FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

Dreams on Ice 2008を観てきました!

DreamsonIce2008プログラムこのプログラムによれば、DOIって2004年からだったらしいです。
ああ、そうだったっけか。 もちろん毎年観ています。
今年は他に予定があったので、土曜日はそちらに行き、日曜日の最終公演を大学の友人と観てきました。

まさか、このショープログラムを入手するところからつまづくとは思いませんでしたよ。
開始15分くらい前に会場に着いたら、「売り切れ」だというんですよね。
急遽在庫を手配して、数十部を次の休憩時間に用意できるとのこと。
製氷休憩はトイレタイムならぬ「プログラムタイム!」
シンクロ終わって、通路まで売りにきてくれてたので無事に買うことができてよかったです。
別行動の友人の分も買うことになってたから安心しました。
表紙の紙が曲がらないくらい分厚くて固い。故にめくりにくい(笑)。

ショーは、DOI観てきた中でも過去最多といえるくらい、スタオベしました!
ここで7月1日からの新シーズンのSPかFS(のダイジェスト)かEXをお披露目する選手は多いので、もちろん期待してきました。
期待以上に、振付、それをこなす動き、ジャンプ等々、素晴らしいものを各選手、見せてくれました。

特に素晴らしかったのが、鈴木明子『リベルタンゴ』。
前半はゆっくりめのテンポ、ステップでは速いテンポ、それぞれに合わせた体の動きが、大人の余裕を感じさせました。
音の使い方が秀逸で、タンゴにふさわしいメリハリ、女の強さを見事に表現。
今この時期にこれだけの滑りができるのもまた素晴らしかったです。

小塚くんの新プロ、サンドラ・べジックできましたか!
エッジワークや身体の使い方に、カート・ブラウニングで観たことがあるような雰囲気があったんですよ。
帰宅後パンフレット見るとサンドラ・べジック。
なるほど納得。
いいです! これは何回でも観たいです!
こなれてきたらもっとすごいことになりそう。
3T+逆回転2T(?)のジャンプコンビネーションも、一瞬のことなのでビックリでした。

それからステファン・ランビエル+アントニオ・ナハロのフラメンココラボレーション。
北側のステージ上で音無しで踊るナハロ。
途中出てきて、ステージに上がるステファン。
そこから、ステージ上と氷上で繰り広げられる、ほぼ同じ振付のふたりのパフォーマンス。
昨年3月、東京世界選手権で披露された『ポエタ』、私は仕事の都合で間に合わず、生で観ることができませんでした。
その年の7月、新潟COIで初めて生で観ることができました。
その時、『私はこのフラメンコを観るためにきたんだ』と心底思いました。
いつもは、特定のお目当てのためというより、ショー全体を楽しみにして観に行くのですが、その時ばかりは、そう思いました。
感動しました。

その時の感動に近い感覚をおぼえたんです、今回の、振付師とスケーターの共演に。
『ポエタ』は今年4月のジャパンオープンでも生で観たし、もう見慣れたと思っていたのに、まだ奥があったとは。
素晴らしかったです。

ジョニーちゃんも、もうジョニー“ちゃん”とか“ジョニ子”とか(苦笑)呼んではいけないような、芯の強い雰囲気を漂わせていましたね。
『アヴェ・マリア』
ちょっと線が太くなったような気がしました。
太ったというのではなく、氷への乗り方に力強さが増したような。
世界選手権のメダリストになったことが、自信になって、それでかなぁ?

川口悠子&サーシャ・スミルノフ、悠子ちゃんの凱旋ショー出演ですね。
演目は今年2月にスイスで出演したArt on Iceで滑ったのと同じでしたね。
先日、友人を通じてビデオを観ることができたんですけども、
これもつい先日整理したばかりの2007東京世界選手権の頃のビデオと見比べると、ユニゾンの良さが全然違いますね。
来るシーズンも本当に楽しみになりました。
五輪前の、正念場のシーズンになることでしょう。悠子ちゃんの国籍問題も含めて。
最後のアンサンブルの時、サーシャだけ出てきていて、悠子ちゃんはいなかったと思うのですが、その前の自分たちの出番の時に怪我でもしたんでしょうか?

アンサンブルといえば、オープニングとエンディング、美姫ちゃん出ていませんでしたね。
これも体調か怪我の影響でしょうか。

大ちゃんのは、何か大音量というか重低音が爆音で響く(笑)パーカッション入りのタンゴ。
新SPだというのだけど、ジャンプはコンボは無しだったけど安定してました。
妖しいステップ、これを競技会で観るのは楽しみですね。

真央ちゃんのもタンゴ。
タラソワ振付のEXだそうです。
I字スピン、頭抱えスピン。
片脚ゆらゆらスネークや、多用されたトゥステップ。
それらがすべて、音をとらえていたのがさすがです!
これまでとはまた違う、新たな一面を見せてくれたと思います。
こんなにもパッションを感じさせてくれるとは。

今回タンゴ使った選手たち、全部違う雰囲気のタンゴで、それぞれに面白かったです!

最後のアンサンブル終わり、ステファン主導でシンクロのサークル。
そのまま渦の中心になって音頭とってるのが(笑)。
4月のJOでコツをつかんだ???

最終日最終公演終了後のお楽しみ、アンコールは、ニッポン男子と鈴木明子ちゃん。
男子たち、あっこちゃんを“女王様”のように恭しく崇め奉ります(笑)。
その後あっこちゃんからジャンプ合戦開始!
佐々木、羽生、無良、小塚、織田、南里、中庭、高橋と続きました。
いやー、面白かったです!(笑)

もう眠いので…順不同に端折った感想でごめんなさい。
人選に他意はないです。
しっかりしたのは後日書きます。