FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

野辺山サマーフェスティバル・オン・アイス2007ファイナル第2部【現地から】

20070728212118

画像追加しました↓入場記念のカラーパンフと携帯ストラップです。
記念のパンフと携帯ストラップ

第2部を前に、早々にリンクサイドに来ている中庭くん。
その衣装は『マンボ』だね?
出来れば胸元をもっとザックリ開けるか、ズボンの裾にでもフリルがチラ見えする程度にでも、改造求む(笑)。

さて中庭くん『マンボ』ですが…
いやはや、DOI最終日より、本人ノリにノッテるんじゃないのー?!
“開襟”はロングサイド客席の方向へ(ショートサイドが片方で少し遠かったから?誰もいないほうに当たってたら悲しいと思ってたので、ちょっと安心)。
ちょっとした動きのたびに客席に視線を送り、投げKissも大奮発。
一体どんなスイッチが入っちゃったんでしょ(笑)。
照明があればなお良かったけど、踊るばかりでなく、3Lzか3Fのトリプルも決めてたし、やっぱり、スピンが速くなったなーと思いましたよ。

投げKiss大盤振る舞いが、リンク降りた途端にリンクに一礼する、いつもの中庭くんに戻る様もまた、ギャップが面白かったです。

亜紀ちゃん『Sway』
ライサチェクが以前EXで使ったのと同じ女性ボーカルでした。
青紫の衣装にポニーテールが、どこかで見た…『あ、梅谷姉さんだ』遠目にはちょっと似て見えました(笑)。
動くと違いますけどね。
ジャンプは、弾かれるようにして転倒するなど不調でした。
でも、最後まで曲に合わせてよく全身使って動いてましたね。

南里くん『猪木のテーマ』…正式タイトル、何ていうんでしょ(^^;
照明が明るいのが何とかならないものか。
3Aなんとか決めましたね!
バタフライシットもフライングがすごく大きくて、スケーティングだけでなく、こうした大技でも上達ぶりが感じ取れます。

細かく入るリングパフォーマンスは、本当に細かい(笑)。
ファイティングポーズだの、ロープに押されたところだの。
「元気ですかー?!」は、ロープ際に追い詰められた(フェンスを利用)ところでやってましたね。

友加里ちゃん『白鳥』
ひたすら美しいプログラムでした。
滑る直前、リンク入ってすぐアクセル二回ばかり決めてたくらいで、
今は身も心も競技会に向けてバランスよく出来上がっているのが、標高が高い野辺山でもよくわかりました。

真央ちゃん
ワルツの女性ボーカルですね。聞いたことある…でも思い出せない(^^;
追記:ショパン『別れの曲』だそうです。お知らせくださった方々ありがとうございます!
なぜワルツだと思ったのだろう…????(^^;

肌色長袖の先、手首部分に身体部分と同じ濃い青色の布をあしらい、スカートの青色は単色ではない濃淡使い。
かなり凝った衣装だと思います。
女性ボーカルのワルツに合わせて、軽やかに動く足元。
身体の動きもそれと比例して、無理なく動いていたと思います。
オープニングでも披露した小さい円を描くイーグルは、とても伸びやかで良かったです。
また、ジャンプは3Lz、3F、3Loを決めていました。
スパイラルは、ビールマンから片手を持ちかえつつ、太ももを支えるという難しそうなものだったかと。
まだグラグラしてましたが、スケカナまでにはマスターしそうですね。
ちょっとしっとり、大人っぽい路線を狙ったんでしょう。でも軽やかさは失わず。
うーん、やっぱり、真央ちゃんには特別なオーラがあるなと実感(^^;

大ちゃん
DOIと同じビョークで。
照明なくても間がもちますね(笑)。
摩訶不思議な雰囲気に、こちらも慣れてきました。

美姫ちゃん
クラシックかオペラか…聞いたことあるのに思い出せない(^^;
追記:ショーを伝えるニュースによるとプッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』とのことです。オペラだったか。
薄紫の長袖衣装は、舞ちゃんの衣装と似た系統かな。
髪は上半分だけまとめてあとは下ろしてましたが、伸びたね~。
新SP…かな?
基本的に昨季の技術とあまり変わらない感じ。
新技はなかったと思います。
でも、曲に合わせた振り付けは、昨季よりも頭の中にイメージしたものがあるのかなと思えました。

ここでスペシャルゲスト。
会場に来ているのは知ってたのですが、滑るとは思わなかったのでビックリ。

荒川静香
マイケル・ボルトン『ネッスンドルマ』
3Fだったか、軸が思い切り斜めったのに、がっつり着氷(^^;スゴい。
やっぱり、スケーティングがきれい!
かなり動いててもガリガリ音がしないし。
(スケーティングといえば、今日だと、瑠美ちゃんがいいツイズルを見せてくれてましたねー。)

“Y字スパイラルから手放し”が進化。
今回は、離した手を、上げたままの太ももの外側を通って背後の腰のあたりで両手を組んでいるという軟体技になってました。
あんなポジション初めて見ましたよ(@_@)。
誰にでも出来ることじゃないので、プロとしての持ち技を今後もどんどん開発して欲しいものです。

さて、フィナーレ。
きっとフィナーレは“ケンジ・ミヤモト・プレゼンツ”と期待してたら案の定。
『湘南乃風』…でしたっけ? レゲエっぽい感じ。

舞ちゃん+柴田くん…レイバックスピン
小月ちゃん+無良くん…レイバックスピン
瑠美ちゃん+町田くん…2A
奈也ちゃん+小塚くん…スピン
明子ちゃん+中庭くん…ループジャンプ
亜紀ちゃん+南里くん…それぞれスピンとトリプルジャンプ
友加里ちゃん+大ちゃん…それぞれスピンとジャンプ
真央ちゃん+美姫ちゃん…脚上げスピン

…と、ひとしきり技を披露し、いよいよ“ケンジ・ミヤモト・プレゼンツ”ダンスですよ!(笑)
リンクサイドで宮本くん自ら踊り(笑)、各選手はそれを見ながら動いてる。
いい感じにバラバラで、一体誰のが正しいのかすらわからない!(爆)
みんな笑いながらやってて、柴田くんや無良くんは服も私服のデニムに着替えてて、すごくリラックスした雰囲気がありました。
舞ちゃんは黒いワンショルダーっぽい衣装に替えてましたね。黒の使い方が全身バランスと合ってて重たくなく、素敵でした。

今日始まる前、出演予定者から、章枝ちゃんが「スケジュールの都合」、織田くんが「個人の事情」により不参加とのアナウンスが何度かありました。
急に二人いなくなるというのは、寂しいものです。
それでも、DOIもそうでしたが、出演者が盛り上げてくれるのが、アイスショー。

早朝、早起きして出かけて良かったです。
久しぶりの方も2週間ぶりの方もご一緒して、ショーより長い(苦笑)待ち時間も含め、楽しく観てこれました。

昨年に続き野辺山でのシニア合宿が行われないということで、このショーのために集まった選手の皆さん、本当にありがとう!
今季もそれぞれの活躍を期待し、応援したいと気持ちを新たにした、高原の1日でした。

コメント

荒川さんのスパイラルは、アメリカのキャロライン・ジャン選手がやっていたものですよ・・・
COIかなんかで面識あるはずなので、そこで技を見たのかも。

  • 2007/07/28(土) 21:26:11 |
  • URL |
  • もっち #-
  • [ 編集 ]

真央ちゃんの曲はショパンの「別れの曲」ですね。

  • 2007/07/28(土) 23:01:00 |
  • URL |
  • so82 #-
  • [ 編集 ]

>もっちさん

おぉ、そうでしたか。
わざわざお知らせありがとうございます。

思えばビールマンスピンも、もとはデニス・ビールマンがやってみせたことを、他の選手達も取り入れたことで広まったのでした。
イナバウアーもしかり。
ジャンプもそうですよね。
サルコウ、アクセル・パウルゼン、ルッツ等々。
“すごい”と思われるような技は、そうやって後々まで、色々なスケーターによって演技され、また進化を遂げていくのでしょう。

荒川さんは似た系統の曲が続いていたと思うのですが、そこへもってきて今までに何度も披露した技の羅列では、ちょっと寂しいかなと思えてきていたところだったので、とにかく今までとは違う形を取り入れてくれて良かったと思いましたよ。

キャロライン・チャンは今季からグランプリシリーズに出ますから、昨季の全米や世界ジュニア以上のものを見せてくれるよう、期待しています。

  • 2007/07/28(土) 23:34:03 |
  • URL |
  • エマ@ケータイ #ihMNMLjo
  • [ 編集 ]

>so82さん

ショパン『別れの曲』!
ああっ!
思わず膝を打ってしまいました。
お知らせありがとうございました!
今、パソコンが使える所に居りませんので、後程追記しておきます。

いやー、ヒト(というか私)の記憶はあてになんないってことですよ(^^;
それにしても、今日の真央ちゃんには本当に唸らされました。
いかにも“振り付けこなしてます”感は無いけど身体が自然に動いているかのような。
同じショパンの昨季SPも素晴らしかったけど、今日のプログラムはさらに良くなっていると思えました。

  • 2007/07/28(土) 23:45:19 |
  • URL |
  • エマ@ケータイ #LJRPmIGc
  • [ 編集 ]

おかえりなさい

日帰りで観賞と大変だったようですが、
早起きして行った甲斐があった、といえる、
素晴らしく充実したショーだったようですね(^^)v

野辺山世代の荒川さんが出演したことも、
大きな意味があったんでしょうね。
五輪チャンピオンに世界チャンピオン、
世界選メダリストもずらーっと揃うショーなんて
ホント贅沢だなぁと思います。
今年が最後と聞きますが、是非一度見てみたかったです。
詳細なレポ、楽しく拝読しました。ありがとう!

  • 2007/07/29(日) 00:59:03 |
  • URL |
  • Hiro #.9hIDec.
  • [ 編集 ]

貴重なレポート有難うございました。野辺山があったからこそ今の日本選手のレベルアップがあるんですよね。感慨深いです。中庭くんからは今季目が離せませんね!

  • 2007/07/29(日) 18:57:57 |
  • URL |
  • おロシア人 #-
  • [ 編集 ]

>Hiroさん

むしろ泊まりがけで行くほうが私には時間に無理があったので(苦笑)。
まぁ、交通費を考えると、この時期おなじみの「青春18きっぷ」使用+宿泊代とトントンだったかもしれないけど。
毎年、野辺山前に体調崩してるんですけど(苦笑)、実は今回も胃腸を壊したばかりでした。
でも今回が最後なので、気合で直して出かけました(笑)。

荒川しーちゃんは、野辺山合宿1期生にして、世界選手権チャンピオン+五輪金メダリストになったという、野辺山合宿の象徴といえる人ですからね。
ご本人も感慨深かったんじゃないかなーと思いましたよ。

感想、喜んでいただけて何よりです(^^)
帰りの車内ですることがないので、携帯で親指鍛えた甲斐がありました。

  • 2007/07/29(日) 23:19:31 |
  • URL |
  • エマ #ihMNMLjo
  • [ 編集 ]

>おロシア人さん

最後ということで、行くことができてよかったです。
今まで、チケット買ってても体調崩したり、仕事が入ったりと縁がなかったので、もう、全力で行ってきました(笑)。
面子としては、DOIから海外ゲストとシンクロと野辺山欠場者を抜いて、DOI欠場者と柴田くんと荒川さんを入れた感じ…でしょうかね。
各選手1プロでしたから正味時間は短かったんですけど、充実してました。

今後、野辺山合宿が果たした役割は、中京大学へと移行することになっています。
ノービスについては今季も野辺山で合宿がありましたが…。
中京に移ってからも、ジュニアやシニアの合宿のしめくくりとして、発表会的な位置づけでの軽いショーが存続されるのかどうか、
それはわかりません。
でも、野辺山ショーが南牧村、川上村など地元の支援があって実現してきたショーであることは、今後も参加した選手たちや、スケートファンの記憶に残ることでしょう(^^)。

  • 2007/07/29(日) 23:36:16 |
  • URL |
  • エマ #ihMNMLjo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1142-df2ea877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野辺山フェス、The Iceについて

<28日追記>ミキティーら感慨深げに演技…野辺山最後のアイスショー:冬スポ:スポーツ:スポーツ報知NIKKEI NET(日経ネット):スポーツ:安藤ら感慨深げに演技・野辺山最後のアイスショーデイリースポーツonline:ミキティ、真央らが感慨深げに演技スポニチ Sponichi An

  • 2007/07/28(土) 21:59:17 |
  • 荒川静香最新情報ブログ

第6回野辺山サマーフェスティバルオンアイス2007 ファイナル観戦記【後編】

いやぁ~・・・前編までは順調に書いていたんですが・・・・後編を書くのにすっかり時

  • 2007/07/30(月) 10:33:33 |
  • Dotaの(o^_’b ぐっじょぶ