FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

FRIENDS ON ICE 2008【7月6日夜の部感想その1】

20080706friendsonice.jpg1年目、2006年5月8日 1公演(感想はこちら)。
2年目、2007年8月18日~19日 4公演(感想はこちら)。
3年目、2008年7月5日~6日 4公演。

SHIZUKA ARAKAWA Friends On Ice。
荒川静香がプロスケーターとしてスタートを切った日に始まったショーも、今年で3年目。
1年目急遽発表があり1公演、一般発売のみで売り出されたFOI、
2年目以降は公式サイトが出来、4公演となって先行受付もあるなど軌道にのってきたFOI。
3年目の今年はDreams on Iceの翌週なので、DOIは一緒に行った神奈川の友人も、いくら横浜とはいえさすがに連続はちょっとということで(笑)。
でも私は初年度から観てることもあるし、他のショーとは趣きが違うのでやっぱり観たいので、最終公演を手配しました。
私は今回、3階で観ました。ちょーっと懐具合ビミョーだったんですよね(爆)。
でも観ないよりは観たほうがいいし。観たいし。
というわけで最終日最終公演の1回だけ。
時間が許すかぎり、最終公演は「サプライズ」が必ずといっていいほどあるから。
都合がつくなら観ておきたい。テレビ放送があったとしても、カットされてしまう部分ですし。
旅というほどの距離ではないので、どの公演を観るか選ぶ基準としてはまぁ、そういうことです。

あちこち出かけて用事を済ませてから会場入り。
チケットをもぎられて入ったら、ものすごい混雑ぶり!
年々すごいことになってる気がします。
入ってすぐのところが物販になってるのもあって、なんか、まともに歩けない感じなんですもん。

開演前の注意アナウンスは今年も荒川さん本人。
さて、いよいよショー開始!


暗くなり、アナウンスとともに「Friends on Ice」の黄緑色のレーザーライト文字が場内の壁、氷の上に映し出される。
それは、2006年から始まったフレンズ・オン・アイスの歴代出演者の名前。
最後の「And Kidsの皆様」というのが、ほほえましい。

さぁ、スケーターの入場です!
男性スケーター6人一斉に登場してジャンプ。BGMは「Let Me Entertain You」。
男性ボーカルのロックで、2004-05シーズンSOIでのトッド・エルドリッジのソロナンバーの一つとなった曲。懐かしい~。
ショーの始まりにぴったりですね。
パン&トン、レナ&ポチ、タニス&ベンのペア2組とダンス1組がそろって登場、デススパイラルとダンススピンを披露。
女性スケーター5人が男性スケーターと入れ替わるようにして登場。
衣装をピンク系とブラック系に統一したのかな?
荒川さんは「キャンディマン」のピンク衣装、シェイリーンは黒、有香ちゃんはピンクと黒の「Naughty Girl(ビヨンセ)」の衣装。2005年お正月のSOI来日公演で披露された時の衣装です。懐かしい!
オンちゃんは2005-06シーズンSP「ボバリー夫人」のサーモンピンクの衣装。こちらも懐かしい!この衣装好きでした。
友加里ちゃんは黒ですね。こちらも2003年あたり?から時々着ているのを見ている、黒い衣装。

うぉーーーー、本物のシェだよ~~~(泣)。
去年のXOIも来てくれたけどさ。
現役引退してしまうと、こっちから海を渡らないと観られなくなるスケーターは多いのに、向こうから来てくれるなんてさ。
それも何度も。もうホント大好きだー!

タニスは金髪のショートボブになってましたねぇ。頭小さっ!

さて、ショーは「キッズ」の子から。
蛍光レッドの衣装、ポニーテール。ピンク色の照明の下、ジャンプやスパイラルを披露。
アイスダンスODラテンメドレーで耳にするような曲でしたね。
ほぼ満席の場内、色照明が入り、オンアイスシートで狭くなったリンク。
いつもと違う慣れない状況だったでしょうけど、溌剌とがんばってるなぁという感じがしました。
会場内はほぼみんな「見守りモード」で、多少の失敗にも拍手拍手で、温かいムード。
これも初回からのFOIの良さですね。

「クロイツァー・ジョーンズ・ゆま」ちゃんだそうです。
…ハーフ? クオーター?

▼中庭 健介
オンちゃんからのメッセージが放送されて登場。
内容は…「一緒に試合に出てきた仲」とか、そういうことだったような…うろ覚え(爆)。
『ロミジュリ』久しぶりに観るなぁ。
これは観るたびにマイナーチェンジがあったので、いつ観てもどこか新鮮です。

ピストルを持って登場。ジャケットは今回は着てなかったですね。
ピストルを持ったままずっと滑る。
サーペンタインステップ、シットスピン。
スケーティングがさらにうまくなった? エッジが深くなった気がします。
大きい3T!
コーナーでピストルを捨て、タバコを取り出し火をつけ(たふりをして)煙を吐き出す。
暗い照明だと陰が出来るので、なおいっそうけだるい雰囲気になって、いいですねぇ。
もっと観ていたいと思ったくらい、短く感じました。

タバコをくわえたままジャンプしたら、途中でタバコが氷の上に落ちてしまいました。
最後のポーズを決めてから、客席に挨拶しリンクサイドに戻る途中、タバコが落ちたあたりを探していた中庭くんに、お客さんから「そこ! そこ!」と声がかかる(笑)。
こんな雰囲気も実に中庭くんぽいというか、FOIらしいアットホームさといいますか。

▼小塚 崇彦
「4歳の頃から一人のスケーターの成長を観られたことは最高のギフト」なぁんてコメントをする女性スケーターは、名乗らずとも今回出演者では佐藤有香さんくらいのものでしょう。

『Take Five』
黒い衣装。紫とオレンジのライト。
ジャンプは3Lz+3T、3A、3Fだったかな。新しいSPでしょうか。
エッジを基準に体が動いているのが、今まで以上に明確になってきた気がします。
方向転換とか、上体よりもまずエッジが動くというか、腕や肩などの上体の動きと足下がどちらもよく動いてる。
ステップシークエンスのエッジさばきは吸い付くような粘りのある動きで。

以前、小塚くんにコメントをした有香ちゃんが同じテイクファイブを日本で披露したことがありました。
(それも新横浜でした)
その時は転倒してしまうなど、疲れがあったのか動きが小さかった印象がありました。
体が小さいからそう見えたのかもしれませんが。
吸い付くエッジは同じ系統を感じるけど、体の大きい男子が滑ると、ちょっとした腕の動きでも渋い曲に派手さが加わって、いい感じですね。
有香ちゃん、本当に感慨深いんだろうなぁと思いながら観てました。

DOIと違うプログラムを観られてうれしいのはもちろんのこと、
競技用プログラムだろうにEXプロのような華が(しかも小塚くんなのに!)加わっているのが、本格シーズンインをますます楽しみにさせますねぇ。

▼恩田 美栄
「よっちゃんはいつも明るいねー」みたいな語り。これは荒川さんだったかな。

PIW今シーズンのツアーで披露されているのと同じプログラム。
グリーン、グレーのライトにレーザービームが加わって、カッコいい雰囲気。
ジャンプは2回転中心だったけど、全身を使ったステップが、3階からだとよくわかりました。
すぐに理解できるようなプログラムじゃないんでしょうね。
PIWも進んで何度も滑ってるからでしょうけど、私がPIW新横浜で観た時よりもこなれていたと思います。

▼本田武史
「赤ちゃんが生まれて…」有香ちゃんからのコメントですかね?
ピンクとオレンジと赤のライト『ナイア』
2A、3T、3Sだったかな、ジャンプは。
上から見下ろしてるから…かと最初は思ったけど、やっぱり、全体的にほっそりした気がします!
ジャンプだけでなくイーグルなども動きに“あと一歩”のキレがあるし。
いいことだー。

▼Shae-Lynn Bourne
最初男性の声での英語のコメントで『誰かなぁ』と思ってたけど、トンくんからだという補足説明がありました。
おお、こんなに流暢にしゃべるのかぁ。
私の耳では「★△●◇▼☆◎……! Good Luck !」しか聞き取れませんでした(爆)。

何をやってくれるのかなと思ってましたが、暗がりで黒い影が客席のほうに近寄っていくのが見えて『もしかして』と思ったとおり『All That Jazz』。
shae-Lynn.jpg2004年10月にGotta Skateで観たのが最初で、次に観たのは2005年5月CSOI、そして2007年XOI
生で観る機会は4度目です(CSOIは2公演観てるので5回ともいえますが)。
でも何度観てもいいし、楽しいし盛り上がるので、観るたびに印象よくなっていきます。
今回も、はっちゃけてくれてて楽しめました!
画像は2005年CSOIでの一コマ。客席の男性にぶちゅーってやる直前です(笑)。

ピストルでお客さんを撃つ場面、ちゃんとお客さん、「撃たれたーっ」っていうリアクションしてましたね。
2008年2月のArt on Iceの頃にスイスで行われたショーの映像を入手することが出来たんですけども、ここでもシェはこれを披露してました。
その時にピストルで狙われたのは、ステージ上にいた進行役のおじさま。
イスに座ったまま、撃たれてぐったりする派手なリアクションで笑わせてくれましたっけ。
冒頭で額にぶちゅーっとされる男性(ちゃんと男性客を選んでいるのだ)もそうだけど、客席も一緒に盛り上げるナンバーなんですよね。
今回も観れて大満足でした。

▼田村 岳斗
「初めて会った時『カッコいい人』と思った」みたいなコメント。
コメント主は中庭くんかなぁと思ったんだけど…。違うかな?? 声だけなんでよくわからないです(笑)。

『Malaguena ~Once Upon A Time In Mexico(レジェンド・オブ・メキシコ)』
フィギュアスケートでは人気の曲ですねー。
モスグリーンの17世紀ヨーロッパの宮廷風の上着の前を開け、黒ボトム。
そこから何となくイメージしてたのと違う曲だったのでビックリしました(笑)。

クリーンな3Lo、2A。イーグルでフォア、アウト両方にのってうねうねとリンクを滑るところや、フライングシット、割とゆったりめな動きの多かった印象だけど、ステップは曲に合わせて激しい!
最後、息あがってましたねぇ。
こういう緩急のつけ方、好きです。

▼Rena Inoue & John Baldwin
タニス&ベンから「ショーで一緒に滑る時はいつも楽しませてくれる二人」であるという内容のコメント。
場内アナウンスで通訳してくれてました。

レナちゃん、赤い透けるトップスの下は黒いブラトップ、赤いぴったりしたショートパンツに黒いタイツと、カジュアルセクシーな衣装。
ポチ…忘れました(爆)。わりと普通だったような。
スロウ3Loはともかく、サイドバイサイドの2Aが決まったのが!!!
久しぶりにポチがミスをしなかった…。場内の反応がひとつになった気がしたのがまた(笑)。
最後のポーズ、本当にキスしちゃってましたよね? ひゃー。
ひゅーひゅー!
客席へのあいさつ、レナちゃんが指をクイクイッとやって自分のところへ来るよう示して、次に「ここ」と自分の足下を指し示したのがツボりました。
まさしく「ポチ」に対する扱いだ(笑)。
2人の関係を知ってると、より楽しめましたねぇ。

▼佐藤 有香
“タカ”から有香姉さんへコメント、だったかなぁ?

黒い衣装、女性ボーカル、黄と青のライト。
2Lo、2Aまでは大丈夫だったけど、キャメルスピンで回りながらエッジが外れて転倒してしまったのにビックリ…。
すぐ起き上がってレイバックスピンに入っていましたが。
年々、転倒場面を見ることが増えてるように思うんですけど、体力的なものなんでしょうかねぇ。
でも今年1月のJSOI(代々木)ではもっと激しい動きで2プロ、元気よく滑っていたんですよ。

途中で髪をまとめていたゴムをとり、ロングヘアをそのままにイナバウアーやスピンを披露。
曲を知ってたら、もっと理解できたかもな。


『You Raise Me Up』のイントロが流れてきました。
ナレーションで「FOI3年目、感謝をこめて、初年度オリジナルキャストメンバーとキッズによるミュージカルを行う」とのこと!

大きなシャンデリアが天井から吊り下げられてきました。
小さな女の子がオルゴール風の箱を持って登場。前半に出てきた子とは違いますね。
もっと小さいです。
音楽はまさしく、『オペラ座の怪人』のオルゴールの音!

そして、黒タキ姿に仮面をつけた“怪人”登場…宮本くんです!
おお、カッコいいー!
恩田美栄、本田武史、田村岳斗と登場。
オンちゃんスパイラルから2A。
本田くんは光沢のある白シャツに黒パンツ。
田村くんは…ヲヲ、あれは神崎くんの現役最後のFSとなった『オペラ座の怪人』の衣装!
醍醐クラブ繋がりで借りてきたのねぇ。
田村くんも似合うなぁ。
男性陣はジャンプをしてました。
その後、白い衣装を着た荒川静香、中野友加里が登場。
正面から見たら“X”に見えるイナバウアーを披露。

荒川さんがビールマンスピンをする周りを友加里ちゃんがスパイラルし、
友加里ちゃんがドーナツスピンをする周りを荒川さんがイーグルで回る。
余韻たっぷり。

音楽が変わり、他のスケーターと入れ替わりで登場したのは高橋大輔。
曲は2006-07FS『オペラ座の怪人』のあのストレートラインステップ!
あの、2007年世界選手権で最高に盛り上がったステップシークエンスを、濃縮版で見せてくれました。

荒川さん、友加里ちゃんがスパイラルで再び登場、本田くん田村くんがフォローします。
シャンデリアを中心に、4人によるイーグル、4人の時間差2Aは圧巻でした!

その後再びオンちゃん大ちゃん登場してサイドバイサイドの2T(トリプルではなかったような…)もあり、
あっという間のアンサンブルでした!
素晴らしい!!!

終わってマイクを持ち、明るく挨拶する荒川さん。
FOI恒例・プレゼントコーナーの始まりです。
みやけん、大ちゃんがジャージを上に着こんで登場。
つい今の今までカッコよく滑っていたけど、もう素に戻ってます。
2人でまずしたのは、抽選箱とプレゼントが置かれた会議テーブルを荒川さんがいるリンク中央に運ぶことでした(笑)。

プレゼントは初年の白ジャージ1人、初年の黒ジャージ1人、2007年女性用ベロアジャージ上下、2008年ジャージ、そしてスポンサー・弐萬圓堂の商品券。
2007年ジャージは友加里ちゃんが気に入ってしょっちゅう着ていた、
2008年ジャージはみやけん&大ちゃんが今着ているのとお揃いとの紹介。
メガネ商品券は、荒川さんが「今使ってるメガネが移動中つけたまま寝ちゃっても鼻筋が痛くならなくてオススメ」とコメントしてましたが、ソレ、パンフレットの裏表紙裏にCM入ってるものなんですよ。
ファンサービスだけでなく、スポンサーサービスも忘れず、なんですね(笑)。

抽選中も、みやけん、大ちゃんのヘンテコステップで笑わせてくれました。
荒川さんが2人を後ろ足で「しっしっ」と蹴るようなフリをすると、2人は上半身を下にだらりと下げ、小刻みにゆらゆら後ろに滑っていき、しまいには北側のカーテンの向こうまで入っていってしまうとか(笑)。
みやけんも、クジをひくのではなく抽選箱ごと上げるボケを出したりとか。

抽選も終わり、第2部への抱負を語る3人。
みやけんは「面白く」、大ちゃんは「フィナーレはノリノリで」、荒川しーちゃんは「リハーサルを半日で必死にやった」とのこと。
下がる時、みやけんと大ちゃんは同じ振付をやりながらでした(笑)。

20分の休憩の後の第2部へ続く!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1506-1dc2d386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)