FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

暮れのごあいさつ

年々、一年が過ぎるのが早くなっていってる気がするのですが、皆さんはいかがでしょうか。

この一年、ブログ見てくださった方、
ブックマークしていただいてる方も、検索でひっかかってたまたま見てくださった方も、
読んでくださって、皆さんどうもありがとうございました。

興味があること、思ったことを何もかも書いてきたわけではありません。
スケートもほとんど観に行けない年でした。
行ったのって、4月のCSOIと6月のDOI、12月の全日本。
なんとまぁ…。
時間もお金もあればなぁ。
それでも、同じ週末に興味が重なったら、身体は一つなのでどうしようもありません。
どれかをあきらめるか、どれもあきらめるか。
仕事を回すために体力温存を優先したことも多々ありました。
テレビ放送も今季はあまり見れない状態です。

2010年は、私にとっては、いいことも悪いことも両方あった年でした。
いい時は長く続かないです。
苦悩する時間のほうが長かったです。長いです。
身を削る思いで過ごしました。実際身を削られました。
だから本当はあまり振り返りたくありません。
精神的にも肉体的にも苦しい時に、責任を果たさなくてはならない時。
そういう時でも、最低限やらなくてはならないことをやること、
最高のパフォーマンスは出来なくても、最低ラインを維持すること。
苦しい時にどうやってそこまで自分を持っていくのか、学ぶことが出来た2010年だったのだと思います。
難しいことですが、谷の底まで落ちて、今はそこから少しは上に来れているのかなと思います。
関係ない人に苦悩をまき散らしたくはないので、自分の中に閉じ込めるのが今までのやり方でしたが、
2010年は、そこをあえて友人知人に共有してもらい、エネルギーを借りた年でもありました。
そうしなければ、少し上にあがることも出来ていなかったと思います。
友人のありがたみを実感する年でした。

来る2011年がどうなるのかわかりませんが、
出来たら、楽しいこと、うれしいことが多いといいな。
小さな幸せを見つけるのは得意です。
でも、大きな幸せもたまには欲しいです(笑)。

皆さんにも、2011年がうれしいことの多い年でありますように。
来る年も、どうぞよろしくお願いいたします。

   エマ

全日本男子FS【最終グループ】

どうも最近、携帯メールのほうが書き貯めできて書きやすい。
男子FSの続きです。


高橋
4Fステップアウト、惜しい!
いきましたねぇ、4F。
2Sが残念な限り。
ステップやスピンは、まだ最高潮までではないと思ったけど、それは3月に期待しています。
それでもあれだけのクオリティなのがすごい。

無良
ウォーミングアップで羽生くんとぶつかりかけ、抱きとめるようにしてクルッと回転、勢いを殺していたのがうまかった。
経験の違いか身体の厚みの違いか。

4Tは2Tに。
繋ぎもステップも重厚な音楽によく合い、かつ今季らしい振り付け感。
でもこれが最高の演技ではない。
4Tが入ればなお良かったですね。

町田
大きな3Tは、最初から4T回避?
細かく着氷ミスはあったのだけど、スピンやステップの振り付けが良かったです。
今季も上品で素敵なプログラムですよね。

余談ですが、26日女子FS、花を投げに来た人の中にすごく姿勢がいい人がいるなぁと思ったら、町田くんだったということがありました。
普段から背中に出るものなんですねぇ。さすが。

小塚
4Tと最後の3S転倒が惜しまれますね。
最高の演技ではなくても、よく頑張った感あり。
最高の演技は3月に是非。

羽生
3A降りたのに転倒が惜しい!
しかし転び方や起き上がり方に、身体の柔らかさが出ているのがすごい。
曲とよく合ったステップの振り付けが良く動いていてよかったです。

織田
4Tと二つめの3A転倒が惜しい。
ステップの中に組み込まれたような3Fが良かったです。
全体的に力強さの表現された演技だったと思いましたが、
逆転優勝までは届かないだろうなと思わせてしまう内容だったのが残念。


小塚くんおめでとう!
表彰式では橋本聖子会長が「初優勝おめでとう」との粋なコメント。

ペアと男子の表彰式が終わったのは23時になろうかという頃でした。