FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

Friends on Ice 2007【2007/8/19最終公演その1】

2006年5月8日。

SHIZUKA ARAKAWA Friends On Iceが行われた日。
そして、荒川静香がプロスケーターとしてスタートを切った日。

一年前、急遽開催が発表された1回限りのこのショーを観に行きました。
その感想はHTMLで公開中ですが、冠の示すとおり、“フレンズ”に囲まれた、非常に温かみのある素敵なショーでした。
キャストが作り上げる、「ただのEXとは違う、これが“アイスショー”」であると思ったものでした。

あれから一年、再び、FOIが開催されることになりました。
今年は早めに情報が出て、FOI公式サイトも出来、日程も2日間4公演。
海外ゲストもいて、昨年よりさらに豪華な印象(昨年のゲストはPIWから引き続きの出演でしたから、FOIのために来てもらったのとはちょっと違いますよね^^;)。
COI出演の縁を生かしたかたちなんでしょうか。
ほほぉ。

ただ、私がチケットを手配したのは発売開始よりちょっと後でした(笑)。
夏休みをとってどこか行こうかどうしようか、それとも仕事か、サッパリ読めなかったので。
その後結局休暇はとらず、仕事も何とかなりそうなので『去年も行ったし今年も』と手配したのでした。


19日(日)最終公演。
横浜で買い物して、かなりゆっくりめに新横浜入り。
会場でチケットをもぎられて入ったら、目の前に花をバックにしたmさんPさんら、いつものお知り合いの姿が(笑)。
その後yさんkさんらも合流、開演までのわずかな時間、立ち話してきました。

開演前の注意アナウンス(「写真・ビデオ撮影はご遠慮ください」など)が、かなり長かったけど全部荒川しーちゃんでしたね!
事務的なしゃべり方や、まじめな声質がピッタリだったかも(笑)。

さて、いよいよショー開始!
私はスケーター出入り口に結構近いところの席だったので、ラッキー♪

出てきたスケーター、四隅に3人くらいずつ待機。
鈴木明子(ビールマンスパイラルとスピン)、田村岳斗(3F+3T!)、恩田美栄(大きな2A)、本田武史(高いバレエジャンプ2回)、中野友加里(2A2回)、レナ・イノウエ&ジョン・ボールドウィン(スイングして下ろすリフト)、エヴァン・ライサチェク(3F)チン・パン&ジャン・トン、佐藤有香、高橋大輔、
そして最後に荒川静香。
全員揃ってからは、一列になって客席のほうを向きながらバックでステップを踏み、反対側へ行ったらまた同じように客席を見ながらステップ。
田村岳斗くんが、すごく音楽に合ってる、大きなステップを踏んでいたんですよ。
何気ないのに派手なのが、さすが。
コーチになって、さらにスケート上手くなってる??

このオープニングの振り付けは、やっぱり宮本くんですよね~。
アイスダンサーが振付けたな、という感じがしました。

照明が落ち、いよいよショー開始。
スケーターがリンクに登場したところで、本人の録音によるコメント放送。
「アイスウォーズ」の演出で、スケーターの顔が大写しになったリンクサイドの巨大モニターと、スケーターのコメントが放映されてから滑り出しますのがあるんですけども、あれの映像無しバージョンのようなものでしょうか。
スケーター自身によるプログラム説明やスケートに対する思いを聞くことって、特定のごく少数の選手を除いてはなかなかないことと思うので、新鮮でいいですね(^^)

▼鈴木 明子
「初めて参加してトップバッターなので緊張しています。今日は今シーズンのFSのダイジェストを滑ります。」
…のようなことを話してましたねぇ。

というわけで『タイタニック』。
DOIで観た時よりも動きに勢いが増していたと思います!
身のこなしにキレがありました。

▼レナ・イノウエ&ジョン・ボールドウィン
レナちゃんとポチ、それぞれにしゃべっていました。
とても思いいれがある曲…というようなことを語っていましたね。

案の定…というか、サイドバイサイドの2Aはやっぱりポチがミスってましたが(爆)、
非常に流れがよい、美しいプログラムで目の保養になりました。
一服の清涼感が会場内に流れたようでした。

▼恩田美栄
「自分で作りました」「つまらないかもしれないけど」みたいな、いかにもオンちゃんな(苦笑)迷走したコメントを披露。
相変わらずのオンちゃん節(笑)。
コメント中ずっとシルエットが見えていた“シスター”姿。
『天使にラブソングを』
おお~、懐かしい~!!
最初の曲ではジャンプ無しでエッジを使ったステップを披露。
ちょっと表情が固いよ、オンちゃん。眉間にしわが寄ってるんだもん(^^;
曲調が変わり、フードを外してからは、いつものジャンプを披露。
3Fは転んでしまったけれど、2Aは決まりましたね。
いずれにせよ、シスターの足元まである長い服を着て、ですからね~。
タダモノではないです、やっぱり(笑)。

▼本田武史
黒いジャケット+白いドレスシャツのスカ『ゴッド・ファーザー』。
3Aを試みたものの転倒、惜しい!

最後まで滑り終わったところで、同じように黒ジャケ+白シャツの宮本くんがリンクに乱入。
きたきたきたー!
絶っっ対、何かやってくれると思ってました、宮本くんなら(笑)。
「もっと踊ってくれないと~」なんて言いながら。
本田くんのお腹に手を当てながら「メタボきてんじゃない?」
「オレ、現役の頃と変わんないもんね」なんて言いながら。
「…ま、お互いがんばっていこうってことで」みたいなノリで肩を抱き合い、そこらへんは笑ってごまかす20代半ばの貫禄を増した2人(笑)。

ここでは終わらず『ゴッド・ファーザー』最後のステップ~スピンへの盛り上がるところを、2人同時にシンクロ状態で滑って対決が!
ステップは宮本くんがさすが振付師、足元も身体も大きく派手に動かしてキレキレ。
スピンは本田くんがキマッてましたねー。
宮本くんは無理矢理ドーナツしようとしてなかったか?!(笑)

いやー、笑った笑った。
盛り上がりました~。

▼中野友加里
PIW新横浜で披露された『コルテオ』
今回のFOIのパンフレット(2,000円)の写真もその衣装を着たアップだったので、PIWでの写真でしょうかね。
衣装も凝ってるけど、動きも友加里ちゃんのふとした時に見せる強さ、アクの濃さ、突っ走ってしまう感じが上手く生かされたものだったと、改めて思いました。
やるなぁ、宮本くん。
本田くん、友加里ちゃんとまだ2人しか宮本くん振り付けプログラムが登場してないのに、もう会場の空気を支配してる感じがします。
…荒川静香のFOIなんだけど、宮本賢二のFOIでもありますね(笑)。

▼田村岳斗
曲が流れてビックリ『ネッスンドルマ』
“誰も寝てはならぬ”、うーん、まさかこの曲を荒川しーちゃんがメインのショーで使うとは思ってもみませんでしたよ。
トリノでスケート観るようになった人ならなおさら、違和感があるかもしれないですね(^^;

ジャンプは3Tだったかな。
4Tを狙って大きな3Tになったのかも。
水色の衣装でイーグルからの3Lzも跳んでたかと。
スケーティングのきれいさ、流れの良さが、この曲でしっかり見えていたので、よかったと思いました!

▼荒川静香
ピンクの凝ったスパンコールの衣装で登場。
『If I had my way』
2003-04シーズンのEXで、振り付けは佐藤有香という、懐かしいプログラム。
コメントでそんなことを語っていました。
ワールドチャンピオンになったシーズンですね。
あの頃の衣装も同じ系統のピンクのキャミワンピだったけど、刺繍とスパンコールの豪華さが全然違う(笑)。
トリプル3種類と2Aだったかなー。
当時観た時と比べて、氷上から同じ高さまでで終わってたプログラムが、もっと高い客席にまで広がるようになったみたい。
COIでショー慣れした経験、ワールドチャンプになって以降の技術の向上等で、同じプログラムでも印象を変えるわけですねぇ。

▼佐藤有香
薄いピンクの綿ニットっぽいキャミに同じ色のシフォンっぽいスカート、セパレートなのでおなかがチラ見えするのがいかにもアメリカ衣装。
3Loが入っていて、好調…かと思いきや、カーブを出て後ろ向きになったところでそのまま転んでしまったのに驚きました。
何もないように見えたけど、穴でも空いてたんでしょうか??
最終公演、昼の部を終えた後なので、疲れがたまっていたのかな、ややスケートに勢いがなかったかも。
でもイナバウアーやスパイラルなど、流れのよいスケートは相変わらずでした。

▼プレゼント抽選会
「どーもー、さっきは急に乱入してスイマセン~」宮本くん、登場。
本田くん、オンちゃん、そして胸元に何かを抱えた荒川しーちゃん。
そこにいたのは「荒川ティラミスです!」
娘を抱っこしていたのね(笑)。

ショースポンサーの商品券2種と、荒川さんデザインのTシャツが当たる抽選会。
見本のほか、オンちゃんがFOIジャージを脱いで実際に着た様子を見せてましたねー。

ドラムロールが鳴り、次々と引かれるくじは、全部オンちゃんが引いていました。
くじは座席番号なのですが、「えーと、南の…」と言いながら向いているのは東なオンちゃん。
会場中からツッコミが入ってました(笑)。
本気ボケなのか、盛り上げのためにすっとぼけているのか???
…両方な感じがした、何気に盛り上げ上手なところを見せてましたねぇ。

抽選も終わり、後半の抱負を語る4人。
宮本くん、「自分は滑りませんが、“陰ながら”見守りたいと思います!」と言いながら
自ら振付けた大ちゃんの『バチェラレット』の冒頭の振りをしてました。

…ホントに“陰ながら”??(笑)

そんな余韻を残しつつ、ここで25分間の製氷休憩へ。

荒川ティラミス、ここでリンク中央からリンクサイドへ走っていきました!

後半へ続く>

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1205-4b7291df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「Friends on Ice 2007」・観賞記完成!

 HTMLファイルで最後まで完成させました[:拍手:][:拍手:]。 18日と23日以外の8月は猛暑猛暑で連日倒れてたようなところでしたが、氷が恋しい時に迎えたショーでもあります! 観賞したのは3公演でしたが、全公演観賞しても飽きるどころかドンドン深みにはまりそうなショー

  • 2007/08/26(日) 13:19:56 |
  • ♪In my own way♪ diary etc.