FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

女子応援ブック2006

日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006 日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006
(2005/09)
実業之日本社

この商品の詳細を見る

これと、『オール・アバウト・フィギュアスケート』(ぴあ)

上記2冊、JIC会場で買うと帰りに重たいので(苦笑)ネットショップで購入。
本屋さんに行く時間がなかなかとれないし、職場に最も近い書店には入らないので。
ネットショップのおかげで、書店で目当ての本を探し出すのが下手になったことに先日気が付きました。
思いもかけない本に一目ぼれしたり、立ち読みできたりするのが書店の魅力ですが、昔ほど頻繁に行けないのでネットショップ活用してます(^^;;;

『ワールドフィギュアスケート19』も発売になってますが、こちらのほうも間もなく届くと思います。

先に購入した2冊、制作関係者がほぼ同じなので、紹介文章などは似ている部分も結構あると思いました。
が、どちらもボリュームたっぷりで、いい本だと思います!

『応援ブック2006』は定価880円と手頃にして女子10人のみだけどインタビューがたくさん掲載されているのがいいところ。

写真は…『応援ブック』のほうがいい表情で写っているのが多いかな。ぴあのは、小さいのを無理に伸ばしたのか、表情がはっきり写ってないものもちらほら(^^;;;;

静香ちゃんはいい方向に気持ちが向かっているのが伝わってきました。
大人だし、自己が確立しているから、今季は気持ちを高めたり緩めたりを、うまくやって、ピークを大事なところにもっていってほしいです。
(それは他の選手に対しても思うことですが)

美姫ちゃん。
昨季味わった苦しい気持ちの吐露から始まり、なんだか読んでて悲しくなってきましたが、彼女は正直なだけなのでしょう。
きっと本人も、それまでの自分のスケート生活が、周囲の理解や支えによるものであること、もちろんわかっていると思います。
キャロル・へイス・ジェンキンスコーチとの関係が良好なのは、JICのリンクサイドやキスクラでの様子にうかがい知れましたので、それが今は何よりですね!
ただ、精神的な深みから抜け出せたのも、いろいろな経験をしたからこそで、それはいい経験だったのだと、今でなくてもいいので、いつか思えるように悔いなく過ごして欲しいです。

あ、それから、今季FSの衣装、野辺山SPで着たジュニア時代の自分でデザインした衣装のように、同系色の薄物の袖をつけたらだいぶイメージ合ってくると思いました。

章枝ちゃん。
今季FSに同じ曲を選択していた大輔くんにライバル心を燃やしているのが、その他のストイックかつ大人なものの考え方と対照的ですね(笑)。
佐藤コーチのコメント同様、私も祈るような気持ちで見ています。JICもキャンベルも怪我でキャンセルしたので…状態がよくなるといいですね。

真央ちゃん。
満知子コーチが語るとおり、15歳にしては幼いですよね(笑)。なんとなく、まだ中学入りたてのような気すらしてしまうほどに。身長は伸びたけれども。
でも、世界ジュニアでキム・ヨンアと出会って「この子とずーっといっしょにスケートやるんだなぁ」と思ったというように、世界のライバルの存在を意識した真央ちゃん。
インタビューの内容を読んでも、周囲の期待に応えるため、不安を隠して気を遣う様子がうかがい知れて、天真爛漫なだけではない、繊細なところもあるし、これから難しい時期を迎えるかもなーと思わせるものがありました。

恩ちゃん。
『オールアバウト』と違い、こちらでは本人の語り口が楽しめますね。
なんだか、とーってもカワイイです、恩ちゃん。スケートのスタイルと違って、少女、乙女です(笑)。
こんな感じの恋愛談義、かつて別のところで章枝ちゃんもしてませんでしたっけ(笑)。
ジョゼコーチとの関係がうまくいっている様子もよく伝わってきます(だからJICでダメだったのは衣装だけでして^^;;;;;)。
「1年1年考えてスケートを続けるかやめるか決めていきたい」という話の裏側は、『オールアバウト』のほうで読めますが、
『応援ブック』で本人も語るとおり、もっと早くジョゼに出会っていれば!と、観る側も思ってしまいます。
そのくらい、DOIで観た恩ちゃんの変貌ぶりは上昇気流にのって見えたから。

ここまで読むと、誰もかれもトリノに行かせてあげたくなってきます!

由希奈ちゃん。
“アメリカでリハビリ中”の裏側が、本人の言葉で伝わってきます(メールなので書き言葉というのがよかったのかもしれないですね)。
USAジュニアダンスチャンピオン、トッド・ギルスの家にホームステイしてのリハビリ生活は、スケートもオフも充実している様子。
足首の靭帯が緩み、膝関節もカクカクしているそうで、今はマイペースに筋力をつけることを重視、今季はリハビリの年と思っているそうです。
早く復帰した姿を観たい気持ちはあるけれど、彼女の素晴らしいスケートを今後長く見られるように、今は、見守りたいと思います!

友加里ちゃん。
なんといってもDOIが華やかでしたが、佐藤コーチから言われた「観客に語りかけるように滑ること」を心がけて、笑顔で滑っていたとのこと。
コーチから「汚いけれど器用」と言われたそうで、まぁたしかにそんな面もあったかも(爆)。
いや、でも、細かいところがどんどんきれいになっていってますよね~。
それを是非、競技の本番で見たいです。
プリンスフェスティバルのグループナンバー(写真で見るかぎりまるまるSOIそのもの^^;;;;)は、村主千香ちゃんの選曲だったことが友加里ちゃんのページで発見(笑)。
うん、まぁ、いいものから学ぶ、真似して学ぶことは上達には有効なことですからね。
昨季の全日本のパンフを見た時に気が付いてましたが、やはり、今日本の現役選手でバッジテスト8級をもってるのは友加里ちゃんだけなのですね。
メダルがあること、今更ながら初めて知りました(笑)。

舞ちゃん。
モデル活動を始めることが発表された時、スケート引退かと騒がれたけれど、結局両立させていくことになり、安心したものでした。
どちらかだけだと煮詰まってしまうこともあるだろうけれど、世界が広がれば、どちらにもいい影響があるのではないかと思ったから。
そして、そのとおりになっているようですね。
DOIで見た舞ちゃんは、すごくいい表情をして、きれいでしたから!
世界ジュニアを今季最終目標に、がんばってほしいです。

亜紀ちゃん。
北村明子ちゃんも隣にいて、10代の女の子が集まるときゃあきゃあする、よりオフに近い雰囲気が伝わってきました。
岳斗先生との関係も良好のようですね(笑)。
醍醐スケートリンクの閉鎖はそれだけに亜紀ちゃん、明子ちゃんを始め醍醐クラブの選手や関係者には非常に残念な出来事だったのが、インタビューでもわかります。
だからますます応援したくなる!

スケートで伝えたい自分自身のこと、具体的にはなんなのか聞かれて、明子ちゃんが「ねぼすけちゃん!」と答えていたのが笑えた(笑)。
SPは昨季のものを今季も滑るそうで、あれはよく似合っていたからまた見れて楽しみ! 滑り込みも期待してます。
FSは岳斗先生曰く「石油が吹き出てきそうな曲」?! 中近東っぽいのかな???
SPと同様、似合いそうで見るのが楽しみです!

明子ちゃん。
小柄だけど大人顔の、美人さんですね~。オフの写真がめちゃくちゃかわいらしい!
(いや、ほかの選手もそれぞれに美しく、かわいらしくしているのですが、あっこちゃんのはめずらしかったので)
なるほど、女子校の子という雰囲気あります(笑/共学の子と男子校、女子校の子って雰囲気微妙に違いますよね)。
昨季MOIで披露された白いコートの下にゴールドの衣装を着ていたEX、最初は下着っぽいものというトム・ディクソン氏のアイデアだったそうで!
結局ゴールド衣装は明子ちゃん自身がデザインしたママメイドとなったそう。
静香ちゃんや章枝ちゃんもそうだけど、明子ちゃんもヘアメイクが上手ですよね~。
自分の魅力は何だろうって思っていたけれど、濱田コーチの発言を雑誌でみて「ジャンプと表現のバランスがよいところ」というのに気が付き、それからはバランスよく、を意識しているとのこと。
バランスよくというのは、いきなり変化が出ることではないだろうけど、今季PGのデータで出ているSPのシャキーラや、シルクドソレイユからのFS、どちらも今までと違う明子ちゃんを見せてくれそうで、楽しみです!

最後に、新プロ紹介も含めてのQ&Aのページがありましたが、こちらも、この時考えていることの一端がうかがい知れて、面白いです。
「他のスケーターの衣装で着てみたいものや真似したいものは?」という質問、
恩ちゃんは「良くも悪くも自分のものがいちばん」と答えていましたが、その前の質問「他の人のプログラムで滑ってみたいものは?」というのにも「ひとのプログラムには興味がない」という答えと併せて、よくわかります。私も似たところあるので(笑)。

その他、各選手が掲げている内容、さすがにそれぞれ日々自分を見つめているんだなと思わせる内容で、興味深かった!

私はスケーター個々のオフアイスの様子にはあまり興味がないけれど(最も重要なのはオンアイスだから!)、
本人が語ってくれた内容や、インタビューでうかがい知れる範囲でなら、もちろん興味あります。
選手それぞれ、異口同音に語っていたように、スケートにその人の人間性が表出すると思うから。
知らなくても観戦は楽しめるし、感動できもするけれど、
知っていればもっと楽しくなるし、感動できると思います。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1093-be211ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)