーションが増すからかな?

このあと2時からダンス表彰式だそうです。
ロビーより。
名古屋の雪はもう止んで晴れてます。

全日本2006 現地所感シンクロSPとアイスダンスFD終了

入場したら女子公式練習中。
目の前のRS席でシェイリーンが練習見ていて、内心興奮してるのがここに一人。

アイスダンスFD終了しました。

順位はナベキドさん、リード姉弟、坂頂兄妹。

坂頂さん達はゾロ、ヘアメイクが凝ってました。
リフトや振付頑張ってましたよ。

リード姉弟とナベキドさん、衣装の紫色が同系色。

リード姉弟、ボーカル入りのサラバンデ
滑りが大きく、回転リフトのポジション替えがダイナミック。
無事終わって満足げでした!
コーチとのハグに力こもってました(笑)

ナベキドさん達も冒頭からスピードにのり、最初のリフトに気合いを感じました。
NHK杯より良かったと思います。

シンクロSP、神宮と東女の2チーム。
どちらにも、シングルで見覚えある名前が。

東女は堅実に。
神宮は振付が派手でした。
赤と黒の衣装の染め分け効果を、サークル移動で実感。

採点はVIP席上からしてましたね。

今日の名古屋

セントレアが降ってるとテレビで見たから『もしかして』とは思ったけど。

名古屋市内、雪!

雪降ってます。
傘さすほどではないけどね。

いやはや。
交通関係心配ですねぇ。

全日本2006 現地所感男子終了

男子FS終了しました。

順位は大輔くん、織田くん、南里くん、神崎くん、中庭くん、小塚くん、柴田くん…かな。

最終グループ素晴らしかったです!
スタオベしまくり。
詳しくはテレビ放送をご覧いただくのが一番。
言葉が足りません。
これから表彰式です。

ただ、中庭くん、小塚くんは今日は残念な出来でしたね。
織田くんも3A転倒ありましたし。

神崎くんが3A2T、2A3Tほかジャンプを決めるたび、ヒートアップする浜田コーチを観たのは久々かも。
でも感極まるのも納得でした。

ああ、言葉が見つからない。
携帯でブログに書くには時間が足りないです。

全日本2006 現地所感男子FS第2グループまで終了

男子FS第2グループまで終了しました。

順位は無良くんがトップです。

いい出来の選手が少ない中、
無良くんは前日、さらに全日本Jr.で良くなかったのを払拭してくれる内容でした!

コバヒロくんはジャンプ決まらず乗り切れず。

中川くんは最後まで滑りきってくれました!

全日本2006 現地所感女子SP終了

女子SP終了しました。

順位は真央ちゃん、美姫ちゃん、オンちゃん、友加里ちゃん、章枝ちゃん、舞ちゃん、由希奈ちゃん、亜紀ちゃん、ななちゃん、るみちゃん、鈴木明子ちゃん、曽根美樹ちゃん…などなど。

舞ちゃんレイバックビールマンで軸ずれたけどあとは大丈夫。

友加里ちゃんは完璧!
音楽によく乗れていました。

曽根美樹ちゃんは3S2T、3T、2Aほかミスなし。
2A後にはガッツポーズも。
感極まった様子でした。

亜由美ちゃんは3Tパンクしたけどその他は、今季見たなかでは最後までまとめたかなと思います。

萩原さんは3T2T、2A、3Loほかミスなし。
いい出来でしたよ。
樋口先生とのキスクラも得点待ち遠しい感じ。

章枝ちゃん、まさかの3F回転不足両足着氷。
ちょっと余裕のない出来で残念。

以上、3日間アイクリで席がとれて単独観戦の手慰みでした。

これから男子FSです!

全日本2006 現地所感女子SP第4グループまで終了

女子SP第4グループまで終了しました。

順位は真央ちゃん、美姫ちゃん、オンちゃん、由希奈ちゃん、亜紀ちゃん、ななちゃん、るみちゃん、鈴木明子ちゃん…などなど。

三木さんジャンプミスあり
ややスピードなく残念。

オンちゃんはSPを替えたんですね。
「Love Dance」
3Lz2T、3F、2A、どれも高さがあり良かったです!
スピンも速く、全体的によくこなせてました。
最後の振付が長くて時間オーバーしたかと思いましたが大丈夫でしたね。

ゆりなちゃんは3T転倒。
見せ場のスパイラルは良かったけど
レイバックビールマンは回転足りてたかな?

さつきちゃんはステップでバランス崩しお手つきが残念。

由希奈ちゃんは、今出来ることを最大限やってくれました!
鳥が羽ばたくスパイラルも美しく、
樋口先生とのキスクラも和みました。

るみちゃんはレイバックビールマンきれい
なめらかないい出来でした!

山口さん不調。

浅見さんキレあるよい出来
東京ブロックよりずっといいです

渚ちゃんは3S転倒が残念。
ほかは良かったです!
リボンシャツブラウスのカルメンはやはりカッコいいです!

全日本2006 現地所感女子SP第2グループまで終了

女子SP第2グループまで終了しました。

順位は真央ちゃん、美姫ちゃん、亜紀ちゃん、ななちゃん、鈴木明子ちゃん…などなど。

岩城優子ちゃん、体の固さが目立ってしまったけど体はよく動いてました。

鈴木明子ちゃんはジャンプ2つミス。
2Aは華があって良かったです。

亜紀ちゃんは3Fがギリギリだったけど溌剌と、よく動いてました。
ジャンプシットスピンがぐらついて危なかったですが、持ち直して良かった

美姫ちゃんは3Lz3Lo、3F、2Aほかよく勢いをコントロールしたSPでした!
安定感あり。

ななちゃんは3Lo2T、2A、2F?
レイバックでの加速からのビールマンキレあり。

真央ちゃんは子どもに大人気(笑)
最初にくるくる回るところで一瞬バランス崩しかけたけど、
3Lz、3F3Lo、2A、スピンもスパイラルもステップも、
ふわふわとあっという間にこなしてしまいました。
真央ちゃんも安定感あり。
まぁ、真央ちゃんの場合はなんといってもFSが課題ですからねぇ。

会場内はさほど寒くないですね。
でも暑くもないです。

全日本2006 現地所感アイスダンスOD終了

アイスダンスOD終了しました。

順位はCDと変わらず。

ナベキドさん達は、丁寧かつキレのあるタンゴ。
ミッドラインの中盤あたりの深く、ググッと伸びるスケートが力強かったです!

リード姉弟にはシェイリーンがついてます。
日本にまた来てくれて嬉しいよー。
やはりCDのドレスは譲られたものでしょうねぇ。

スピンポジションはキャッチフットはきれいだけどY字が曲がっててイマイチかな~。
何でもないところで女性が転倒してしまったのが残念。
最後は少し勢いがなくなってしまったけど、最初のほうのミッドラインは良かったですよ。
コーチの影響を感じました。
衣装はモノトーンで色使いは普通だったけどね(^^;

坂頂さん達は、ミッドラインでお兄ちゃんが少しつまづいたけど、ツイズルは特に2回目のはよく揃って良かったです。
片手で支える回転リフトもきれいでした!

製氷終わったら女子SPです!

全日本2006 現地所感男子SP終了

男子SP終了。

ここまでの順位は、大ちゃん、織田くん、南里くん、神崎くん、小塚くん、中庭くん、町田くん、大上くん、梅谷くん、北垣くん、柴田くん、田村くん、無良くん、コバヒロくん…などなどだったかと。
さっき書いたの違ってと思います(^^;

最終グループ
南里くん、今季最高の出来でした。
3F3Tはなんとか決まり、2A、3Lzも決めて、
ステップやスピンも最後まで失速することはなく。
体の動きが軽そうに見えました。
体調が良くなってきているのかな(^^)

中川くんは私好きなんですけども、
最初の3Lz2Tのセカンドがダメで、それがもったいなかったですね。
フラメンコの雰囲気はステップや振付でよく出ていましたよ。

北垣くんは練習中に調子良かったキャメルからのコンボでぐらぐらしてポジションをとれないままドーナツに入ってしまいましたね。
あそこは見せ場だったと思うので残念。

田村くんは微妙な衣装のリバーダンス。
ジャンプは練習中には3T3Tでしたが3T2T。
3Aがなんとか片足で立ちましたね!
シットの脚替えでフライング。でもスピンそのものはトラベリング(^^;
ステップよく動いてましたね。

無良くんの調子がやはりここでもあまり良くない…
3Aは良かったですが3Lzパンク、3Fはダブルかシングルに。
ステップもスピンも動けていたのに、
なんだか“心ここにあらず”
魂がこもってないような感じがしました。
まぁ、いい時も悪い時もあるものですからね。

…以上、簡単な所感でした。

終わってからは仲間とお食事してました。
明日は長丁場です(^^;

全日本2006 現地所感男子SP第4グループまで

男子SP第4グループまで終了して製氷中。

ここまでの順位は、大ちゃん、織田くん、神崎くん、小塚くん、町田くん、中庭くん、大上くん、梅谷くん、柴田くん、コバヒロくん…などなどだったかと。
違ってても後で公式でるからってことで(^^;

小塚くんは3A転倒のためかその後全体的に余裕がなくなってしまったように思います。
いつもほどの伸びやかさもなかったかも。残念。

中庭健ちゃんも3Aは惜しくも両手つきで×。
3T3Tや3Lz、ステップは良かったです。
織田くんは3Aの軸が曲がってたのに普通に降りましたね~。
3Lz3T、3Fのあとなど音によく乗れて笑顔もあり、スケートの伸びも増したようでした。

柴田くんは6分中にスタンドスピンを長く回ってました
幅ある2A、でも3Lz3Tで転倒。
回れていたと思います。
3Fがダブルになり緊張がとけてしまったかな。

町田くんがまた素晴らしいSPを見せてくれました。

全日本2006 現地所感男子SP第2グループまで

男子SP第2グループまで終了して製氷中。

ここまでの順位は、大ちゃん、神崎くん、大上くん、梅谷くん、コバヒロくん…などなど。

大輔くんは3F3T、3A、3Lzをうまくコントロール。
練習中からバンバン決めてました。
やはりスピードも違います。

神崎くんのボレロは初めて観ましたが、
素敵~うっとり~。
3A成功、2Tになるもセカンドを3T、3Lzも入りました!
そこからシットスピンへいくカーブののり方が好きです。
ステップも素晴らしかったです!
ただ、曲が途中でテンポアップしたようなところがちょっと気になるかな(^^;

大上くんのタンゴも初めて観ましたが、
見えないパートナーがいるかのようなホールドを随所に入れていたのが素敵なプログラム。
3Aも入ったし、ジャンプはお手つきありだったけど、よしとしましょう!
上下左右よく動いていましたね~。
ところで、いつの間に軽く茶髪にしたのかな(^^;


携帯はロビーでと、くどいぐらい注意が回ってるのでロビーから。
間もなく第3グループ始まるので戻ります。

全日本2006 現地所感アイスダンス

アイスダンスCD終わって
ナベキドさん、リード姉弟、坂頂兄妹の順位。

一番滑走のナベキドさん達はウォームアップで木戸さん転倒してましたが、本番は大丈夫。
慎重にすぎたか、やや伸び少ないかなと思いました。
1周目雪煙り上がったところでも2周目はきれいに滑ってました。
のぞみさんの青い衣装が氷に映えてました。

会場のモニターがずっと使われていて、
キスクラも映されてます。

坂頂さん達、エッジ浅いけど、何とかワルツの雰囲気出てましたよ。
ちょっとツイズル(?)で2人が離れてしまいましたけどね。

終わり方が2人で腕を広げて、かわいかったです。

初めて観るリード姉弟、
衣装がボンクラを思い出させます。
白くて裾が淡いグリーンのね。
ストロングエッジのタイプなんでしょうか、粗いところはありましたが、伸びのあるディープエッジで、ワルツのリズムがよく出ていたと思います!

フェンス広告にはCanonなど、日ス連パートナーでない企業の広告入り。
ニチレイがアセロラドリンク配ってました。
パンフは千円です。

今年何度目?

2006全日本選手権会場
…ってくらい、今年は特にご縁がある場所へ、今日からきてまーす。

たしか今季3回目のはず(笑)。

この建物は約2ヶ月ぶり。
画像が縦横おかしなままブログ載ってたらゴメンナサイ。
後で直します。
【2007.1.6 PCで加工した画像に差し替えました】

このまま、また別の場所へ行くので、帰るのは30日夜になります。
こちらの場所は今年2回目。
また近々行くかも?

残り少ない今年ですが、このブログをご覧の皆様、良いお年を!


ISU Grand Prix 2006 NHK Trophy - Pair FS

2006NHK杯『NHK杯って今月だったっけ?!』
ってくらい、日が過ぎるのがあっという間でした。

現地から携帯メールで可能な範囲で感想書いていましたけども、
その後サイト更新がままならないので、
ブログのほうに感想書こうと思います。

【“ISU Grand Prix 2006 NHK Trophy - Pair FS”の続きを読む】

ファイナル男女FS放送観ましたが…

PC立ち上げる気力ないので携帯メールで。

夕方のペアとダンスは仕事してたので録画して後回し。
放送時間が先だった地上波で男女シングルFSを観ました。

織田くんとアルバンの時はごはんの鍋がふきこぼれそうだったもんで(^^;あまり集中して観られなかったのですが、
高橋大ちゃんねぇ。
後半になってから目に見えて辛い内容になってしまったんですね。
スピンの出でのふらつき、
ステップ前の朦朧としたような表情、
ステップ最後は体が止まりかけていて、
体をリンクの端から端まで運ぶので精一杯のように見えました。

NHK杯FSの時もスピンが止まりかけてて、観ながら思わず「がんばれー!」と口走ってましたが、
あの時とは違って今回は『もうすぐ終わるよ。よくがんばったね。』と、ねぎらいの気持ちしかおこりませんでした。

ジュベールのFSはエリックボンパールとロシアカップのを観ましたが、
サーキュラーとスピンの後のちょっとしたエッジ使いの振付など、いかにもカート味ですよねぇ。
あれは好きなパートです。
以前のジュベールでは観られなかったエッジ使いをマスターしつつ、
4Tも2回入れ(2回目はほぼ転倒扱いだったけどさ)、バランスのとれた力強いスケーターとしての見応えはありました。

ところで滑走前の煽りVTRで3Aの映像に「4回転」とか字幕かぶせていたのは、あれかな、制作者がナチュラルにジャンプの区別がつかなかったのかな?
トリノから観るようになった人でもあれは違うと分かるんじゃないの?

男子は結局SP直前のエバンに続き、FSではジョニーが棄権してしまい4人での競技となりました。
それは仕方ないとしても、テレビ放送でのフォローが最終結果を紙パネルにして
(余談だけど、あれのことテレビ関係者はどこでも何の説明もなく「フリップ」と呼ぶのが、『業界用語当たり前だと思うなよ』と、どうにも気に食わない私。)
出してきただけで終わっていたのが引っかかりました。
口頭説明も一言必要だったでしょうに。
番組観てるのは、インターネットでリザルトチェックしたりスポーツニュースの細かい棄権記事まで観るような人ばかりではないでしょうに。

女子は…
昼にプロトコル見て感じた印象の裏付け作業をするかのような気持ちでした。
しかも全然ワクワク感のない…。

章枝ちゃんはスケカナ後、NHK杯では衣装やジャンプ(3S)、スピン、ステップの構成を変え、
今回またスピンを変えてきてましたね。
昨シーズン入れてたドーナツをまた入れるようにしたんですね。
あれ、今季N杯まではやってなかったように記憶してます。
出来の程はともかく、より難しくしていこうとしてる姿勢はさすがです。
それにしても、最後の3Sがダブルになったのは諦めつくけど、
3Fや3Tが2回転や1回転になるのは残念でした。
全体的にちょっと回転に余裕がないように感じました。

サラ、無難だけど崩れずまとめてきたのは良かったです。
すごく清潔感ある、美しい雰囲気も印象良かったし、このままヨロ選もがんばって表彰台を狙って欲しいです。
テレビ側が、スイスの選手というだけでスピンを目玉にして煽っているのだけはどうにも受け付け不可能ですが。

美姫ちゃんは少し頬がこけていたかな?
大ちゃんほど体調不良がありありとしていたわけではなかったけど、3Lz始めジャンプのすっぽ抜け方が、彼女には珍しかったと思いました。
転びはしなかったけど、荒川しーちゃん言うようにタイミングが合わないままだったか、体を絞めるだけの力が出なかったか?
跳べたジャンプも着氷に余裕がなかったような。

真央ちゃん、私はあのプログラム自体は嫌いじゃないし、難しいことに挑戦していることも否定はしないけど、
最初の3Aはステップを抜いて、普通に入って確実に跳ぶほうがいいんじゃないかなぁ。

キムヨナちゃんも、腰痛に耐えてよくがんばったし、今日の流れでは優勝でいいと思うし、
FSプログラムの曲や雰囲気も好きだけど、2Aが3回も入っているのは何とかならないのかと思います。
2A多用はジュニア選手によく見られるけど、シニアにもなれば、せいぜい2回が限度かな。

彼女のせいではないけど、アナウンサーが彼女を「妖艶」と言うのがすごく違和感あり。
叙情的、可憐、陰性の魅力があるとは思うけど、妖艶さは見いだしにくいです。
ましてSPはともかく、FSはそういうプログラムじゃないと思うし。

ユリアはFS放送カットされましたが、真央ちゃん美姫ちゃんのSPを流す時間をもってすれば放送出来たでしょうに。

さんざん「美の世界一決定戦」と煽っていたテレビ朝日としては、来年の世界選手権でジュベールやキムヨナちゃんが来日した時は「世界王者、世界女王」と報道するんでしょうねぇ?
日本人が勝った時だけそう呼ぶのであれば、自分たちが誇張した表現をしていたことを認めたことになりますよ?

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
一刻も早くそれぞれの拠点に戻って、暖かくして体を休めて欲しいです。

ロシアの会場のお客さん達の温かさが印象的だった、ファイナルでした。

グランプリファイナルも終わり…

PC開いてブログ書くのは10日に「豊の部屋」を書いて以来です。
昨日も所用で出かけていましたが、この1週間も正直、スケートどころでない状態でした。
帰宅が日付変わる直前だったし疲れもたまっていたので、ファイナルの結果は携帯で一般ニュースを見る程度だったんですが、

『何があったんだー?!』

頭が混乱したままでした。

今朝は今月ずっと調子が悪かったこともあり(喘息もちなもんで)、休みなので朝10時に起きるのが精一杯でしたが、
PC立ち上げてプロトコル見るのが恐かったです。
>>GPF結果

【“グランプリファイナルも終わり…”の続きを読む】

丸ビルに期間限定リンク登場

今朝ケータイアラームで電源入ると同時に受信されたニュース。というわけで早速ケータイから。

来年1月4日から14日までの期間限定で、東京駅近くの丸ビルにスケートリンクが設置、一般営業されるそうです!
産経新聞

ネスレのチョコレート菓子のCMに出演した真央ちゃんとのコラボレーションリンクで、
“スケートリンクカフェ”の名のとおり、カフェが併設されるとのこと。
こちらは1月2日から。

日本のリンク閉鎖が相次ぐ事態に、期間限定とはいえ企業が動いてくれるのは、ありがたいことですよね。
ここでの反応次第で、毎年恒例になる可能性もなくはないし(楽観的発想)、
一番いいのは、気をよくした企業が通年リンクに継続的に出資してくれること。
都合のつく方お近くの方は是非滑りに行ってみてください。
私も年明け、早速行ってみたいです!

ニワカファンがスポーツをダメにする?!

ケータイだと送信日時が書き込み日時になるので、ちょっと遅い話ですが、テレビ見ていて共感したので書いておきます。

日曜日の夜10時くらいからフジテレビでやってる、爆笑問題と阿川佐和子が出ているニュース系の番組を御存知でしょうか。

余談ですが、わたくし、阿川さん好きなんですよ。
ああいうふうに年を重ねたいものです。

さて、先日の日曜日のこの番組内で、ある特集があったんです。

“ニワカファンがスポーツをダメにする”

こういう主旨の特集でした。

サッカーのワールドカップの時には入場制限まで起きたスポーツカフェには今は閑古鳥が鳴いている。
トリノ五輪で人気に火がつき、直後の国内選では僻地開催にも関わらず客席に人が入りきらないほどだったカーリング(女子)、先般の都内で開催された大会では空席が目立っていた。
(ちなみに、東伏見のダイドードリンコアイスアリーナ)

ニワカファンの何がいけないかという問題点として、
“競技と関係ないことに注目する”“過度な期待をよせる”こと等が挙げられていたかと思います。

高校野球のハンカチ王子こと早稲田実業の斎藤投手や、トリノ五輪前の安藤美姫ちゃんのことが例示されていました。

ここで標題“なぜニワカファンがスポーツをダメにする”のかについて、
どこかの教授らしき人(名前失念)がコメントされていたのがなるほどなぁでした。

『ニワカファンはその競技が好きなのではなく、話題になっているものが好きなだけ』

一字一句このとおりではありませんが、こういう意味のことでした。

カーリングの本橋選手が『もっと長い目で応援して欲しい』との主旨のコメントをしていたのが、切なかったです。

番組を見ていて脳裏にあったのは、フィギュアスケートのことでした。

私はニワカであること自体が悪いとは思いません。
けれども、スポーツを観て楽しもうというなら、観る側はそのスポーツの“楽しみどころ”を自ら探し続けることが必要でしょうね。

以前にも似たようなことをここで書きましたが、
アスリートを“○○ちゃんカワイイ!”から入るのも結構だけど、
いつまでもその調子では、結局のところ、競技そのものを好きなわけではないんだなと思いますね。

それもまた自由な見方でしょうが。

私は、観る時は極力、本番の中身で判断したいです。
顔がかわいいとかカッコいいとか、性格がいいとか努力家だとか出自とか、
そういうことは競技内容のあとについてくるものであって、前面におきたくないんですよ。

好きな選手がカッコよくて性格がよければ、それにこしたことはないけれど、
求めたいのは、スケートでいえば“氷の上で何を見せてくれたか”。

矛盾しているようですが、結果が全てとは言いません。
例えばスケートなら、シーズン序盤の大会ではそのシーズンの行方に思いを馳せ、シーズン中にいい内容を作り上げて、最後に結果がついてくるんだと思っています。

本橋選手のコメントのような“長い目で見守る”ことを今後も続けていきたいです。

この特集の放送自体は良かったけれど、一番矛盾しているのが、
同じ放送メディアが最も、煽るだけ煽ってニワカファンを増やしていることですね。

FC2Ad