FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

あっこちゃん、おめでとう!!

ついにグランプリシリーズ表彰台の真ん中に!

おめでとう!!
色々あっても乗り越えてきたからこそ、より、優勝は素晴らしく。
うれしいねぇ。めでたいねぇ。




章枝ちゃん、まだエンジンかかってない?
見てみないとわからないけど…出先なのがもどかしいです。

何から書いていいのやら

ここ1週間くらいずっと風邪気味です。
明らかに大風邪ってほどでもないけど、まったく問題無しとも言えない状態。
痩せれていいかもだけど(笑)。
そんなわけで、ちょっと気分が下降中。
それだけが原因でもありませんが。

真央ちゃんねぇ。
ファイナルは万一出場枠が回ってきたとしても、スキップでいいのでは。
全日本の前に1試合やっておきたいかもしれないけど、照準は全日本に合わせて、気持ちもプログラムも立て直しを図ったほうが、集中できていいかもしれないですね。
時事通信等によれば、プログラム変更なし、3AをSPとFSで合計3回のまま、構成変更はしない方針を固めたようですが、ちょっと残念ですね。
FSはあのまま突き詰めて欲しいけれど、SPは変更していただきたかった。
ちょっと前にここで『ユーモレスク』と書いたけど、要するに『ノクターン』路線ってことです。
まぁ、ここで書いてるくらいは自由だからってことで。
本当に変更無しでいくにしても、意固地にならずにお願いしたい。
チャールダーシュでステップイン3Aにこだわった、あの時とは現状が違うからねぇ。
3Aにこだわるあまり、他のところに本来の伸びやかさが失われてしまうのは本末転倒と思うので。

美姫優勝、おめでとう!
転倒はあったけど、現時点ではまずまずの仕上がりなのでは?
衣装も髪飾りも素敵。

髪飾りはアシュリーのも良かったなぁ。
FSの出来もよかったですね。プログラムも好きです。すごくいい状態で今季を迎えたようですもんね。
アリッサはFSはジャンプが残念だったけど、スピンはやっぱり惚れ惚れします。
レオノワはFS、セクシーさは無いけど(笑)生き生きとしてて、観ていていい気分になれますね。
ユリア…細かく惜しい出来でしたね。

さて男子。
【“何から書いていいのやら”の続きを読む】

ロステレコム・カップ 男女SPの放送観ましたが…

10月も残すところあと1週間。オソロシイ…。
時間すぎるの早すぎです。
ついこの間まで8月だった感じなんですが。
仕事中心に頭が働いているので、N杯があることをチケット届いてようやく思い出しました。
そうだ、早かったんですよね、今回。危ない。
先日、人から「今年もあと2ヶ月」と言われてやっとそのことが頭に入りました。

さて、今夜の放送を恐る恐る観ましたが…


【“ロステレコム・カップ 男女SPの放送観ましたが…”の続きを読む】

よかった

この一つ前の記事に携帯メールで書いた内容ですが、夜の放送を観て、ちょっと安心しました。

真央プロ、やっぱりジャンプが決まると違いますね。
いや、細かくミスはあったけども、ジャンプ前に1秒にも満たない遅れがしばしば感じられたジャパンオープンの時よりは、ずっとよかったですもん。
シーズン後半に向けて、じわじわ良くなっていきそうな感じがしてきましたよ。
ホッとしてます。

気になったことがひとつ。
真央FSの最中ずっと、やたらとフラッシュが光っていたのが残念ですね。
あんなもの、まぶしいだけで何の効果もないばかりか、選手の滑走の妨げにしかならないので、知らずに光らせてた人たちには猛省して欲しいです。
たぶん、初めてスケート撮影したような人なのでしょうが。

友加里ちゃん最後までよくがんばりましたねぇ。
すごくスピードのある滑りでよかったです。

キーラのFS、スポーティな感じでいいけど、いかんせん、あれだけジャンプぼろぼろだと…。
ヨナのFSもミスはあったけど…北米ウケをよく考えたなぁという感じです。SPともども、オーサーの戦略が光ってたな。
まぁでもみんな、シーズン後半に向けて滑り込んでくるでしょうから、ヨロ選や四大陸あたりが見ごたえ出てくる頃でしょうね。

男子は織田くんのFSがいいプログラムでよかったです。
2~3年前の彼だったら、ただコミカルで明るいだけだったかもしれない。
衣装もいいし、ジャンプもよく決まっていたし、あのプログラムでやりたいことがよく見えてきたので、今後の生で観る機会がますます楽しみになりました。

トマーシュのFSも好きですね。
いいところを突いてきたなと。まだ調子が上がってないけど、十分見応えを感じさせてくれました。
ジュベール…なんか、どこか悪いのだろうか。ただ調子が上向いてないだけならいいけど。

五輪シーズンプロ…か?

ケータイから、管理人でございます。
今年はいつもより忙しくて気持ちに余裕がなく過ごしてます。
例えるに、ボールジャグリング4個やってるだけで一杯一杯なところにもう1個投入され、慌てながら何とか落とさずにいるって感じでしょうかね。

ジュニアグランプリシリーズもブロックも川の向こう岸で行われてるかのような。
東京ブロックも中部同様、行こうと思っていたけど結局やめてしまいましたし。

そんな中、いよいよグランプリシリーズ開幕。
フランス、去年行ったから今年も…と思ったけど、やっぱりそれどころでなく。
テレビ放送見るくらいが精一杯なので、まだ男女SPの一部しか見れてません。
今夜FS放送がありますが、あえて見る前にちょっと書いておきます。



トマーシュ、ヨナのSPいいですね。
トータルパッケージって言うの?
衣装など見た目も含めたコンセプトがいいなと思いました。
友加里ちゃんのSPも素敵。
エレーネちゃんも地味なのか派手なのかどっちだ?って感じだけど(笑)、似合う路線ですよね。
キャロは昨季まだ細くて小さかったのに、すっかり骨格がしっかりして大人になったなぁ。

心配なのが、真央ちゃんなんですよ。
FSはジャパンオープンで既に見てますが、SP。
昨季FSと同じ曲だけど違う部分を使い、違ったものになると事前に報道されたはずが、
フタを開けてみたら、衣装は違うけど、曲も振り付けも、なんだったらステップもスパイラルも一緒では?!

「昨季とは違う気持ちで滑っている」のでしょうけど、失礼ながら、気持ちだけではまだ伝わりが弱いかと。

明確に違ったのは、演技中の笑顔でしょうか。
「初めての舞踏会」がコンセプトでしたっけ。
そうねぇ。そういう、「うれし恥ずかしドキドキわくわく」感、笑顔や衣装には出ていたかもしれないですね。
過剰に飾っちゃう感じとか(笑)、ありますよね、若さ故の頑張っちゃった感。

でも「初めての」に付き物のフレッシュさは、プログラム全体からは感じられませんでした。
「昨季の焼直し」に思えてしまいました。
曲も振り付けも同じでは無理もないですが。

それでなくても、真央ちゃんのスケートの魅力には「軽やかさ」「清潔感」があると思うのに、
「舞踏会」だのガラの「貴婦人」だのというのは、清潔感はともかく、どうも重たい気が。
FSの「鐘」も、真央最初はピンとこなかったとコメントしてますもんね。
そりゃ、選手がピンとこようがこなかろうが、やってみないことには分からないし、演技のバリエーションも広がらないだろうし、最初はそれでもいいんですけど。

その分、負担を減らすためにSPは昨季FSの曲で、安心して臨もうと。
そういう計画なんですよね?

でもFSかSPどちらか、時間のバランスからいえばSPは、明るくて軽やかな曲がよかったのじゃないかな。
今私が思ったイメージでは「ユーモレスク」とか似合いそう。
とにかく、SPには軽快さが欲しかったです。
今季のガラには、他のよりもう少し軽快さがありますね。あれとSPを交換してもいいかもしれない。

たまアリで「鐘」を聞いてて、見ているだけなのに身体が磔にされていくような感覚にとらわれたんですよね。
ガリバーが頭や、全身を地面に押さえつけられた感じと言ってもいいですけど。
あまりの重苦しさに。
少しずつタイミングも遅れてたしね。

でも、たまアリではジャンプ抜けがあったから、ジャンプが決まれば違ったろうし、
シーズン後半にはまた印象が変わるだろうと思ってます。
最後には、見てるだけの人間の杞憂を、軽く飛び越えて欲しいです。

友加里ちゃんは肩の具合が心配だけど、その中で表彰台に乗ったのが今後、吉に繋がるでしょうか。

織田くんが逆転優勝したFSもあるし、今夜のFS放送を楽しみにしています。

あららサーシャもけが…

エリックボンパール杯出場予定だったサーシャ・コーエンが
ふくらはぎ痛のため欠場するそうで…。
残念。
http://www.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2651155/4740953

記事によればすごく深刻な状態ではないらしいから、まだ今季望みはありますね。

キミー グランプリシリーズ欠場

キミーちゃん、膝蓋骨脱臼のリハビリのため、グランプリシリーズ欠場するそうですね。
http://www.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2650971/4736780

リハビリを6週間重ねたものの、フリップとルッツで膝に痛みが出るとのこと。
ワールドチャンピオンになった時はまだ少女っぽさが前面に出ていたけど、
あれから身体つきががっちりし、大人の女性らしくなってきましたよね。
それでいて清楚さを失わないキミーの滑りを見たかったです。残念。
全米での復調に期待します。


抜けたところに誰が入るのかも興味深いです。

ワールドフィギュアスケート 39号

20091004124731
ジャパンオープン会場で先行発売されてました。
創刊10周年とのこと、おめでとうございます。
創刊から毎号買ってますけど、もうそんなになるのかぁ。
10周年記念でグランプリファイナル初日の観戦チケットプレゼント企画があります。

さて内容ですが、
ネーベルホルン速報(連休だし行きたかったなぁ)、
高橋大輔インタビュー、その流れでデトロイトスケーティングクラブ関係特集。
インタビューはカメレンゴ、長光先生、本田コーチ、フィギュア部長のスワロー(長野五輪のタンゴは渋い名品)、佐藤有香、アボット。
国別対抗レポート、
ドリームオンアイス、ザ・アイス、アイスジュエリー、現代カードのショー、クワンが出たヨナショーのレポート。
みどりちゃんのプリンス復帰、プルシェンコの競技復帰。
ゴルシコフコーチのアイスダンス展望、ジョニーちゃんの映画の話、日本のジュニア強化合宿等々のほか、以下のように盛りだくさん。

荒川しーちゃんフレンズオンアイスの特集で、表紙に「荒川静香」「ブラウニング」と書かれてたんですよね。
ポイントがつくから、普通にいつも買ってる書店で買うつもりだったけど、帰りしなに売り子の兄さんが持ってた看板に「ブラウニング」を見ちゃったものだから。

フレンズは写真と記者会見がメイン。
カートはよくカメラ目線をくれるんですよね。
前のほうとはいえ客席の私にまでくれたことあります(笑)。
周囲をよく見てるんですね。
自分の表現だけで終わってない、反応をちゃんと見てるのがさすがエンターテイナー。

ステファンと小林十市さんの対談は、新書館のバレエ本『ダンスマガジン』11月号に前半が掲載され、後半がこのWFS 39号に掲載されたという変則構成。
どうりで会場でダンスマガジン売ってたわけだ。
フランス語で行われたという対談は面白い内容ですごく良かったけど、
別の雑誌に分けて掲載するって…商魂たくましいですね(笑)。

巻末のISUアダルト競技会の体験レポートが、とてもいい内容でした。
あちこちでスケート記事書いてる方だけど、経験者だったのは知りませんでした。
ブランクを越え、その中でも初心者クラスに出場。
カナダやアメリカの国内予選を経て参加する選手たちや、50、60を越えてなおハイレベルを目指す出場者たちの熱の入れよう、大会の様子、記者自身の結果など、詳細かつユーモラスにレポートされていて、興味深い内容でした。

ちなみにこの大会、日本、アイルランド、ハンガリー、シンガポールが初参加だったそうです。
アイルランドは昨シーズン、ISU選手権大会に初めて選手が出場しましたが、アダルトスケートでも早速選手を送り込んだわけですね。

大ちゃんのインタビューは、怪我を乗り越え、精神的肉体的にたくましくなった高橋大輔という選手の、ありのままの考えが読めます。

ゴルシコフさんのインタビューだけど、ウクライナのアンナとセルゲイが移ってきたんですね。知りませんでした。
ホフザボ、リアザノワ&トカチェンコが今季楽しみです。
トカチェンコは、ようやくシニアで落ち着いてダンスを披露出来るということになるのかな?

支離滅裂ですみません。
とにかく盛りだくさんな内容で読み応えがありました。

かぶちゃん農園カーニバルオンアイス 後半

昨日は疲れてて帰宅後お風呂入ったら寝てしまいました。
カーニバルの感想の続きです。
あくまで私の感想なんで、ショーの様子が知りたい方はテレビ放送をお楽しみに。

ヤグディン
日常には問題なくても『もう滑れる状態でないのでは』と心配だったのですが、
大丈夫どころか、それ以上でしたね。
ロングコート、目深にかぶった帽子。
前髪のせいだけでもないと思うけど、顔が下向きで客席に向いてないというか、
気持ちがリンク内だけで収まってしまってたような印象を受けました。
ジャンプもステップも十分見応えあるものやってくれたんですけどね。
あと、どっちかというとジャッジ反対側に片寄っていたんじゃないかなぁ。
私の席からはリンク手前半分くらい人の頭で見えなかったのだけど、
最も姿が見えにくかったのがヤグだったから。
『たまアリでなく、代々木のスタンドだったら…』と思っちゃいましたね。

ジョアニー
エキシビも、エネルギッシュにラテンのりでガッツリ盛り上げてくれました!
そしてエキシビでも、動きがキレキレ、ジャンプは高さも回転もパワフル。
この調子でプログラムを滑り込んでいったらどんなことになるのか、すごく楽しみです。

織田くん
今季のSPでしょうかね。
アンコールはFSの一部を披露。
楽しくて少しもの悲しくて、少しかわいくて。
FSのほうが似合いますね。
両方併せて順調に仕上がりつつある印象でした。
頼むから今季は跳びすぎないように…。

真央ちゃん
カプリース
ザ・アイスとは違う角度から見ることに。
アンコールは鐘の後半ステップでした。

FSの重苦しさを味わった後だからかもしれないけど、
『貴婦人』…はさておき、後半の軽快なノリ、ああいうほうが素の真央に似合うと思いますね。
似合うというのはつまり、その世界を理解して入りこめるかということで…。

いや、鐘も、出だしや後半のステップ悪くはなかったですけどね。
まだ身体に馴染んでない感じと、ジャンプ前に一秒にも満たない遅れがある感じ。
気持ちと身体の動きが一体になったらすごいだろうなと、期待。

ジェフ
FSと違いカジュアルな印象。
やっぱり足元がいいなぁ。
上半身も無理なく自然。
もしジャンプがなかったとしても見応えあるでしょうね。

美姫
彼女の時も曲が早くかかってしまい、やり直し。
ショーでも競技でも、こんなに頻繁にはないですね、こういうこと。
まだガラで良かった。

蜘蛛の巣がモチーフ?
グレーとグレーパープルの豪華な衣装。
ヘアメイクも合わせて凝ってますね。
今季のSPでしょうか?
凄みと強さを併せ持った雰囲気がいいですね。
アンコールは中近東風…これも今季プロでしょうか。
ステップだけでも、かなりいい感じ。
出来ればもっと腰の動きがあると、さらに曲に合うかも。


ステファン
『行かないで』
ネーベルホルンで五輪枠を取ってきたブエノスアイレス、
そしてこのエキシビ。
続けて見るとなおさら感じるけど、このエキシビはやっぱりアーティストの域に達してますね。
アンコールはSPのウィリアムテルのステップ。
いいなぁ。これ競技でやったら盛り上がりますよね。
怪我を押しての競技の世界、思う存分やって満足いくシーズンになるといいですね。


フィナーレ
まず荒川しーちゃんにスポットが。
次いで本田、ジェフ、ヤグが登場。
振り付けやりつつの滑りがさすがプロの風格。
本田くんがイーグルやりまくっててうれしい。

男性スケーターが出てきて円形になったところに女性スケーターも登場。
そして挨拶へ。

そうそう、カーニバルのフィナーレって毎年わりとあっさりしてたのでした。
いやもう十分でしたけどね。


グランプリシリーズ直前、国内のみならず遠方から出場したスケーターの皆さん、来てくれてどうもありがとう!
特にアマチュア選手、今季それぞれの活躍を改めて期待します。

かぶちゃん農園オンアイス…? 前半

安田祥子の歌のコマーシャルでお馴染みの企業がスポンサーに。
それはいいけど、英語のナレーションと合わないこと合わないこと。
わざと連呼してんでしょ?(笑)

オープニング全員出てきて、女子のスピンや男子のジャンプ、
各選手が次々バレエジャンプやスプリットジャンプを跳ぶ。
荒川さん、大ちゃん、美姫ちゃん、ジョアニー、本田くん、コンテスティ、小塚くん…だったかな?
もううろ覚え。いたりいなかったり間違いあったらごめんなさい。

だんだんスケーターが減り、最後に残ったのが最初の選手。

小塚
紫のサテンシャツというだけでも意表をつく衣装。
インナーは紫っぽい赤。
途中でシャツを脱ぎ、また着る振り付けが、うまくシャツを着れず背中がまくれ上がったまま。
滑りながら背中の気持ち悪いのを直そうとするもあまり下がらず、
シャツがボレロ状態で下のタンクが背中側は見えたまま続行。
最後はシャツを脱ぎ捨て、リンクに寝そべる〆。
ちょっとセクシーかつカッコいい系プログラムなだけに一層おかしみを誘ってしまう…(笑)。
いやいや~、これは何回でも見たいですね。

リャン
黒っぽいパンツ衣装。
ジャンプは2Aが決まって良かった。

コンテスティ
昨季のガンマンのをやりました。
3A入りましたね。
せっかくだからおもちゃの銃でもあれば、もっと盛り上がったかも。

友加里ちゃん
オペラ座
これが今季SPですよね。ようやく見れました。
衣装も髪型も凝ってますね。
ビールマンスピンは以前より形がきれいになったかも。
今日だけでFSとSPを見れちゃって幸せ。
パリでどう評価されるか楽しみです。

本田くん
ハナミズキ
3Tが大きい!
イーグルもJOよりたっぷり、ジャンプもキレよく、
貫禄ありつつ、若々しさも感じさせてくれました。

グレボワ
フィーバー…かな??
このあと続出したのだけど、ポジションにつく前に曲がかかっちゃう、
グレボワの時も、演出なのかそういうミスがあったけどそのまま滑り始めたのか、はっきりしない始まり方でした。
調子が良さそうだし、雰囲気づくりもなかなかでした。

アボット
ちょっとした蹴り出し、身のこなしがきれいで、安心して見ていられる。
そんな滑りでした。

ラウラ
リボン。
彼女の時も曲がかかるの早くてかけ直し。
時間が短いプログラムだよなぁ。
もっと見ていたいのに。

大ちゃん
eye
この、ゴールドをあしらった衣装は初見かも。
故障前に見た時より動きに無理が感じられず、しなやか。
ステップでちょっとバランス崩しかけたところがあったけど、
ジャンプは安定して跳んでいたし、あとは4回転が入るようになれば。

アンコールは同じプログラムの前半。

荒川さん
エルフラメンコ
キャミバージョンの衣装。
新横浜の狭いリンクと比べて、コンパクトにまとめない滑りでした。
アンコールはユーレイズ(グローバン)の曲でイナバウアーからジャンプ、イーグル、スピン等。
安定感抜群。

前半終了です。


しかしまぁ、ナレーション、何回「かぶちゃん農園プレゼンツ」言ったろう?(笑)
フルに言う契約なんだろうな。スポンサー様だもんね。

終了しました

表彰式、つつがなく終了しました。

グレボワが二回ばかりリンクに出るのフライング。
チーム得点発表のアナウンスが紛らわしかったか。

さて、次はカーニバルですな。

ジャパンオープン2009 女子FS

リャン
今日はジャンプがぼろぼろでした。悲しい。
スケート自体は悪くはなかったと思うので、ケガでなく調子が合わなかっただけだといいけど。

グレボワ
黒系のゴージャス衣装。
スペイン奇想曲かな。
2A+3Tほか、ジャンプは八割方決まったかと。
今の時点ではまずまずな出来でしたね。
滑りこみ後が楽しみ。

友加里ちゃん
火の鳥
上半身でまさに火の鳥を模した豪華なパンツ衣装。
3Aトライして転倒した時、肩か腕を痛めたようです。
大事ないといいのですが。
ジャンプを二回転にしたのもあるけど、現時点ではよい出来と思います。
時間短く感じました。

ジョアニー
セパレート風衣装。
サムデリ
ジャンプがキレキレでした!
完璧とまではいかないけど、いい出来。
プログラム内容はまだちょっと私にはピンとこなかったんだけど、とにかくジャンプが素晴らしい軸でした。


ラウラ
タンゴ
3F、3Lz入ったけど、セカンド3はなかったですね。
ジャンプはこれから。
相変わらず、きっちりエッジの上に立ってる気持ちのよいスケートです。


真央ちゃん
黒いハイネック、ウエストのくりぬきがなんだかビミョー?
ラフマニノフの鐘ですが…
パンクしたけど3Sを入れ、あとは3Fコンボが二回、3A二回が今回は転倒とパンク。
3Tは決まりましたね。
全体的にジャンプに迷いがあるような印象。

重苦しい、同じ旋律が繰り返される曲。
やや平板な印象。盛り上がりがわかりにくいかなぁ。
スパイラルに顕著だったけど、今日はスピードがなかったと思います。
3Fの入り方はこれまでどおり、まっすぐなんですね。


チームヨーロッパが優勝。
以下、北米、日本の順。
めっちゃ盛り上がるチームユーロ。
北米チームとぬいぐるみ投げつけ合っております(笑)。

チーム対抗はいいとして、
真央ちゃん、プログラムはちょっと気がかりな内容ですね。
今後劇的に変わることに期待します。

優勝インタビューと表彰式があります。

荒川+高橋

荒川さん
イッツアビューティフルデイ
動きキレキレです。
きれいでしたよ。

てか、最初の布の端持ってんの、高橋大輔だし!
贅沢~(笑)。

20分の製氷タイム。
さすがに人が減るとちと寒いか?

ジャパンオープン2009 男子FS

コンテスティ
南米系の民族音楽?
濃さが負けてなくていい。
3Aは二回ともS.O.、全体的にジャンプは勢いなしかな。
プログラムは割とオーソドックスな構成。
練り込みに期待。

本田くん
アランフェス!ああダメ涙腺刺激される。
3T、2A、3FはS.O.、3S、3Lo、3S+2T、3T+2Tだったかな。
プログラムはもう昔の構成とは違うけど、よくやってくれましたよ~。
最後のイーグルはそのままでうれしい。

ジェフ
エクローグ。
ジャンプはほぼ決め、スケートもよく滑り、きれいでした。
スピードもあるし、なんて美しいんだろう。
でも引退なんだなぁ…。

ランビ
4Tいこうとしてましたよね?惜しかったけど。
セカンド3回転もいけてたし、動きも良かった。
今回はステップでちょっとスタンブルあったけど、
ネーベルホルンから順調に調整出来てるんだろうなと感じます。

小塚くん
ジャンプが4Tほか回転抜けてしまうのが何度か。
滑りそのものは良くなってきてますね。
スピードあり深くて。

アボット
4T惜しくも転倒。ジャンプ転倒はもう一回あったかな。
でも、フライングスピンが空中で止まって見えるくらい
動きは悪くなかったですよ。
最初のジャンプへ入る余韻あるスケート良かったです。

現在のチーム順位は北米、ヨーロッパ、日本の順ですね。


荒川さん登場。