FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

【結果良ければ全て良し】…かな?

昨日26日は新宿でお買い物して食事して新横浜でPIW観てお食事したという、長い一日でした。
ああそう、全く洗濯日和じゃなかったけど、出かける前に洗濯機2回回しました。
この週は風邪で不調だったけど休む暇もなく、さらに仕事の付き合いで呑むことが2回もあったからもうヘロヘロで、洗濯物たまってたので仕方なく(まさかあんなに雨が降るとまでは思わなかった…)。

新宿から新横浜に向かっている途中で、「織田くんがアメリカ出発前に成田空港で記者会見をした」というニュースはケータイに入ってきてたんだけど、ヘッドラインだけだったので、実際、アメリカが最終地なのか、そこからカナダにでも経由して行くのかまではわかりませんでした。
気持ちはPIWに向かってたのもあったし、眠かったので(笑/ワタクシ、電車乗ると寝てしまうんですよ)それ以上調べもしませんでした。

そしたら、夜フツーにテレビニュースで記者会見の様子が取り上げられてましたね。

織田くんまでモロゾフかぁ。
高橋くんと同じ関大リンクだし、日本で練習する時まとめて指導しやすいってことはあるかもしれないですよね。
あと、選手のモチベーションを高めてくれる点は、安藤美姫の例がありますね。
アップダウンが激しくてちょっと極端な例だけど。

ただやっぱり、ナショナルであれインターナショナルであれ、順位を競ってるようなレベルの同じカテゴリの選手が同じコーチの下にいるというのは、先のことを考えると、波乱含みだなーと思います。
普段の関係がどうであれ、やっぱり、氷の上ではライバルだと思うから。

佐藤信夫&久美子門下しかり。
リニチュク&カルポノソフ門下しかり。

佐藤門下では村主、安藤、荒川と重なったり、村主、中野と重なりましたよね。
現状どうなってるか、皆さん御存知のとおり、中野さんだけ残ってますね。
リニチュク&カルポノソフ門下では、グリシュク&プラトフにクリロワ&オブシャニコフ。
グリプラが出て行きました。

織田くんの再出発をプッシュするには、強力な支えになるでしょう、モロゾフは。
ただ、先週ジャパンオープンで高橋くんの演技を観たばかりなので、果たしてこのことを、あの時大ちゃん知ってたのかどうか、それは気になるところです。

なんでここで高橋くんが出てくるかというと、今日27日(日)、「N響アワー」の中で、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」 を聴いたから。
言わずと知れた、2007-08シーズンのフリーの曲ですね。
2008世界選手権の演技、それから先日のJO2008の演技。

N響アワーで聴きながら、大ちゃんのプログラムを思い出しながら思ったんですよ。
いっそ高橋くん、モロゾフを離れてみてはどうだろう??
今季のSPヒップホップスワンは間違いなく大ちゃんの代表作の一つになったと思うけど、FSは昨季のオペラ座から今季ロミジュリと、ちょっと似た傾向が続いててたと思うし。
来季、違う感じのものを用意してくるとは思うけれど、同じコーチと振付師でずっと続けるのがいいのか、それとも、違う風を取り入れたほうがいいのか。
来季はプレ五輪。世界選手権は五輪の国別出場枠取りで大事なシーズンだけど、まだ冒険はできると思うんですよね。
幅を広げる意味でも、振付師だけでも違う人にも頼めないものかなと。

まぁ、なんだかんだいって、来季それぞれがしっくりくる充実したシーズンになればいいなってことですね。

-------
上記で話が出たとこで、リニチュク&カルポノソフといえば、ベルビン&アゴストが移ってくることになりましたね。
>>USFSA

これまで10年ついてきたシュピルバンド&ズエワ門下には、ベルアゴのほか、ヴァーチュー&モイア、デイビス&ホワイトなどの若手が追い上げてきていたし、ベルアゴだってダンスではまだ若手だけど、近年、伸び悩みだったのも事実でしたからね。
巧いんだけど、何やっても同じで深みがない(爆)というか。
だって私、ベルアゴの好きなプログラム、未だに「サラエボ」ですもん。ジュニアとシニアを掛け持ちしてた時代の。2002長野世界選手権のプログラムですよ。
その後どういうふうに成長するか楽しみだったのに、だんだん『…あれ??』って感じで、残念だったんですよ。
ジプシーダンスなんかも好きだけど、プログラムだけの問題ではないと思ってます。
背景はいろいろあったでしょう。

だから今回移籍することになって、いい転機になればいいなと思ってます。
以前から観戦仲間には「ベルアゴはコーチを変えるか、せめて振付師だけでも変えてみたらどうか」と異口同音に言い合っていたし、まったく驚くべき話ではないですね。
今回の話を意外に思う人や、移籍に反対な人がどれくらいいらっしゃるでしょうか。
(いらしたら是非コメントください)

リニチュク門下といえば“蛍光色”問題がありましたが(笑)、それとて、2007世界選手権を観た方には記憶に新しいところで、意外にも(ゴメンだよ)、デンコワ&スタビスキもグレゴリー&ぺチュホフも渡辺&木戸さんたちも、衣装は普通の色でしたからねぇ。
まして来季のODテーマは“Roaring Twenties”、チャールストンやブルース等ですから。

来季のCDの課題も去年にはすでにシニアはViennese Waltz、New Quickstep、Paso Dobleと発表されてますしね。

コーチといえば、浅田真央選手のコーチもまだ決まってないですよね?
誰になるにせよ、各選手がそれぞれに充実したトレーニングや演技に繋がることになるといいなと思っています。