FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

クリスマスオンアイス2007【前半の感想追記しました】

20071222201706
初日の追加公演・夜の部に行ってきました!

細かい感想はまた後でするとして、帰る途中の手慰みに少しだけ。

シェイリーン!
まさか3年前にカナダで観た“アレ”をまた観られるとは!
勢いあまってコケてもそこはご愛敬。ファンもわかってます。
相変わらずカッコいいです。

クーリックに至っては、2つめ、さらにさらに懐かしいプログラムを披露!
これはプリンスでやったことあるんでしょうか?
私が観た北九州プリンスではやってないです。日本でコレ観られるとは思いませんでした。
かつてやってたように“オモチャ箱”から出てきてくれたら、なおクリスマスにぴったりだったかも。

プルシェンコは、やはりプルシェンコでしたねぇ。いやはや。
ガチンスキーの代わりに出演したアダム・リッポン、表現力のある選手ですね。今後が楽しみ。

プリンスでも、あれくらいのアンサンブルを入れてくれたらいいのにと思った(^^;、
クリスマスオンアイスでした。
>>クリスマスオンアイス2007公式サイト

【↓帰宅後、感想を追記しました! まずは前半から↓】
クリスマスと荒川さんの誕生日を祝うメッセージがかかり(それが携帯で送った画像です)、クリスマスツリーが飾られた会場。
入場すると、赤いボトルの飲み物(スポンサー・ロッテの健康飲料)が配られました。
2,000円のパンフレットも同じ赤。

時間になって場内が暗くなり、電飾クリスマスツリーがリンク中央に入れられました。
その、押したり引いたりしながら運ぶ時の足さばきがあまりに巧みで、『これはただのスタッフではない!』と思ったら、PIWメンバーだったんですね(^^;
PIWメンバーがツリーの周囲を滑り、以降、恩田美栄(2A、スピン)、ベセディン&ポリシュク(リフト2つ)、田村岳斗(トリプル2回)、レナポチ(リフト)、本田武史(ダブル)、シェイリーン・ボーン(ハイドロ)、イリヤ・クーリック(2A?)、エフゲニー・プルシェンコ(3T)、荒川静香(フライミートゥザムーンの黒衣装+手首に白いファー)

この後、リンク上の全員が2人1組になってダンス、ダンス、ダンス!
シェイリーンは本田くんと、荒川さんはプルシェンコと組んでいました。

さあ、ショーが始まります!

▼アダム・リッポン
出演予定だったアルトゥール・ガチンスキーが出演できなくなり、代わりに出演したのが「今シーズンのジュニアグランプリファイナルチャンピオン」として紹介された、アダム・リッポン。
SBC杯が2005年を最後に日本で開催されないので、国内で外国のジュニア選手を観るのは非常に貴重な機会だと思います。

男性ボーカルのオペラ…でしょうかね。
3Fが入っていたかな。
イーグルやドーナツスピンなどを披露。
間のとり方や身体の使い方が上手いのかな、表現力があるなーと思いました。
身体の大きさはまだジュニアだけれど、今後どんなふうに成長するのか、楽しみになりました。

▼恩田美栄
クリスマス飾りのついたベルを持って登場。
白とブルーを基調としたノースリーブ衣装。
女性ボーカルのクリスマスソングでした。
ジャンプが2Sなどダブルになっていたけど、スピードがあって、エッジを細かく使ってきれいにまとめた小品でした。
クリスマス限定だろうから、今後観る機会は少ないかも…と思うと、これは貴重かも。

▼レナ・イノウエ&ジョン・ボールドウィン
こちらもクリスマスソング。
オープニングと同じ衣装で、レナちゃんは赤いワンピの胸元と裾に白いボアがついたかわいい衣装、ジョンは赤系のアーガイルチェックのベスト。
ミディアムテンポで、リフトやステップ、スロウ2Loなどを披露。
振付が楽しげでかわいかったです。
こちらも、クリスマスらしいかわいらしい作品でした。

▼田村岳斗
シェルブールの雨傘。
アマチュア時代の代表作のひとつとなった曲ですが、違う演奏で。
青いネクタイシャツに黒いパンツ衣装というのも、なんだか色んな記憶が脳裏をよぎりますねぇ。
3Lzや3Tなど入っていたかと思います。
イーグルも効果的に入っていて、ステップの振付なども密度が濃く、よかったですね。
ライトな楽しさではなく、染み入る美しい世界でした。

▼プリンスアイスワールド(PIW)チーム
鈴木誠一(赤系シャツ)、田中総司(緑系シャツ)の2人が登場。
足踏みすると、ジングルベルの音が聞こえる?
そのままジングルベルの曲(何アレンジなんだろう?かなりカジュアルでヤンキーな感じ^^:)に合わせてプログラムは進む。
タイミングをずらして連続ジャンプしたり、同じタイミングでバタフライしたり。
ジャンプ合戦は鈴木くんが3T、田中くんが3Aだったかな?
ミッドラインステップからのジャンプは田中くんがシングルになってしまっていたけど、タイミングはばっちり合ってましたね。
面白いプログラムでしたよ。
PIWツアーでも、こういうふうなアンサンブルをやってほしいです!
何年も前からアンケート用紙があるたびに書いてるんですけどねぇ…。

▼本田武史
ピンクと赤の照明に照らされ、黒シャツ+黒ボトム。
音楽が鳴ったとたんにビックリです。

…『Nyah(ナイア)』ですか!
カート・ブラウニングのプロ代表作の一つに間違いなく数えられる、日本でも小塚くんが絶賛している(『カッティングエッジ2008』参照)ナイア。
本田くんはどう調理してくれるでしょう??

2Aへ入っていくカーブとスピードが秀逸。
バタフライは大きく、イーグルもたっぷり。
サーキュラーステップでは全身を使った、キレある動きを見せてくれました。
ジャンプは全部ダブルだったと思いますが、それを抜きにしても、
最後まで、減っていく音に合わせて余韻のあるプログラムでした。

▼ウラジミール・ベセディン&オレクセイ・ポリシュク
白いアフロヘアに宮廷風の衣装に宮廷音楽。
最初に照明が当たったとき、ポリシュクは逆立ち状態で、コントラバスのようにしてベセディンに演奏されていたのでした(笑)。
これだけでも場内から笑いがもれる。
上品に滑った後、音楽がヒップホップに変わって、上着を脱ぐと、筋肉が描いてある白いタンクトップ姿!
それが絶妙に雑なイラストで。
DJ OZMAに依頼すればもっとリアルに描いてくれたのに~(笑/卑猥になるかもだけど~)。
やってる技は今まで披露されたことがあるものだった…と思うのだけど、いつも楽しませてくれますね。

▼シェイリーン・ボーン
『オール・ザット・ジャズ』
オープニングの衣装で『もしや?』と思ったのですが、やっぱりそうでした。
腕の飾りをしてないけど、リンクサイドのお客さんの上に座って始まるところもそう。
2004年10月、カナダはハミルトンまでGotta Skateを観に行って、その時同じものを観ました。それから2005年5月CSOIでも。
もう一度生で観られるとは…。

くるくるした髪の毛にガッツリメイク、さすがアイスダンサーな音を外さないアグレッシブな動き。
途中でリンクサイドに用意してあった小さいポシェットを取ってぐるぐる振り回したり、そこから水鉄砲を取り出して音楽に合わせて実際に客席に向かって撃っちゃったりも全部あの時と同じ。
ステップで勢いあまって転んでしまったけど、その勢いですぐ起き上がり、客席に向かって笑ってみせるシェイリーン。
キレがありすぎたようです(笑)。

▼イリヤ・クーリック
ジョシュ・グローバンかなぁ? 男性ボーカル曲。
3Lz、3T、2Aなど。
白いシャツに黒パンツと、シンプルないでたち。
あと、バタフライのすごく大きいものと思えばいいのかな? すごく派手な技を披露。
バレエジャンプも大きく高く、ひとつひとつの技が迫力ありました。
少し笑顔ものぞかせ、最後は曲が静かになってきたところでスパイラル。
見せ方が上手いですねぇ。
長野五輪後プロになってもうすぐ10年たつけど、プロとしての見せ方を心得てる感じです。

▼エフゲニー・プルシェンコ
『その男・ゾルバ』
最近人気がある曲ですよねぇ。今季は特に、何組もこの曲を使ってる気がします(笑)。
真っ赤なシャツに黒ボトム。お腹周りが結構キテますかねぇ…(^^;;
ジャンプは2Lz、2A、3Tなどでしたかねぇ。
しかーし、曲が速くなったり遅くなったり、そういう変化にきっちり合わせて動けるのがプルシェンコ。
細かく音を拾った速いステップは、さすがでした。
最後、音楽に合わせてポーズを決めた後も、照明が消える中、細かく脚を動かしてるのが見えました(笑)。
勢いが止まらなかったのをごまかした?…にしても上手い(笑)。

▼荒川静香
クリスマスだからでしょうか『アヴェマリア』。
衣装は以前から着ていた白い長袖(ロミジュリ)だけど、少しアレンジされたかも??
高く脚が上がるスパイラル、優美なイーグル、2A、イナバウアー、3T。
スピード感がありました!
最後のポーズは、止まる時に出来た氷くずを投げ上げるもの。
ちょっと量が少なくてしょぼかったか(笑)。

なんというか、本当にきれいになったと思いましたね。つくづく。
トリノ五輪後のショーから比べても、ますます客席に訴えかけるようになったと思うし、
痩せたのとはあまり関係ないだろうけど、もっさり感がなくなりましたよねぇ。
昔はスピードはあっても“スピード感”はあまり感じられなかったし、
リンクの上では淡々とやっていて、EXですら、笑顔なんて見られなかったもの(^^;;。
苦手な勝負の世界から離れて、険がとれたというのもあるのかなと思いました。

この時点で午後6時。
これから20分間の製氷休憩です。
ずっと座ってるのもつまらないので、売店でも見ようと思って通路に出たら、知り合いとバッタリ。
新横浜の会場は狭いですねー(笑)。
昼の部も御覧になっていて、夜の部のほうがスケーターの動きがいいとか。
ほほぅ。
追加公演として発売された初日の夜公演、他の公演より残り席が多かったのでこの回にしたんだけど、結果オーライだったのかも。

後半に続く】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1353-d882f6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)