FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

Friends on Ice 2009【3日分の感想:後半】

さてFOI 後半第2部。
そうそう、第1部の後のことで書き漏れが。

今回、ショーそのものには出演しなかった“みやけん”こと振付師:宮本賢二。
リハーサルを客席から観ていた姿は見かけたのだけど、このまま裏方に徹するのか??

…違いましたねぇ。
バナーコンテストの時、選手出入り口のところでダンボール箱を開いた裏側に何か書いて持ってる人が。
ヤマト先生もいたんだったかな???
「賢二」だの「焼肉定食」だの「佐藤信夫」だの「冷やし中華はじめました」だの…(笑)。
よく見えない時もあったので違ってたらご容赦を。

さて、後半、第2部の感想は以下のとおりです。
思い返すと冷静さが失われ文章整理があまり出来ず…言っとくけど、長いですよ。スクロール大変でごめんなさい。
既にケータイでぱらぱら書いてる分と併せてお読みいただければ幸い也。
第2部も記憶をたよりに試聴・試聴。わかる範囲で曲とアーティストを入れてます。
【“Friends on Ice 2009【3日分の感想:後半】”の続きを読む】

Friends on Ice 2009【3日分の感想:前半】

もう一週間たってしまったのかぁ。
ショーの間は脳内麻薬効果が出ていたんだけど、終わる瞬間から寂しくてしょうがなかったです。
でも現実は待ってくれず。
仕事の荒波を乗り切り、ようやく冷静になってきたので、記憶を振り絞って感想書きます。

公開リハーサル(300人だったとか?)、翌日からの本公演2日間4回と合わせて5回も観てしまいました。
国内の同内容のショーを全回観たのは初めて。
だいたいいつも多くても初回と最終回の2回だからね。
どういう気持ちになるのか…とにかく贅沢なことには違いないです。

今回、ショーのパンフレットに出演順が印刷されていたので、メモの類は一文字もとってません。
ショーでも順番の走り書きくらいはしてたけど、あれは多少なりとも精神的に冷静で余裕があるから出来るんだと、よくわかりました。

公開リハーサルはスケーターが登場し、中央東向きに並んで集合写真を撮るところから開始。
キャー!!!!
カートだ! カートがいるよ! すぐそこに。
本物だよ~~~~。
ちょっともう、冷静でいることは不可能です。
目の前の出来事を目と耳で受け入れるので脳みそ精一杯です。

何年ぶりだろう、生カート。
2005年のCSOI以来だから…4年?
ああもうそんなになるのか。
忙しくてGWに合わせた休暇を取り難くなり、カナダが遠いものになっていたけど、まさか日本で観られるとはねぇ。
各スケーター一列に並ぶ…んだけど、カートは本田くんや有香ちゃんら他のスケーターとふざけてます。
ああ、本当にカートだ(笑)。

では以降、リハ含めて5回分全体の感想を、まず第1部から。
【“Friends on Ice 2009【3日分の感想:前半】”の続きを読む】

フレンズオンアイス2009~“フレンズ”の広がり

またしても携帯メールから。
移動中にちょっとずつまとめられるので。

何から書こうかと迷うけど、荒川静香フレンズオンアイスなので、“フレンズ”を。

今回の出演者、高橋大輔選手の復帰は大きなサプライズでしたけど、私にとっては先に“カート出演決定”がサプライズでした。

荒川さんと直接の“フレンズ”ではなさそう…いつ接点が?
ということで考えると、カナダやアメリカで共演豊富なシェイリーン、有香ちゃんはもちろん、
本田くん、小塚くん、ライサチェクも振り付けでつながりを持ってましたね。
カートがいるショーで、久しぶりに観る『レイエンダ』カッコ良かったです。


今回の10年ぶりの日本でのパフォーマンスによって、“フレンズのフレンズ”がホントの“フレンズ”に。
こうして、どんどん人脈は広がっていくんだなぁ。

あっこちゃんのFSも、シェイリーン振り付けですもんね。


バンクーバー五輪を控えていることもあってかカナダ色が濃かった今回だけど、
来年もまた、カナダ色濃くていいです(笑)。

『今回の来日が日本での最後の滑りかも』と、少しの覚悟はあったのだけど、
今回のつながりを機に、是非来年もカート、来て欲しいです!
今度はアンサンブルの振り付けも手掛けてくれないかな。


ショーが始まっても続いていたワクワク感は今や、寂しい気持ちに変わってしまいました。
自分がカナダまで見に行って帰ってくるのと、
カートが日本に滑りに来てくれて『今日(月曜)の便で帰国かなぁ』なんて送り出すような気持ちで、余韻に浸りきれずに翌日もう日常生活に戻るのと、こんなにも感じ方が違うかなぁ。

なんとなく受け身な感じがするからか?
海外まで行くのと比べて新横浜行くのは遠出した感覚あまりないので。

-------
これは友人と話してたことだけど、
シェイリーンやカートにまた来てもらいたいのもさることながら、
どうにかしてボイタノとつながり持ってくれないだろうか、荒川さん。
『フェルナンドス・ハイダウェイ』なんてやってくれようものなら、その場で倒れちゃうかも。

私の夏が終わってしまった…

↑ そんな大げさな(笑)。

フレンズオンアイス2009、今年の日程が終わりましたね。
ワタクシ今回奮発して、4回の公演すべて観に行きました。
さらにリハーサルも当たったので、三日間、新横浜に通いました。
贅沢しちゃったなぁ。

ちょっともう、何から書いていいか頭の整理がつきません。
カートのことだけでなく、他の出演者たちや、会場の雰囲気、照明、いろいろ。

おって書こうと思いますけど(今みたいに携帯メールではなくパソコン開いて)、ちょっと時間が必要だな。
リハーサル以降、日程中は変な脳内麻薬がたくさん出てたのか、含み笑いが止まらない有り様。
ショーのことを思うと『…んふ』とか『…へへ』とか。
我ながら怪しい。
さすがに行動まで怪しくはなりませんでしたが。

至福の時でした。
だって、あちらから日本に来てくれるんだもの。
カナダに行かなくて観れちゃうんだもの。
こんなにもショーの日を待ち遠しく、ワクワクしながら迎えたのは久しぶりでした。
やっぱりほかのショーや競技会とは違うワクワクでした。

CSOIのツアーは1日1回公演で十日か二週間くらい(?その年によって違いますが)、中休みもありつつ移動移動の公演。
今回は1日2回公演で一ヶ所二日間。

今回のほうが脚にきたんじゃないかと思われます。
調子が悪かったわけではないと思います。
それまで2Aは連発、3Tもバンバン跳んでましたからね。
千秋楽で初めて転倒。
カートだけでなく、他の出演者にも、気合い入る中にも疲れはみられたけどね。

カート、最後、ショーの振り付け師紹介のところでガッツリ靴を脱いで、みやけんに渡しちゃってましたしね。
その後、靴下で直接リンクに立つのはさすがに辛いのかフィナーレで使った布を敷いてその上に立ってましたが、
ほどなくして持ってきてもらったスニーカーを履いて、奥に下がってしまいました。

もちろんカート、ただでは下がらないですが。
フェンスに登って観客の声援に応え、さらにフェンス脇に備えてあったプレゼント入れるための段ボール箱ふたつに片足ずつ入れて、箱ごと歩いて下がってました。

その後他の出演者によるフィナーレのおまけに戻ることはなく、それきりに。

ジャンプ以外にもちょっと足がひっかかった場面があったので、いずれかの時に足首でも痛めたのでないといいのですが。
転んでもつまづいても、どういうふうになっても、必ずといっていいくらい笑いに変えてきますもんね、カートは。
靴紐が外れたのを結び直そうとしたけどそのまま脱いじゃったとか、そういうことならいいのですが。

最後の最後ちょっと寂しいような気もしたけど、
前半は純情中年、後半はメントス紫仮面みたいな(笑)ワルそうな男、
アンサンブル等では細かい客いじりと大活躍で、楽しませてくれました。
どちらも生で観るのは初めてで、観れて良かったです。

今回は荒川さんのショーだし、ショーは誰か一人だけで成り立つものではないのはわかってます。
カートのことも整理ができてないし、もちろん他の出演者のことも書きたいことたくさんありますが、書き出してみてもやっぱりまとまりませんでした。
読みにくくてすみません。
続きはまた明日以降に。

出演者の皆さん、楽しい時間をありがとう!
本当にありがとう。
見応え十分な、すばらしいショーでした。
荒川さんのコメントにあったように、もちろんオリンピックに向けて、今季もフィギュアスケート、応援します!
まして今回カナダだし。

会場でお世話になった名も知らない方々、知ってる方も、皆さんありがとうございました。

祝・大ちゃん復帰!

フレンズオンアイスで客前での復帰を果たす高橋大輔選手。
事実上、今日のリハーサルがその第一歩となりました。

SPかFSを披露するのかなと思っていたら、違う雰囲気の和風モダンな衣装。
毎日新聞によれば『ラブレター』というんだそうです。

以前より、深いエッジに長く乗るようになったように見えました。
ジャンプもトリプル入れてましたし、これで安心して明日以降も楽しみに出来ます。

おかえりなさい、大ちゃん!

リハーサル

本当に、本物のカートでした。


去年は当たらなかったリハーサルチケット、今年は当たりました。

カートは『I'm yours』と『ローリングストーン』を披露。
日本で生で観れただけでも十分うれしいけど、今年のCSOIで好評だったという、太鼓が観たかったなぁ。

リンク際にいて、小塚くんの時に指笛吹いたり、シェイリーンが投げて割れたサングラスのレンズをこそっと回収したり。
アンサンブルや集合写真撮影など、ちょっとした時にじっとしてない、それがまさしくカート・ブラウニング。

シェイリーンと本田くんのプログラムは、どちらも初出しではないけど、カッコよすぎてたまらないです。

リハーサルなので、ジャンプを抜いたり、ヘアメイクが本番仕様ではなさそうなスケーターもざらに。
明日以降のショーがますます楽しみになりました!

幸せだー。

皆さん大丈夫ですか?

最近の各地の大雨、台風に、
今朝早くの静岡県での地震。

該当地区の皆さん、どうかご無事で。
私事ですが、焼津に友人が住んでるのでメールしてみましたが反応はなく、心配です。

私の生活圏内でも先日震度4くらいの地震がありましたし、
雨もたくさん降りましたが、被害というほどの事態はなく、今のところ大丈夫です。


被災された方々にお見舞い申し上げます。
寄附等こちらで出来そうなご協力はさせていただきます。