FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

全日本選手権 男子FS間に合いました!【男子FS感想追記しました】

ひそかに応援している郡山くんには残念ながら間に合わなかったけど、末永くんから観戦開始。
会場内はさほど寒くないですね。

末永くん
ジャンプほとんど決まらず残念。
ちょっとスピードなかったね。
3Lzと3Tが一回ずつは決まったのかな。

鳥居くん
3F+2T、3S+2T、3F、3Loなどが決まったかな。
パンクしたジャンプもあり。
バタフライシット大きいけど腰が高いのが惜しい。

今製氷中です。
色とりどりのバナーたくさん出てますね。
会場内モニターにはカラーで選手の顔写真や氏名、コーチ、振付師などの情報が。
気分が盛り上がってきましたよー。

【追記:以降にこの後の第3、最終グループの感想を書きました】

男子FS第3グループ。

▼中村 健人(明治神宮外苑フィギュアスケートクラブ)
『Pirates of the Caribbean by Klaus Badelt』
期待の3Aはシングルに。
それとループのパンクや3Tのステップアウト、サルコウがダブルになりもしたけれど、他のジャンプやステップでいいところを見せてくれましたね。
ちょっと硬くなってしまったのかなぁ。

▼羽生 結弦(宮城フィギュアスケートクラブ)
『RHAPSODY ON A THME OF PAGANINI/Sergei Rachmaninov』
あー羽生くんもアクセルがパンク!
3Fで両手をつき、3Lzでは転倒。
でもこの後は大崩れせず、スピン、ジャンプ、ステップとも、がんばったなぁと思いました。
スピンやレイバックイナバウアーなど、見せ場もきちんと入りましたね。

▼小林 宏一(新横浜プリンスフィギュアスケートクラブ)
『Xotica』
4Tを狙ったんだろうけど大きな2Tになり、3Aは転倒。
中村ケントくんも入れてたけど、今のルールだと2A+3Tは有力なコンビネーションってことなんだろうね。
でも他のジャンプ、1FやLzのダブル、3Loステップアウトとかあったから、一発豪快に決めてほしかったから、ちょっと物足りなさもありました。
がんばってたと思うけど、スケーティングが伸びないためにせっかく大きくて見栄えのする身体を生かしきれてない気がするのが惜しいところなんですよねぇ。

▼中庭 健介(パピオフィギュアスケーティングクラブ)
『Braveheart』
会場内の空気が、ちょっとこれまでと違うものになったのを感じました。
拍手の多さとか、“後押ししたい”念を送るという感じかな。
実際私も、予定の内容を完璧に滑って本人が満足いく出来だといいと思っていましたし。
3T+2T、3A…後は3Aコンボのセカンドが1T、お手つきやステップアウト、3回転の予定が2回転になるなど、細かくミスが続いてしまったのが本当に残念です。
プログラムが盛り上がりきらないまま終わってしまった印象で…。

▼小田嶋 隼人(北海道FORESTフィギュアスケーティングクラブ)
『夢の香り』…真央EXタンゴの曲ですね。演奏は違いますが。
東日本の時は白シャツに黒ベストだったと思うので、今回は新しい衣装なのかな?
全体的に黒っぽくて小さくV字に開いた襟元にワインレッドのフリル。
彼も3A持ちだけど、東日本と違って今回は2A、1Aと決まりませんでした。残念。
3Lzもひとつはパンクした上転倒。でも3T、3T+2Tはきれいに決まったと思います。
スピンのバックエントランスでバランスを崩してしまったのも惜しい。
すごく素敵なタンゴなので期待してたのだけど、東日本のほうがもっといい出来だった印象です。
彼のリードでタンゴを一緒に踊っている相手が見えたような気がしたのは東日本のほうだったから。
彼 大学4年生で最後の全日本かなぁと思うので、たくさんのお客さんが入っているところで、いい出来で観たかったな。

▼大上 偉才(倉敷フィギュアスケーティングクラブ)
『パイレーツオブカリビアン』
パイレーツってあまりピンクのイメージ無いのだけど、思えば大上くんも、同じグループ最初に滑った中村くんも、ピンクパイレーツなんだなぁ(笑)。
大上くんのほうが彩度の高い色でよりピンクですね。
3A+2T、3Lz+2T、3F+2Tが入りましたね。
大上くんも大学4年生か。早いものだなぁ。
ジュニアの頃と比べて本当に表現が外に向かってきたよなぁと、しみじみしてしまいました。

ここまでで中庭、羽生、大上…の順かと。
さて、いよいよ最終グループ! 緊張感が高まります。

▼町田 樹(関西大学)
『The Swan Lake』
3Aソロは決まるも2度目はステップアウト。ステップから3Lzよかったけどその後スピードなく1Lo。
2F+2T、3Fときて3S+2T+2Lo、で、最後の最後に3Tに2Tをつけちゃったのが…。
プロトコル出てますよね? 皆さんご承知のとおり、4つめのコンボ扱いでノーカウントです。
またそういうのに限ってよく跳べていたりするんだよなぁ。
それでもシーズンベストは出てたわけだけど…後半調子が上がってきたと思ったらこうなるって、ありがちだけど、「いいのにダメ」というのがもったいないんですよねぇ。

▼織田 信成(関西大学体育会アイススケート部)
『Walsow concert』
4Tトライも転倒惜しい!
あとは予定のジャンプだいたい入ったんじゃないでしょうかね。
コンビネーションスピンで軸がぶれていた気がしますが、そうひどいわけでもなく。
ただ“心に響いてきて後から思い出すような場面”というものも、私には感じられなかったのは気になりました。
感動するとかしないとか、そういうことではなくてね。
コンペだし審査するのはジャッジだから、それでもいいっちゃいいのでしょうが。
実際、この時点でのトップになりましたからね。

▼南里 康晴(株式会社ふくや)
南里くんのスポンサーが決まった時にブログに書いたとおり、「南里康晴さん、ふくや」とコールされての登場に、内心わくわく(笑)。
『Concirerto de Aranjuez』
3Aはコンボのほうはオーバーターンだったけど、ソロのはよかったと思います。
3Lzは一つパンク一つ成功、3Fも回転ギリギリっぽかったかな。
2A+2T+2Tのサードジャンプもバランス崩しかけてて、だいぶ無理矢理感があったような。
ステップで少し猫背になってきてスピードがなくなり、フライングシットスピンも少しよろけて硬かった気がしたけど、最後まで意地でまとめたという印象も。
この時点で中庭くんの上につけましたね。しかも昨年以上の大差で。

▼村上 大介(青森山田高校)
『Rhapsody of Theme of Paganini』
4T転倒惜しい! 続く3Aも転倒。
だたその後は3F+2T+2Loなど、がんばっていたと思いますよ。
ステップで転倒したのは、さすがにジュニアとシニアは時間も空気も違ったというのが脚にきてしまったのかなぁ。
後半ほど“走って跳んで”な印象も。
それでもパーソナルベストを更新しましたねぇ。

▼無良 崇人(倉敷翠松高校スケート部)
『KOJIKI』
最初の3Aは思い切り軸が斜めになり転倒。
3Lz+3Tはいいとして3Fは『ロングエッジとられちゃうよな~』という感じで、しかもいつもながらすごい端っこジャンプ。
二度目のアクセルはシングルに、次に再びアクセルの助走に入ったので心躍りましたねぇ。
決まってよかった! しかもセカンド2Tつけたし!
すごいなぁ。
2回目のがダメでも次また跳んで決めるって、NHK杯の再現ですね、まさしく。

▼小塚 崇彦(トヨタ自動車スケート部)
『Romeo』
信夫先生に背中クルクルさすられて登場、中央で最初のポーズに入ったところでホイッスル。
なんでもコンピュータの調整だそうで…何もこんなときにシステムおかしくならなくても。
再びコールされ、背中儀式も再び済ませて登場。
会場のモニターで観たらきりっとした表情してたから、大丈夫かなぁと思ってたけど…
4Tは惜しくも転倒。その後は大きなミスというと1Aくらいかなぁ。
イーグルからの3S+2Tはミスとまではいえないし。
スピンも速かったしね。
やっぱり何度観ても、イーグルほか、たっぷりエッジに乗る見せ場がたくさんあって、見応えのあるプログラムですね。

シーズンベストは出るも、フリーも総得点も織田くんの下に。


これで男子フリー終了です。
ああ~、緊張したぁぁぁ…。

社会人のスケートファンなら悩む方も多いと思いますが、私も。
おととしは一日半、昨年は丸一日休暇をもらって一足先に冬休みへ。つまり、仕事納めの日に2年連続いなかったんですよね。
まぁ自分がやるべきことは当然済ませてから来ているわけですけど、今年は暦の都合で納めの日が昨年より2日も早くて仕事に差し支えると思ったので、休暇を取りませんでした。
男子最終グループかその前のグループに間に合えばいいなと思ってましたけど、ダイヤの乱れもなく順調に長野入りし、幸い駅のロッカーも空いていたので大きな荷物も預けられて、無事に会場入りできました。
まぁ、郡山くんに間に合わなかったのは残念でしたけど…。彼、美しい線を見せることのできる、いい選手ですよね。
後で最初から観戦してた方にお聞きしたところ、いい出来だったそうなのでよかったです。

表彰式は…既にブログに書いたとおり、代表代行の読み上げがグダグダだったわけですが。
まぁそれでも今後の大会の派遣選手発表は明日なので、表彰式まで順調に終了。
駅へ向かうシャトルバスは行列が出来ていたけど、バス何台も次々きてたし、列も横1~2人程度の列だから長く見えても動きはあって、5分程度待ったくらいで乗れました。
今日は急いでいたからタクったけど、時間があれば駅から徒歩約30分。
歩けない距離ではないし、歩いたことも何度もあるけど、この季節怖いのは「道路の凍結」。
今年1月の国体の時はシャトルバスなど出てはおらず、同じように寒かったけれど、歩きました。
歩道の一部、雪が残った部分や日頃日陰になっている部分はどうしても凍っていたので、せっかくシャトルバス出ているなら、夜間は並んででもバスに乗ったほうが安全だなぁと思いますねぇ。

ホテルにチェックインしたら、今日は満室とのことで、宿を求める人を断っている場面に遭遇。
今まで長野駅前で泊まった中ではいちばん遠い場所にあるのだけど、安いからかなぁ。
今日の夕飯は新幹線車内で駅弁食べたので、無し。
健康を考えて魚弁当。農林水産大臣賞を受けたとかで、味噌漬けの魚が何種類も入ってて美味しかったけど、見本と比べて切り身が小さいよー(苦笑)。

部屋のテレビつけたらちょうど男子フリーの放送が。
小塚くんの衣装の袖口に小さなフリルが! あ、あんなのあったんだ…。
っていうか、今までなかったような…少なくともエリック杯の手元画像見返しても…よくわからん(爆)。
同じ色だし変更が地味すぎてわかにく~~~。
たった今会場で観てきたのに気づかなかったよ…。肉眼でわからない変更って、一体有効なのか?!(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1666-b529017b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)