FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

サントリー ウーロン茶のCM「食べよ、妹」

タイトルではわかりにくいですが、一応「フィギュアスケート」ネタなんですけどもね(笑)。

今テレビでオンエアされてる、サントリーのウーロン茶のCM(黒烏龍じゃないスタンダードなほうね)、
2006年からやってる中国の姉妹「食べよ、妹」シリーズ。

私は、あれが、浅田姉妹に見えてしょうがいないんですよねー。

すらりとしてキレイなお姉さんと、丸々してかわいらしい妹。
実際の浅田姉妹、舞ちゃんはいかにも“お姉さん”というタイプではないのは、今まで各種インタビューや出版物などから明らかだと思いますが、そういう“中身”じゃなく、見た目の印象ね。

真央ちゃんがノービス、舞ちゃんがジュニアだった頃がいちばんイメージ近いかな。
まだ今ほど背が伸びてなかった真央ちゃんと、すでに年齢以上の大人びた雰囲気を氷上で見せていた舞ちゃん。

CM単体で観ても、今の「大学食堂」なんて、「高校生?」って聞かれてちょっとムキになって「もうすぐ大学生!」って答えてる妹はとてもかわいい。
というわけで、楽しみなCMのひとつです。

下記リンク先でCM情報を見ることができます↓。
>>サントリー ウーロン茶

野辺山への旅の思い出

この記事はたいしたテキストはないですよ(笑)。
2007年7月28日の野辺山への日帰り旅の思い出ケータイ画像です。
C-730も持って行ってたんだけど、面倒で(笑)結局ケータイばかり。

野辺山駅横
JRの駅で最も標高の高いところにある駅だそうなので、サマーフェスティバル来場のスケートファンのみならず、“鉄道マニア”には有名な場所なんでしょうねー。
帝産ロッジ前の林
こういうシラカバ林を見ると、『あー高原に来たな』って思えます。
南牧村のデザインはこんな感じ
汚水管のフタですな。すずらんがデザインしてあります。
こういうのも“地域の特色”が出るんですよねー。
小淵沢駅での駅弁
行く途中の乗換駅、小淵沢で駅弁購入。
ホントは「元気甲斐」っていうのがよかったんだけど、まだ納入されてない時間帯だったので、こちらに。
おにぎり弁当でした
店員さんオススメ、中身は梅、くるみ味噌、栗おこわのおにぎりがメイン。
味噌味がぐっときますねぇ。
鮭かと思ったのは、鱒の塩焼きでした(笑)。やや骨多し。
竹の籠に入ってて、郷愁を誘いますねー。
コレ食べないと帰れない!ソフトクリーム
ワタクシ、ソフトクリーム大好きでして。
仕事で疲れた時、たまに帰りしなに食べに行くこともあるくらい。
さすがにこちらのはミルク味が濃くておいしい~!
コーンの感じも懐かしい(笑)。
長野まで行ってなぜか群馬のだるま弁当
帰りは中央線だと乗り継ぎ悪いかと思って長野新幹線で。
佐久平の乗り換え時間が5分しかなかったので車内販売にて。
これか横川の釜飯のみ。どっちも900円。
去年、仕事で長野県入りすることがあって既に食べたし、それまでにも何度か食べたことがあったので、今回は「だるま弁当」にしました。
長野まで行って群馬県のお弁当ですが(笑)、長野新幹線は高崎にも停まるということで。
玉こんにゃくがおいしかった
群馬県ってことで、玉こんにゃく入り。
釜飯も似たような感じだけど、こちらはあんずが入ってるんですよね。
甲乙つけがたい、山の味でした。

野辺山サマーフェスティバル・オン・アイス2007ファイナル第2部【現地から】

20070728212118

画像追加しました↓入場記念のカラーパンフと携帯ストラップです。
記念のパンフと携帯ストラップ

第2部を前に、早々にリンクサイドに来ている中庭くん。
その衣装は『マンボ』だね?
出来れば胸元をもっとザックリ開けるか、ズボンの裾にでもフリルがチラ見えする程度にでも、改造求む(笑)。

さて中庭くん『マンボ』ですが…
いやはや、DOI最終日より、本人ノリにノッテるんじゃないのー?!
“開襟”はロングサイド客席の方向へ(ショートサイドが片方で少し遠かったから?誰もいないほうに当たってたら悲しいと思ってたので、ちょっと安心)。
ちょっとした動きのたびに客席に視線を送り、投げKissも大奮発。
一体どんなスイッチが入っちゃったんでしょ(笑)。
照明があればなお良かったけど、踊るばかりでなく、3Lzか3Fのトリプルも決めてたし、やっぱり、スピンが速くなったなーと思いましたよ。

投げKiss大盤振る舞いが、リンク降りた途端にリンクに一礼する、いつもの中庭くんに戻る様もまた、ギャップが面白かったです。

亜紀ちゃん『Sway』
ライサチェクが以前EXで使ったのと同じ女性ボーカルでした。
青紫の衣装にポニーテールが、どこかで見た…『あ、梅谷姉さんだ』遠目にはちょっと似て見えました(笑)。
動くと違いますけどね。
ジャンプは、弾かれるようにして転倒するなど不調でした。
でも、最後まで曲に合わせてよく全身使って動いてましたね。

南里くん『猪木のテーマ』…正式タイトル、何ていうんでしょ(^^;
照明が明るいのが何とかならないものか。
3Aなんとか決めましたね!
バタフライシットもフライングがすごく大きくて、スケーティングだけでなく、こうした大技でも上達ぶりが感じ取れます。

細かく入るリングパフォーマンスは、本当に細かい(笑)。
ファイティングポーズだの、ロープに押されたところだの。
「元気ですかー?!」は、ロープ際に追い詰められた(フェンスを利用)ところでやってましたね。

友加里ちゃん『白鳥』
ひたすら美しいプログラムでした。
滑る直前、リンク入ってすぐアクセル二回ばかり決めてたくらいで、
今は身も心も競技会に向けてバランスよく出来上がっているのが、標高が高い野辺山でもよくわかりました。

真央ちゃん
ワルツの女性ボーカルですね。聞いたことある…でも思い出せない(^^;
追記:ショパン『別れの曲』だそうです。お知らせくださった方々ありがとうございます!
なぜワルツだと思ったのだろう…????(^^;

肌色長袖の先、手首部分に身体部分と同じ濃い青色の布をあしらい、スカートの青色は単色ではない濃淡使い。
かなり凝った衣装だと思います。
女性ボーカルのワルツに合わせて、軽やかに動く足元。
身体の動きもそれと比例して、無理なく動いていたと思います。
オープニングでも披露した小さい円を描くイーグルは、とても伸びやかで良かったです。
また、ジャンプは3Lz、3F、3Loを決めていました。
スパイラルは、ビールマンから片手を持ちかえつつ、太ももを支えるという難しそうなものだったかと。
まだグラグラしてましたが、スケカナまでにはマスターしそうですね。
ちょっとしっとり、大人っぽい路線を狙ったんでしょう。でも軽やかさは失わず。
うーん、やっぱり、真央ちゃんには特別なオーラがあるなと実感(^^;

大ちゃん
DOIと同じビョークで。
照明なくても間がもちますね(笑)。
摩訶不思議な雰囲気に、こちらも慣れてきました。

美姫ちゃん
クラシックかオペラか…聞いたことあるのに思い出せない(^^;
追記:ショーを伝えるニュースによるとプッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』とのことです。オペラだったか。
薄紫の長袖衣装は、舞ちゃんの衣装と似た系統かな。
髪は上半分だけまとめてあとは下ろしてましたが、伸びたね~。
新SP…かな?
基本的に昨季の技術とあまり変わらない感じ。
新技はなかったと思います。
でも、曲に合わせた振り付けは、昨季よりも頭の中にイメージしたものがあるのかなと思えました。

ここでスペシャルゲスト。
会場に来ているのは知ってたのですが、滑るとは思わなかったのでビックリ。

荒川静香
マイケル・ボルトン『ネッスンドルマ』
3Fだったか、軸が思い切り斜めったのに、がっつり着氷(^^;スゴい。
やっぱり、スケーティングがきれい!
かなり動いててもガリガリ音がしないし。
(スケーティングといえば、今日だと、瑠美ちゃんがいいツイズルを見せてくれてましたねー。)

“Y字スパイラルから手放し”が進化。
今回は、離した手を、上げたままの太ももの外側を通って背後の腰のあたりで両手を組んでいるという軟体技になってました。
あんなポジション初めて見ましたよ(@_@)。
誰にでも出来ることじゃないので、プロとしての持ち技を今後もどんどん開発して欲しいものです。

さて、フィナーレ。
きっとフィナーレは“ケンジ・ミヤモト・プレゼンツ”と期待してたら案の定。
『湘南乃風』…でしたっけ? レゲエっぽい感じ。

舞ちゃん+柴田くん…レイバックスピン
小月ちゃん+無良くん…レイバックスピン
瑠美ちゃん+町田くん…2A
奈也ちゃん+小塚くん…スピン
明子ちゃん+中庭くん…ループジャンプ
亜紀ちゃん+南里くん…それぞれスピンとトリプルジャンプ
友加里ちゃん+大ちゃん…それぞれスピンとジャンプ
真央ちゃん+美姫ちゃん…脚上げスピン

…と、ひとしきり技を披露し、いよいよ“ケンジ・ミヤモト・プレゼンツ”ダンスですよ!(笑)
リンクサイドで宮本くん自ら踊り(笑)、各選手はそれを見ながら動いてる。
いい感じにバラバラで、一体誰のが正しいのかすらわからない!(爆)
みんな笑いながらやってて、柴田くんや無良くんは服も私服のデニムに着替えてて、すごくリラックスした雰囲気がありました。
舞ちゃんは黒いワンショルダーっぽい衣装に替えてましたね。黒の使い方が全身バランスと合ってて重たくなく、素敵でした。

今日始まる前、出演予定者から、章枝ちゃんが「スケジュールの都合」、織田くんが「個人の事情」により不参加とのアナウンスが何度かありました。
急に二人いなくなるというのは、寂しいものです。
それでも、DOIもそうでしたが、出演者が盛り上げてくれるのが、アイスショー。

早朝、早起きして出かけて良かったです。
久しぶりの方も2週間ぶりの方もご一緒して、ショーより長い(苦笑)待ち時間も含め、楽しく観てこれました。

昨年に続き野辺山でのシニア合宿が行われないということで、このショーのために集まった選手の皆さん、本当にありがとう!
今季もそれぞれの活躍を期待し、応援したいと気持ちを新たにした、高原の1日でした。

野辺山サマーフェスティバル・オン・アイス2007ファイナル第1部【現地から】

20070728175531
ファイナルにして初めて野辺山に来ることが出来ました!
(今まで、直前に体調崩したり仕事になったり完売したりで縁がなかったのです)

今は日帰りで帰宅途中です。
ショーの様子を簡単に。

14時開演。
日本スケート連盟林副会長並びに南牧村 中村美人村長(いつぞや“びじん村長”とネタにした記憶が…(^^;)の挨拶の後、いきなりスタート!

舞ちゃん、柴田くん、小月ちゃん、無良くん、瑠美ちゃん、町田くん、奈也ちゃん、小塚くん、鈴木明子ちゃん

…ときて、リンクに入り準備していた中庭くん、コールされたのは“澤田亜紀さん”。

中庭くんの心底驚いた様子が客席から見えてたので、おかしくてしょうがなかったです(笑)。
代わりに先に出た亜紀ちゃんも、スプリットジャンプして戻ってきた時、爆笑してました。
で、中庭くん(笑)、南里くん、友加里ちゃん、真央ちゃん、大ちゃん、美姫ちゃんの順に登場。

「たくさんの思い出とともに」とのナレーション。

舞ちゃんはチャイコフスキーのロミジュリ。
薄紫と薄ピンクに胸元に十字と赤く心臓のようなデザインがある衣装。
SPかな? 曲の激しさについていければ、また違う一面を見られそう。

柴田くん『The Prayer』
レイバックで両足着いてるまま後ろ向きに進む距離が長いこと!
Y字スパイラルもリンク半周。
スケーティングが少し上手くなったかな?
相変わらず体の柔らかさを存分に出した、美しいプログラムでした。

小月ちゃん
DOIと同じプログラムでした。
新横浜より近くでみると、イナバウアーなど細かい振り付けがよく音楽と合って見えました。

無良くんもDOIと同じ『マシュケナダ』
3Aきれいに跳びましたね!

瑠美ちゃんもDOIと同じプログラム。
腰、肩、腕と全身をよく使った、明るくかわいいダンスプロ。
何回でも見たいくらい、気に入ってます!

町田くん『白鳥の湖』っすか。
上から下にかけて白→濃いブルーのグラデーション衣装の肩には羽根が。
3A跳びました!
サーキュラーステップが速く激しく。
DOIのもSPっぽかったけど、こちらがSPなのかなぁ?

奈也ちゃんもDOIと同じ今季のEX。
3Loが音楽ときっちり合ってましたね。
野辺山でSPを見られるかなと思ってたのですが。
願わくは、全く違う雰囲気で新境地を開拓して欲しいんですが(^^;

小塚くん
シルバー衣装だったので、てっきりDOIと同じ『キャラバン』かと思いきや。

『…サタデーナイトフィーバー!』
そう、DOIパンフに書いてあった“トラボルタのように”とは、これのことだったのです!
(DOIではキャラバンの衣装が間に合わなくてこちらを着てただけなのかもね)

踊る踊る踊る 小塚くん!
しまいにはフェンスを飛び越え、客席前でまさしくトラボルタばりのダンス!
リンクに戻れば投げKiss!

何なんだ、今のはー!
どうしちゃったんだ、小塚くん!
今日、現場に来ている宮本くんから演技指導でもあったのか?(笑)
いやー、すごいもの見させてもらいました(泣笑)。
惜しむらくは、リンク外ダンスがテレビカメラから死角になってたっぽいこと。
カメラに向かってやらないあたりが、若さかなぁ(笑)。

鈴木明子ちゃんもDOIと同じく『タイタニック』
ストレートラインステップに入るときの“蹴り”は、フルサイズのリンクだから入れたのかな?
逆にDOIでは抜いたのか。

ここで30分の製氷休憩。
明子ちゃんは、たくさんの子どもたち(見事に子どもばかり)に囲まれて出て行けず、結局全員のサインに応じていました(^^;。
優しい~。

一旦送信。続きはまた書きますね。

---------
【追記】
続きの第2部はこちらにモブログしました。
野辺山旅のことはこちら。
併せてお楽しみいただければうれしいです。

---------
現地で同じように御覧になられていたDotaさんいしきちさんPlutakeさんハセケンさんのブログにTBします!

飲酒運転はイカンよ…織田くん

もう眠いので携帯メールにて。
やっぱり、触れないわけにいかないと思うので。

今朝、出勤前につけてたテレビでの
「フィギュアスケートの織田信成選手が、酒気帯び運転で検挙されたそうです」
という一言が、第一報でした。

『うぇぇぇぇ?!いや、そっくりさんとかでなしに?』
詳報を追おうと思ったけど、その後は別の話題が続き(それはそれで衝撃的だったんだけど)、時間切れで出勤。
それ以降、ニュースを見る暇もなく過ごして夜、帰宅。
携帯電話には関連ニュースが午前中から次々入ってて、
テレビでは、関西大学で開かれた、織田選手の涙の記者会見が報じられていました。

やっぱり、間違いではなかったか。
正直、人違いであって欲しかったですよ。

今、飲酒運転に対する世間の目は、とても厳しくなってきてると思います。
飲酒運転死亡事故や、そこから端を発した危険運転致死罪の施行、飲酒運転でのひき逃げ、アルコールが抜けてからの出頭など大きな話題になってますからね。
わずかであっても、酒気帯びでの運転は良くないです。
(ちなみに、自転車でも酒気帯び運転はご法度ですよー)

それでも、彼が無名の選手だったら、ここまでの騒動にはならなかったでしょう。
国内トップクラスの、国際大会でも上位を狙って競技するレベルの選手ともなれば、関わる人間、支える人間、期待する人間もたくさんいる。
あらゆる方面から人、お金が彼に向かって動いてる。
既に、一般人ではなくなってることに気付いてて欲しかったと思いますよ。

来週にも日本スケート連盟が会議を行い、処分を検討するとのこと。
織田くん本人は、明日からの野辺山ほか、アイスショー出演は自粛し、当面は自宅謹慎。大会出場は日ス連の判断を仰ぐとのこと。
これは仕方がない流れかなと思います。

今の段階ではどうなるかわかりませんが、
悪かったことは素直に認める姿勢を示してますからね。
今回のことで彼のすべてを否定する意見があるとしたら、残念です。

今後の行動を長い目でみて、是非、“やり直し”の機会を与えてあげて欲しいと思います。


…こういう形で今季が読めなくなるとは、夢にも思わなかったですよ。
ちょっと、なんというか、重たい気分です。

野辺山に誰が出るか?

28日の野辺山サマーフェスティバルに、
安藤美姫、浅田真央、高橋大輔の各選手が出ることが報じられてます。
>>デイリースポーツ

これがニュースになるってことにまずビックリなんですが(笑)。

美姫ちゃんはモリコロにも出る予定とのこと。
やっぱり、名古屋のショーだもんねぇ。
EXは何をやるんでしょうね?
春のCSOIにゲスト出演した(Toronto, Hamilton, Kitchener, Winnipeg, Saskatoon, Edmonton, Calgary)時は「I Believe」だったそうですが、
野辺山以降は新しいEXか、あるいは新しいSPの披露があるといいですね。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

早稲田ウィークリーに章枝ちゃんインタビュー

『早稲田ウィークリー』に、村主章枝選手のインタビューが掲載中ですね。
>>早稲田ウィークリー

「大学を卒業した後に、関わりを強く感じる」という趣旨の話、
なるほどなーと思いました。
私も、今の職場にきてから色んな人たちと接しましたが、
そのうちの一人が私より20年くらい前の先輩だったとわかった時は驚きましたから(笑)。

今、大学生活と競技生活を両立させている選手たちも、
いずれこういう心境になる日がくるのかも。

ともあれ、まずは章枝ちゃん、今の日々を大切に送ってほしいなと思えるインタビューでした!

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

DOI 2007テレビ放送を観ましたよ

…恐いものみたさで(爆)。

生で2回も観て十分満足してたので、テレビ放送を観るのは、プログラムのタイトルなどの「確認」のようなものだったのですが。
とりあえず、知ってるのに曲名がわからなかった瑠美ちゃんのがわかったのが、いちばんスッキリしました(笑)。
14日の感想のところに緑字で追記しました)

真央ちゃんがドイツで氷上&バレエ練習してるの思いっきり放映してましたが、
あれ、実際に出演してても放送したんでしょうかねぇ?
…時間使って放送したような気がします(笑)。
とりあえず、となりで一緒にバーレッスンしてる舞ちゃんにも触れてあげて。舞ちゃんだって出演予定だったんだから。

美姫ちゃん特集もありましたけど、
それにしてもまさかここでワールドのダイジェスト観るとは。
でも、基本的にナレーションがキモいので、録画だったら飛ばしそうなところは音量オフにして観てました。
「笑顔さんさんナナ拍子」って、「奈也」とかけて上手いこと言ったつもりかねー。鼻でせせら笑っちゃうセンスだわ。

ゲストの荒川しーちゃん、かなり痩せたように見えました。
だいぶ頬がこけていたような。
FOI、来月でしたよね? 準備に奔走しているのでしょうか。

まぁともあれ、ゴールデン枠で2時間放送されるというのは、たいしたことだと思いました。

今日の新潟地震

未だ交通網は正常に戻りきらず、死者も出ているとニュースでみました。

さっき、茨城県でも震度3くらいの地震があったとのこと。
京都沖が震源だそうですが、北海道から近畿までかなり広範囲で揺れたようです。

今後被害状況がさらに明らかになるでしょうが、
まずは被災された方々にお見舞い申し上げます。

現地より、DOIただいま終了!【しょうもない画像追加あり】

まだ帰宅途中です。

各スケーターのプログラムについては14日の分の感想をご覧下さい。

補足として今日の出来事。

今日は氷が悪いのか固いのか、へんなところで足をとられたり、つまづいたり、ジャンプ転倒するスケーターが多かったかも。
最終日だから疲れてたのかもしれませんが。

南里くんの【猪木】は、ショートサイドに出て「元気ですかーっ?」をやる時、ちゃんとリングのロープをくぐって出てました(笑)。
この時ちょっとふらついてましたね。
終わった後はリンクサイドからマイクを取り出し、南里くんの発声で「1、2、3、ダーッ」のマイクパフォーマンスを客席も皆やりました。
最後まで猪木を演じきりましたね(笑)。

中庭くんの【マンボ】は、土曜日より盛り上がりました!
要所要所に「健ちゃん♪」と合いの手を入れてた人たちがいましたよね?
効果音ではないと思います(^^;

土曜日にはなかったアンコールは友加里ちゃんから毎回ありました。
友加里ちゃんは昨年のエキシビを一部、 織田くんは今回のエキシビの曲で3+3+2や前後開脚、
キムヨナはリフレクションでイナバウアーから2A、
デンスタは椅子プロをなんとフルで!
ステファンはフラメンコの最後のステップから。感激~
雪ちゃんたちは昨年のエキシビの一部、
大ちゃんは昨年のフリーの後半。

フィナーレのダンスはやはり皆バラバラ(笑)。
終わった後、中庭くんのマンボの曲で、
日本シニア勢(全員?)と明子ちゃん友加里ちゃん…あと一人失念(さつきちゃん?章枝ちゃんではなかった)が曲に合わせて腰くねくね&振り向きという即興パフォーマンスを(笑)。
その後シンクロやジュニアが中心にサークルをやり、そこにシニア勢も加わって(接客サービス中の章枝ちゃん除く)大きな円をやりました。
中庭くんのマンボの曲にのって中心で手をひらひらさせ、音頭をとっているのは織田くん(笑)。
その後の横一列の挨拶では、章枝ちゃんも何とか加わってました。
下がるとき、織田くんは助走なしで狭いとこでダブルくらいのジャンプ跳んでましたね~。スゴい。

ところで、エンディングテーマですけど、何気に「Dreams on Ice」って歌ってますよね?
後半、いろんな映画の歌の寄せ集めと思ってたんですけど、
去年も同じだったような気がするので、どうやらDOIオリジナルではないかと。
(もちろん歌ってるのはマキシム・ロドリゲスとヨランダ・クエスタ)

そういうわけで、すごく楽しいショーでした!
皆さんお疲れ様でした。
今季これからの各自の活躍を応援します!

お話ししたスケート仲間さん達も、皆さんどうもありがとうございました。
以下、その時の思い出画像です。
当たり前だけど、スケート画像じゃないですよ(笑)。
期待した方スイマセン。
【“現地より、DOIただいま終了!【しょうもない画像追加あり】”の続きを読む】

Dreams on Ice 2007 最終日【現地から】

台風一過の後は地震と、外国スケーターには【日本】の怖さを体感することになったDOIも最終日。
前半終わったとこです。

今日は疲れか氷が固いのかジャンプ転倒する選手多発。
でも、盛り上がってます!

あとは新潟方面での地震の影響が心配なところです。

台風一過

20070716102402
予想より早く台風が関東を過ぎて良かったです。

いま新横浜に移動中なんですけど、
なんと【地震予知情報が入りましたので運転を見合せます】とのこと!

で、本当に地震があったようなんですが、運行に支障ないそうで発車されました(^^;

この予知情報システムは導入されたばかりなんでしたっけ?
初めて聞きました。

Dreams on Ice 2007【7月14日の感想】

7月14日(土)の、初日の感想を簡単に書きました。
まだ今日明日と公演がありますので、鑑賞予定の方は以下、御覧にならないほうがいいです(笑)。
サプライズはご自分の目でご確認を♪

【“Dreams on Ice 2007【7月14日の感想】”の続きを読む】

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

Dreams on Ice 2007 初日終わって…【現地から】

DreamsonIce2007プログラム【2007/7/15 DOI2007初日の感想を書きました】

友達と食事してからまだ帰宅中ですがちょっとだけ。
【送信してから30分たっても反映されなかったので再送したものを修正してます。その後さらに1時間してから最初の分が反映されたので削除しました。混線か???】

初日のDreams on Ice2007は、先に書いたように
事前に欠場情報があった浅田姉妹やリード姉弟のほか、美姫ちゃん亜紀ちゃんも怪我で欠場という状態でした。

今のうちに休めば何とかなる怪我だといいですね。

さて、一応終了時刻はほぼ予定どおりだったし、
寂しくなるかなと思われたショーも、出場選手はそれぞれに楽しませてくれました。

各スケーターについてはまた改めて書きますね。
せっかくの来日が台風直撃となる外国スケーター達には、雨で不快な滞在にならなければと思います(^^;

気になったのがパンフレットなんですが、
多分、表紙だけ先に刷っておいて、浅田姉妹やリード姉弟欠場を確定直後に特急印刷にかけたんじゃないかなと思います。
浅田姉妹もリード姉弟も載ってなかったけど、美姫ちゃん亜紀ちゃんは掲載されてましたからね。
カラーでも中綴じで急げば出来なくはなさそうですもんね。
(モノクロ印刷なら1日でやってくれる印刷所もありますしね)
印刷業界の方、違ってたらご指摘を。

今回、目当ての選手が欠場したファンにはお気の毒なことでした。
私も、DOI初お目見えのリード姉弟は観たかったですよ。
でも仕方ないですから。

横浜の花火大会を楽しみにしていた方もいらしたかもしれないですが、
こちらも台風のため今年は中止と、横浜方面行きの交通機関でアナウンスしてました。

明日からあと3公演ありますが、出場各スケーターさん達には、いいパフォーマンスとともに、新たな怪我を作らないよう、期間中の無事を願っています。

Dreams on Ice 2007【現地から】

そういうわけで、再開発も終盤(?)の新横浜に来ておりまーす。

あいにくの台風で
しかも真央ちゃん舞ちゃん美姫ちゃん亜紀ちゃん欠場というスゴい状況ですが
(仕方ないです)
開幕目前、楽しみです!

日米対抗戦=International Counter Match Competition

ISUサイトでのスケジュールからコピペ。

6 - 7 Oct International Counter Match Competition
Ladies, Men (Invitational) Yokohama, Japan

10 - 14 Oct US Figure Skating International Challenge
Ladies, Men, Pairs, Ice Dance(Invitational) TBD, USA


というわけで、5月20日の記事で書いた「日米対抗戦」、やっぱりやるんですねー。

横浜のどこだ??
やっぱり横浜アリーナよね?
新横プリンスじゃさすがに今じゃ狭すぎるしねぇ。
(2年前の2005ジャパンインターナショナルチャレンジは10月初めに東伏見でしたが、トリノ五輪前でしたからね)
2週連続ってのがまた何と言うか…。
誰が出るのかは、正直誰でもいいので、脇に置きます。
両方に出る選手がいそうですが、選手が壊れないといいんですけど。
それもまた経験なのかもしれないけども。

…すごいねー。もう秋だ。
私はもうついていけてないです(^^;

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コピ1からコピ10へ?!

「モノ話」として「屋根裏部屋」ブログに書こうかとも思ったんですけど、
フィギュアスケート放送で御世話になるのが最も多いのでこちらに。

総務省は、現在デジタル放送番組のDVDへのコピーを1回にしている制限を、10回に緩和する案をまとめたそうです。
うまくいけば、来年にも対応機器が商品化される見通しとのこと。
>>毎日新聞

【“コピ1からコピ10へ?!”の続きを読む】

プルシェンコ、ドイツで両膝手術。

なんか先日からプルシェンコの話が続いてますけども(深い意味はないです^^;)
デイリースポーツによれば、12日にミーシンコーチが明らかにしたところによると、
プルはドイツで両膝の手術をしたんだそうです。

7月1日にここで書いたとおり、プル本人は今季ロシア国内、ヨロ選、世界選への出場を目標に復帰する意欲をみせているそうです。
ですから当然、それに向けての手術なのでしょうが、
ミーシンコーチ曰く、今のところいつ練習復帰できるかはわからないそうです。

『手術したてで、そんなんわかるかぁっ!』とツッコミ入れたい気持ちはさておき、
これで、本人が納得いくまで競技生活を続けられるだけの調子に戻せるといいですよね。
(納得いくというのは、いろいろな意味を含みますが)

怪我といえば、11日だったか、仕事で必要でネットに繋いであるパソコンを借りたら、
HOME指定してあるヤフーのヘッドラインで浅田姉妹の怪我とDOI欠場のニュースが出てるのに驚いちゃったんですけどもね。

それだけ大きなニュースなんだなーっていうのと、既に主催側に選手側の意向が伝えられていたわけで(その記事はコレ)『ようやく決定&発表か~』という、開幕直前のギリギリ感に「やれやれ」というのと、両方ですね。

ワタクシ、競技に妨げが出るくらいならショーに出ないでもらいたいと思ってますので、
「え? 真央ちゃんDOIに出ないの?? ショックー!」っていう気持ちがないもんでね。
クールマイヨール合宿も控えているわけで、そこで氷に乗れるか乗れないかはさておき、
アマチュア選手はあくまで競技優先でいってほしいというのが、私が思うところであります。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

やっぱりシーズンオフなんだなと思うこと。

9日(月)の管理人、3月末に引き継いだ仕事の総まとめというデカイ仕事を終えて、週明けからいきなり完全燃焼状態…
脳というか、首の後ろが熱くなってて、新しく物事をひらめくような状態ではない感じ。
というわけで、それが終わったらざざっと片付けだけして、報告書等の後処理は明日に回して帰ることに。
正直帰るのすら面倒だったので、よっぽどホテルに泊まろうかとも思ったけど『せっかく泊まるなら週末!』と思いなおし、素直に帰宅しました。
だって、また明日朝から仕事なのに、今日なんか泊まったら、ただお風呂入って寝るしかないもんねぇ(笑)。

頭使わない作業ってことで2006全日本男子FS第2グループをこの一つ前のエントリーに追記しましたが。

なぜ筆が進んだかというと、帰宅後テレビつけたら、織田くんが出てたからです。
【“やっぱりシーズンオフなんだなと思うこと。”の続きを読む】

第75回全日本フィギュアスケート選手権大会 男子FS【第2グループまで】

“今更”更新ですが、2006全日本選手権レポの続き、男子FSの感想です。
例によって忙しいけど少しずつでも更新したいので、まずは第1グループだけ。
この記事の後に続けて記載していきますので、時々チェックしてください。

女子SPに続いて男子フリースケーティング(FS)。

◆男子FS◆

FSもSPと同様、“テクニカルスペシャリスト:天野 真”“アシスタント・TS:竹内 洋輔”。

▼本田 瑞希(東洋大学)
『レジェンド・オブ・ゾロ』
相変わらず、シットスピンがすごく良かったですね。
でも3SはSP同様微妙でステップアウト。
2Lz+2T+2Tや3T+2Tはよかったです。
東京ブロック選手権男子FSは間に合わなくて観られなかったので、ちゃんと観れてよかった。

▼浪岡  樹(東北福祉大学)
『キダム』
3Tの着氷がちょっとおかしかったかも。
シットスピンで回転が遅くなりステップシークエンス前に後ろにバランスを崩しかけステップでは上半身が動いてない。
…あえて読点なしで並べてみましたが、こんな感じにスピードも覇気も乏しい演技でしたね。
スタミナの問題なのかも???

▼鳥居 拓史(明治大学)
『LORELEI』
3Lz転倒残念~。
3F、3Sはコンボ含めて2回ずつでしたが、決まってましたね。
ただねぇ、滑走時間が4分51秒だったんですよ。
男子FS滑走時間は4分30秒(前後10秒OK)、10秒オーバーごとに1点減点されちゃいます。
ということでタイムバイオレーションに転倒で最終的に減点3。
もったいなかったです!

▼栗村 裕太(東洋大学)
栗村くんも東京ブロックのFSには間に合わず観られませんでした。
どんなのかなと思ってたら『…リバーダンス!!!』
うーん、とりあえず、ジャンプでたたみかけるも軒並みミスありの状態(ディダクション3)。
曲とは無関係な感じになっちゃってましたね。
スピードがなく感じたので、それもあったのかなぁ。残念でした。

▼鎌形 啓輔(東洋大学)
『バンヘルシング』
3Lzや3Fなど難しいジャンプを入れていたんですけど転倒が多く(最終的にディダクション4)、それでプログラム表現どころでなくなり、時間が長く感じられてしまいました。
残念でしたね。

▼木村 亨(八戸GOLD F.S.C)
『Caravanより』
ステップアウトが多かったかなという印象。でも転倒はなかったので流れが途切れることはなく、
そのためもあってか、“フリープログラム”としてのまとまりはありましたね。
音にも結構合っててよかったと思います。
キャメルからドーナツ風に長方形スピンに入ったときは、ちょっと心おどりました(笑)。
やるなぁ。がんばったなぁ~!!

----------
■男子FS 第2グループ以降は以下に続けて記載予定です■
>>2006全日本選手権 公式結果
2007/7/9 第2グループ追記しました
【“第75回全日本フィギュアスケート選手権大会 男子FS【第2グループまで】”の続きを読む】

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2014冬季五輪 開催地決定

携帯から。

ロシアのソチに決まったんですねぇ。
さっきテレビで言ってました。
携帯ニュースはまだ配信されてないようですが。

1日の記事で書いたとおり、招致活動に協力していたプルシェンコにとって、
今季に競技会復帰する幸先よいニュースとなりましたね。

--------
【追記】
毎日新聞貼っておきます。
それにしても、リゾート地なのはいいけど、競技施設や交通関係をこれから整備するっていうのが、いささか不安な…。

「あと7年もある」「あと7年しかない」
夏季冬季問わず、こういうのに国民性が表れますよねぇ(笑)。
(思い出すのはアテネ五輪でのギリシャ国民ののんびりっぷり)

真央ちゃん負傷?

携帯ではビューワー通さないと読めないソースですが、驚きのニュース。

デイリースポーツによれば、浅田真央選手が怪我のため、今月のDOIに出ない方向で動いているとのこと。
http://www.daily.co.jp/general/2007/07/04/0000436022.shtml

怪我の程度が定かでないのですが、
アイスショーより、競技会優先で大事をとってもらいたいと、関係者同様に私も思います。

プルシェンコ今季中に復帰?+アポカリプティカ

デイリースポーツなどによると、やはりプルシェンコは今季中の競技復帰をしてくるようですね。

ロシア国内とヨロ選、ワールドには出たいと本人が明言してるそうです。
「TBA」となったままのGPSロシアに出てくる可能性もありますね。

プルシェンコは2014年冬季五輪の開催都市に立候補しているソチ(ロシア)の親善大使を務めていますが、
その開催地がどこになるのか、今月7日に決まります。
【おっとー、日本時間では5日でしたよね^^; 朝日新聞サイトの記事が位置関係わかりやすいかな?】

さて、プルシェンコにとって、幸先よい結果が出るのか否か??

---------
こちらは、ナタリーという音楽ポータルサイトから。
アポカリプティカが9月にリリースする次のアルバムで布袋寅泰と共演するという話題なんですけど、その中に気になる記述が。

最近ではフランスの男子フィギュア・スケート選手、ブライアン・ジュベールが国際大会のフリー演技で、彼らの楽曲を使用したことでも話題となり


おお、こんなところでフィギュアスケートの話題。
どこで話題になってたんだ?
メタル業界で話題になってたんですか??
へぇぇぇ。ほほぅ。今更ながら感心するなぁ。

しかし、BMGでの彼らのプロフィールにはこうある。

また最近ではフランスの男子フィギュア・スケート選手、ブライアン・ジュベールが国際的な大会のフリー演技で、続けてアポカリプティカの楽曲(「Nothing Else Mattersy」「One」「Creeping Death」「The Unforgiven」など)を選曲していることも話題となっている。


とりあえずISUバイオでのジュベール2006-07シーズンFSの構成は下記のとおり。

Enter Sandman by Appocalyptica plays Metallica
The Unforgiven by Appocalyptica plays Metallica
Nothing Else Matters by Appocalyptica plays Metallica
O Verona from Romeo and Juliet soundtrack by various composers



何が間違ってるとかって話じゃないのよ。
ただ、「One」と聞くと、私にとっては同じく2006-07シーズンの、
スザンナ・ポイキオのSPなんだよな~。

One by Apocalyptica


↑ほら、ISUバイオにもきっちり書いてあるんだから。
同じフィンランドの選手なんだから、チェックしといて欲しいわ(泣)<アポカリプティカ関係者さん達
とりあえず、滑ってるのを見ている時にはまったく気にしてなかったけど、あらためて見ると、
スザンナとへヴィメタって全然接点を感じなくて不思議(笑)。
そりゃ楽器はチェロかもしれないけど、ヘッド・バンキングしながら演奏してるんだぞ。

スザンナ、今季どんな選択してくるんでしょうねぇ。
それも気になるとこですねー。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2007-08カート・ブラウニングのショー予定

先月41歳の誕生日を迎え、ますます活躍中のカート・ブラウニングの今季のショースケートの予定を少し整理しますね。

■Kristi Yamaguchi Friends and Family
Live Show Date: Saturday, September 29, 2007
Live Show Location: US Airways Center in Phoenix, Arizona

【CAST LIST】Kristi Yamaguchi、Nancy Kerrigan、Ekaterina Gordeeva、Rory Burghart、Viktor Petrenko、Ilia Kulik、Michael Weiss、Jozef Sabovcik、Jenni Meno & Todd Sand、Isabelle Brasseur & Rocky Marval
【HOSTS】Kristi Yamaguchi、Kurt Browning
【ENTERTAINER】Cheetah Girls

--------
カートはホストってことになってるので、もしかしたらほとんど滑らないのかも?

スゴイのが、女性スケーターがみんな「経産婦」なんですよね。
出産のためのブランク、体調の変化、そしてもちろん日々の子育て。
子育てについては男性スケーターも含まれますけどね。
それぞれそういった経験をして、再び氷上に戻ってきているわけです。
人に見られる、魅せられる状態に調整する、その裏には大変な努力が隠されていると思うので、すごいなと思います。
Isabelle Brasseur & Rocky Marvalの新しい挑戦も見どころですね。


■Smucker's presents Kurt Browning's Gotta Skate
Live Show Date: Wednesday, October 10, 2007
Live Show Location: Hershey Centre in Mississauga, Ontario

【CAST LIST】Kurt Browning、Sasha Cohen、Jeffrey Buttle、Evan Lysacek、Joannie Rochette、Shae-Lynn Bourne、Marie-France Dubreuil & Patrice Lauzon
【ENTERTAINERS】The Temptations、Boyz II Men

----------
早いものでもう7回目のGotta Skate。
私は1回目と4回目をライヴ観賞したことがあります(感想や写真を御覧になりたい方はこちらをどうぞ)。

すごく興味津々の豪華メンバー!
そろそろまた観に行きたいのですが(思うだけなら毎年思ってますって!)、またしても平日開催。しかも開催地は乗り換え必須。
平日連続で休むと職場が機能しなくなる時期だからなー……(遠い目)。

---------
以上は「Disson Skating」からの情報です。
【“2007-08カート・ブラウニングのショー予定”の続きを読む】

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2007-08シーズンに突入!

…ということで、日本スケート連盟サイトが更新されてます。
「7月1日」と予告されていたけど、
てっきり朝の活動時間帯になってからと思いきや、
もしかして日付が変わって7月1日になると同時に更新?
すごいね~、土日なのに。
そういうこちらもウィンブルドン観るので眠いけど起きてましたが(笑/ちなみに杉山vsシャラポワ戦)。

画面構成もリニューアルされてますね。

競技会予定強化選手一覧も更新されてます。
国内競技会結果は、こちらに順次更新されるはず。
NHK杯と全日本はこちら。
楽しみですね!

【競技会予定は下記のとおり】

【“2007-08シーズンに突入!”の続きを読む】

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ