FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

緑がまぶしいウィンブルドン

一応寝る前なので、パソコン電源オフしてケータイから。

今年もウィンブルドンテニスの季節がやってきましたねー!
今、NHK地上波でセンターコート開幕戦、
昨年の王者フェデラー対ハルバティ戦を放送中。

先日、昨年の様子を再放送してたのも見ました。
忙しいのと蒸し暑くて寝苦しいのとで寝不足なのに、ますます寝不足に拍車がかかりそうです(笑)。

開幕戦だけに、痛みのない芝はグリーンの芝目がきれいな縞を作ってますね。
遠景から客席を含めた画面で見ると、人で埋まる客席とセンターコートの緑のまぶしさとが好対照。

この芝がはげて土色が増えるまでに、どんなドラマが生まれるか、今年も楽しみです!

-----
追記。
その後テレビは、錦織圭vsマルク・ジケル(フランス)の1回戦の生中継に切り替わったのですが…。
まさか第3セットで棄権して彼の初めてのウィンブルドンが終わるとは思いませんでした。
ケータイから「どんなドラマが生まれるか楽しみ」と書いたけど、こういうドラマは予想してないし望んでもいませんでしたよ…。

痛めていた腹筋の肉離れが悪化したようですね。
筋断裂ですもんね。想像するだに痛そうです。
自ら棄権を告げ、イスに座ってからしばらく動けなかった姿は、痛々しかったです。
怪我の痛みよりも、初めてのグランドスラムで、やりきって負けるのではなく、棄権でコートを去る衝撃。
悔しかったでしょうね。

我慢できない痛みで今無理をしてもし初戦勝ったとしても、2回戦ではもたなかったかもしれません。
ジケルのプレーもだんだん良くなっていってたので、初戦最後までがんばっても結局は負けていたかもしれない。
さらに怪我を悪化させてしまっていたかもしれないです。

ランキング103位の錦織に、53位のジケル。
それでも、第1セットは余裕すら感じさせる、巧みなプレーをところどころに見せてくれました。
第2セットは後半で様子のおかしさが目につきました。
ダブルフォルトが増え、アウトやネットにひっかかることも増え。
こらえきれずにセットを落としてしまったので、痛みがひどくて、もう集中するのも難しいのかなぁと思いました。

今回は残念なかたちでウィンブルドンのコートを去ることになってしまいましたね。
でもまた来年、その翌年と、毎年戻ってくるでしょう、錦織なら。
まずは怪我を治して、身体をつくっていくことでしょうね。
まだ若いし、連戦に耐え抜く、大人のアスリートの身体になるのはこれからって感じですもんね。

その後、途中まで放送されたフェデラーvsハルバティ戦、実力差はあるでしょうけど、
面白い展開で見応えありました!
完全に後ろ向きになった状態からかえしたボールはフェデラーもかえしきれず、思わずラケットで拍手。
隣あったイスに座ってしまうことも(笑)。

女子は杉山さんが1回戦突破!
1994年のウィンブルドンから、グランドスラム連続57大会出場とのこと。
ウィンブルドンは16年出場し続けてるとは、素晴らしいです。
開会中の7月5日に誕生日を迎えるので、毎年、ウィンブルドンは特別な大会だとは、
先日夜中に放送された2007ウィンブルドンの放送での言葉。
杉山さん、シングルスではノーシードだけど、ダブルスでは第2シードですね。
今年も、いいプレーで会場をわかせてほしいです!

今回のウィンブルドンのメインアナウンサー、その前の2007ウィンブルドンの放送でも実況をしてるのが、フィギュアスケートでおなじみの森中直樹アナウンサー。
…日焼けした?(笑)
2007の放送での名(迷?)文句「あえてフォア」をまた聴くことになるとは(笑)。
あれ、なんかツボったんですよね。

また寝不足覚悟の夏になりそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1491-d3bb5676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)