FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

ワールド・フィギュアスケート19

ワールド・フィギュアスケート (19) ワールド・フィギュアスケート (19)
ダンスマガジン (2005/10)
新書館

この商品の詳細を見る

発売日に発注、すぐ届きました。

6月のDOIと、7月の野辺山と、JGPS、5月の新横浜PIW、今季の世界トップクラススケーターの紹介、COIとディズニー・オン・アイス、
しーちゃん、恩ちゃん、織田くんの北米トレーニング風景、
インタビューはジョゼ・シュイナール、濱田コーチ&岳斗コーチ。
などなどという内容。

興味深かったのは、北米トレーニングの様子と、野辺山合宿の様子と、インタビュー。

しーちゃんに対するタラソワコーチの言葉「シズカには昨季の経験が必要だった」という言葉が印象的。

恩ちゃんに対するジョゼコーチの言葉「ヨシエのチャーミングなキャラクターをジャッジに強くアピールしたい」という言葉もなるほど納得。

織田くんはたまたまリンクに居合わせた振付師のほうが存在感あったのか、デヴィッド・ウィルソン(ちょっとカートと雰囲気似てるのだ。世代も一緒だし)のコメントですが
「ノブは日本人にはめずらしく、観客とコネクトすることができる」というのも、なるほどその通り!

周囲の人たちがその選手の持ち味や不足している部分をよく理解している様子がわかって、面白い特集でした。

ジョゼは単独インタビューも興味深かった。いいタイミングで、いい企画です!
半年前に双子を出産したばかりだったとは!
コーチしてる時間をよくぞ作ってくれていると思いました(@_@)
時間もだけど、身体もクタクタだと思う。

恩ちゃんとのエピソードはすでに発売中の『応援ブック2006』で恩ちゃん自身のコメントから伝わってきてますが、ジョゼも恩ちゃんを教えることをとても楽しんでいる様子。
今季のプログラム(振付もジョゼ。ステップの一部はオーサーがアドバイス!)にかける気持ちも、等身大の恩ちゃんを伝えようとしているのが伝わってきました。

だからこそジョゼコーチ、あとは衣装だけなのよ。なんとかしてください。切に願いますよ。

野辺山は、合宿の様子が興味深かったです。
次世代、次々世代の子ども達がこうしてどんどん成長していくのね~。

濱田コーチと岳斗コーチへの合同インタビューも面白かった!
岳斗くんはショー向きのスケーターと思っていたけれど、コーチにも向いていたようで、すっかり醍醐の生徒さんたちに慕われているようですね。
取材者も語るとおり、濱田コーチとのやりとりはまるで漫才(笑)。
インタビューがされたのは醍醐スケート閉鎖前だったようですが、11月からのアクアリーナの冬季営業開始があっても、当面、先の見えない状態が続くことについては不安を残しているようですね。
また、今のジャッジシステムについて思うことも書かれていますが、おっしゃるとおりと膝を打ってしまいました。

いつも、きれいな写真が掲載されているのが楽しい『ワールドフィギュアスケート』ですが、
今回は、文字特集が印象的で面白かったです。

余談ですが表紙。PCからだと見えるようにしてありますが、なぜ美姫ちゃんなんでしょうね(^^;;
いえ、本人にはまったく責任ないことなんだけど、ついこのあいだも表紙だったし。
中扉の織田くん@野辺山でもいいじゃないかと思ったんだけど…。
本屋さんとしては日本の本は基本的に返品きくけど(ワールドフィギュアもそうかな?それとも買い切り?)、店頭で売れるにこしたことはないし、そうなると、並べて置くには、今の時期は美姫ちゃんのほうが売れるということなのかと、勝手に解釈してます。

でも面白い本なので、税込み2,100円と高めだけど、いつもながらこの本は、“買い”ですよ!

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1091-057831c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)