FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

誰にとっても最善な策というのは無いものなのか?

北京五輪が開幕した8日、華やかなニュースの一方で、深刻なニュースもありました。

グルジアからの分離・独立を目指している南オセチア自治州に、グルジア軍が攻撃を仕掛け、
それに対し南オセチアを支援するロシアがグルジアの首都トビリシの空軍基地を空爆、
グルジアとロシアの全面戦争に突入しかねない危機に直面している状態というニュース。
南オセチア州都に進攻=村を空爆、住民15人死亡-グルジア
ロシアとグルジア、初の本格交戦=住民1400人死亡か・南オセチア
ロシア軍が南オセチアに侵攻、グルジアとの戦闘激化
<グルジア>一気に緊張高まる…ロシア強硬
<グルジア>停戦目指し合同使節団派遣 EU、米など

グルジアとロシアの対立というと、フィギュアスケートファンが真っ先に思い起こすのが、
グルジアのエレーネ・ゲデバニシビリ選手でしょう。

ロシアを練習拠点にしていたエレーネ選手、ジュニアとシニアをかけもちしていたトリノ五輪シーズンにジュニアGPSで頭角を現し、トリノ五輪ではFSを最終グループで滑走、愛らしい容姿と柔軟性を生かした弾むような演技で人気急上昇。
年齢が浅田真央選手の数ヶ月前生まれという若さなので、今後の活躍がますます期待されたところでした。
ですがトリノ五輪シーズンの後、お母さんのロシア滞在が認められずロシアを離れることになり、グルジアではまともな練習が出来ず、その後拠点をアメリカに求めるも、エントリーされていたグランプリシリーズ(NHK杯含む)に出場することはなりませんでした。
GPSは残念だったけど、同じシーズン10月のカール・シェーファー・メモリアルには出場(しかも優勝)、その後2007ヨーロッパ選手権(ポーランド)、2007世界選手権(東京)、2007NHK杯(仙台)にも出場。グルジア国旗が会場のあちこちに掲げられていたのは、テレビ放送にも映っていたことでしょう。
もともと応援しているほかに、若い選手が政情不安に巻き込まれてもがんばっている姿に共感し、というのもあったと思います。
私もジュニアGPSでの活躍から期待していた2006ヨロ選(フランス)で会場で観て、彼女のファンになりました。
その後紆余曲折を経ての仙台のNHK杯も会場で観たけれど、会場内でのエレーネちゃんへの声援はすごいものがありました。

今開催中のオリンピックにも、グルジアの選手もロシアの選手も一緒に出場しています。
競技に、自分のことに集中したい時に、自分たちの国で今このときにこの事態。
どんな気持ちがするでしょうか。
政情不安に巻き込まれるかたちで、一個人である選手に影響が出ないといいのですが。
いや、選手は一個人ではない場合があることも承知していますが…。
ただ、目の前のことに集中できるようにと思うだけです。

人種が違って主張も考え方も違って言語も文化も違って。
それでも、武力によらずに問題を収束させることは出来ないものなのか。
一時的な停戦もいいでしょう、でも出来れば一歩すすんで、根本的な問題の解決へいかないものかと。
すべて丸く収まるのは難しいかもしれないけど、少なくとも、死者を出さない方法はどうしても無いものなのかな。

今日9日は、ナガサキの日。
ヒロシマと同様に、重い意味をもつ日です。
こういう日に、他国とはいえ武力抗争のニュースをきくのは残念です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1518-f038d94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)