FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

ウェルサンピア倉敷リンクの危機【続報】

2月2日のブログでも書いたとおり、岡山県のウェルサンピア倉敷が、3月末での営業停止危機に直面しています。
スケートリンクも例外ではありません。

今日昼、ケータイにニュースアラートが入ったんだけども、その件の詳報が読売新聞岡山版にありました。
----------

韓国で開かれたフィギュアスケート四大陸選手権で初優勝した高橋大輔選手(21)の育ったスケート場として知られる倉敷市の保養施設「ウェルサンピア倉敷」が、3月末で一時閉鎖する。全日本などの大会に使われる県内唯一の公式リンクで、選手を目指す子どもたちや関係者は「リンクをなくさないで」と切望し、存続を求める団体を結成。19日、市に支援を求める陳情書を提出する。

 ウェルサンピア倉敷は1992年、社会保険庁が被保険者らの保養施設として建設。地下1階、地上6階に、スケートリンク、テニスコート、グラウンド、プールなどのスポーツ施設のほか、結婚式場や会議室もある。

 同施設を所有する社保庁所管の独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(東京都)によると、2006年度の利用者は22万人。中でも、毎年11月~4月にオープンするスケート場(幅30メートル、長さ60メートル)は、県内唯一の公式リンクとして、フィギュアやスピードの選手、地域の子どもらが、慣れ親しんできた。

 県スケート連盟(倉敷市)によると、同施設の開館以来、県内のスケート人口は増え、登録選手は現在約200人。1月のインターハイ女子学校対抗で倉敷翠松高が優勝するなど、レベルも上がっている。競技の練習には、岡山市の岡山国際スケートリンクも使えるが、公式用よりも小さいため、全国大会の前などには、選手たちはウェルサンピア倉敷で調整練習をするという。

 ところが2005年、社保庁が年金保険料を流用して保養施設を建てたとして批判され、それら全国302か所は廃止・売却対象になった。その一つ、ウェルサンピア倉敷を現在運営する厚生年金事業振興団は、3月末で受託期間が終了。このため、同機構は今月1日、同施設の土地、建物を売却しようと入札を行ったが、参加者はなかった。

 同機構は、企業や学校法人など売却先を全国で調べ、今回3億5300万円とした最低価格を見直して、再び入札を行う方針。それでも、官報、受け付けの手続きなどに少なくとも数か月かかるという。

 これに対して、利用者たちは運営継続を強く望み、選手や保護者100人余りが今月11日、「倉敷のスケートリンクの存続を願う会」(前田晶代代表)を結成。19日、倉敷市に、同機構が早く再入札を行うよう市として要請すること、存続できるよう市も支援することなどを求め、陳情書を提出する。

 フィギュアスケートで2007年11月の全日本ジュニアで男子8位だった倉敷市立連島中1年、田中刑事君(13)は「同じリンクで滑っていた高橋選手が目標で、小1から通ってきたのに。地元からリンクがなくなると困る」と心配。1月のインターハイ女子学校対抗で優勝した倉敷翠松高1年、大熊奈生子さん(16)も「みんなが岡山のリンクへ行ったら、混雑して練習しにくい。ぜひ残してほしい」と願っている。

 同連盟の藤井康男理事長(53)は「競技に向けて練習できるリンクが二つあることで、子どもたちが切磋琢磨(せっさたくま)し、全国で見ても岡山は強くなってきた。閉鎖されれば選手数が激減し、レベルも下がるだろう。この施設を倉敷市の財産として残してほしい」と話した。
(2008年2月17日 読売新聞)


-----
スケートリンクがなくなるのがどういうことか、選手並びに関係者のみならず、
スケートファンにも想像つくことと思います。
社会保険庁の無駄を減らすことは重要だけども、では整理対象となった施設を全て終わらせるというのも、ずいぶん融通がきかないものだなと思います。

手続きを早くして再入札にかけて、それがうまくいって来季再びリンクが再開される。

それが今のところの理想でしょうか。
願いが通じるよう、陰ながら祈ってます。

「エンゼル」か「エンジェル」か

「プレゼンティン」か「ぷれじぇんてぃん」か。
…いや、放送観てて思ったんですけどね。
子音がたくさんあって、英語を発音するには日本語ネイティヴの人より有利と聞いてた韓国語だけど、こういうこともあるのねぇ(笑)。

2008四大陸選手権もペア、アイスダンス、男女シングル競技が終了して、あとはエキシビを残すのみですねー。
>>結果ページ

テレビニュースで日本男子SPとFS、女子SPとFS、とりあえずは観ることが出来ました。

男子SPの時のアイドルコンサートばりの声援、若干美化やデフォルメの入った、まんがチックなバナーの数々…(笑)。
あの中にいてみたかったなぁ。でも隣や後ろが叫ぶ人だったら観戦には相当な集中力が必要だったかも(苦笑)。

地上波の放送は速報的なものとして観賞。詳しくはJ Sportsを観ることにします。
アイスダンスやペアもありますしね。
それでも、いち早く観ることができてよかったです。
プロトコルも観ましたが、女子SPトップ3の3+3はみんなセカンドがダウングレードって厳しいですね。
美姫ちゃんのは明らかに足りてなかったように見えたけど、真央ちゃんのループやジョアニーのトゥは大丈夫なように思ったんですけどね。
章枝ちゃんのルッツはSPもFSもeマークついてなくてよかったけど…それに気をとられたのかFSでのフリップコンボが~~~。
そしてサルコウは成功って、全日本もそうでしたよね。
長いトンネルに入ってしまったのかなぁ…。

真央ちゃんはどこまで行っちゃうんでしょうね。
1月31日にはこう書いたけど、世界選手権に向けて、ISU国際大会でSPとFSをそろえることが出来たのは、大きいことだと思います。
新しい衣装はSPもFSも素敵ですね。特にFSは絶対新しい衣装のほうがいい!!! 少なくとも前のよりはいい(爆)。
次はどんな難しいアレンジをしてくるのか、3Aコンボか、ステップインにしてくるのか、それともさらにステップシークエンスを複雑にしてくるのか???
ひざのクッションを使って気持ちよく滑るのは以前からそのままだけど、「また観たい」「もっと観たい」と思わせてくれる幸せ感。
一時『方向性間違えてるんじゃ…』と危惧したこともあったんですけど(大人っぽさの解釈の違いというか)、今はそういう気持ちは無いですね。

美姫ちゃんはあれかねぇ、もう何も語らず考えずのほうがいいんじゃないのかなぁ。
まぁとにかく、キスクラではどんよりしてなくて良かった。

キムヨナが欠場したけど、ちゃんと最終グループに自国選手が入った女子シングル。
キムナヨン、初めて観ました。まだ垢抜けてないけど、なかなかいいですね。
FS4位と大健闘!
SP12位と苦戦したアシュリーも、FSだけなら5位とがんばりましたねー。

台湾って長い名前つけるのが流行ってるんでしょうか?
総合15位のMelinda Sherilyn WANG、SP落ちしたけどCrystal Wynewyne KIANG、Tiffany Ting-Ye WUとか、3人そろってスゴイ…。
全然関係ないけど、野沢直子の子供の名前が「しんじゅ(真珠)」ってのをなぜか思い出しちゃいました。

あとブラジル勢を見てみたかったな。
やっぱり会場に行かないとダメですねぇ。