FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

国別対抗終了し…

17時前に終わったんだったかな。
暗い場内から外に出てみれば、まだ夕方にしても明るい空がまぶしい。
仕事用の買い物をするべく渋谷に寄って帰りました。

競技のほうは後でCS放送をチェック出来ればと思いますが、EXだけでも行けてよかったです!
日本でケア姉弟にアリロビが揃うとなれば、そのためにフランスへ行った私です。
行きたくないわけがないのです。
ギリギリに出たチケットを手配したのは仕事の昼休み中だったので、場所とかろくに確認しなかったのだけど、スタンドの私好みの位置だったのもラッキーでした。

フィナーレも終わり、お客さんにTシャツプレゼントということで選手が放り投げていた時、
エヴァンとベン・アゴストとが「ありがとう 東京」と書かれた、シーツ半分くらいの大きさのある白いバナーを持ってリンクを1周したのが、うれしかったですよねぇ。
いかにも外国人ががんばって書いた漢字という、微妙なヘタ文字がまたいい。
シャボン玉の泡があふれる中、パトちゃんやマービン・トランが大きな泡を何度も手で受け止めようとしていたのもツボりました。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。
終わってみれば楽しいイベントとなりましたね。
日本に来てくれて本当にありがとう!!!

では今日の感想、ざっとおさらい。
まずは前半部分から。


前半のジェシカちゃん達のアクシデントで、直後に滑った小塚くんは出番が少し早くなったけど、すぐ場内の雰囲気を変えてくれたと思います。
動きに若干違和感というか、いい調子ではない感じがしたのは、SPやFSの不調と同じ理由でしょうか。
むしろ、見ているこちらのほうが、前の動揺が残ってしまってちょっと上の空状態で見てしまって、申し訳なかったという気持ちがしました。
このEX、見納めとなるのがもったいないくらいよく似合っていたから、ちょっと寂しい気持ちも。

オープニングのBLUE MAN GROUPのパフォーマンス、氷上からリンク上(競技でキスクラがあった場所)に上がり、生演奏をしているのを、リンク際の選手たちも写真撮ったり、一緒に踊ったりしながら観てましたね。
「ロックコンサート・ムーブメント」(曲名知らんけど)、そういえばコレ、何年か前のSOIのアンサンブルで使われたよなぁ。懐かしい。
トッドがはっちゃけていたのが印象的でした。
で、こぶしを上につきあげたり、腕をふったり、色々あって、アゴストとか一緒にやってるのが見えたのだけど、
その#4というのが、ヨガみたいに、立ったまま脚を首の後ろにひっかけるというもので。
大型スクリーンにその動きが出るんですよね。それまでと同じ調子で平然と。
『コレがオチかぁ』と思って見てたら、小塚くん、これをやろうとしてましたね(笑)。
結構、笑えることをしれっと、するんだよなぁ。

男子、女子、ペア、ダンスの順に入場し、最後に優勝したアメリカチームが登場。

あっこちゃんの『リベルタンゴ』は、何度見てもぞくぞくさせられます。
全日本後のMOIでは生演奏だったのをテレビで観ましたが、私はあれより、普段の録音のがいいと思うんですよね。
最初はゆったりしたテンポで、ショートサイドのスピンのところから曲が少し速くなるのが、あのプログラムに「タメ」をもたせていて、彼女のパフォーマンスをより盛り上げているのに、そこをわかってない演奏だったなぁと思ったので、また録音ので見れてうれしいです。
アナウンスでは「これが見納め」とか言ってたように記憶してるけど、PIW豊橋は何か別のものを用意しているのでしょうか???

リード姉弟は、サラ・ブライトマン『Anytime,Anywhere』を情感たっぷりに。
リフトは最初のほうと最後とくらいで、ステップを中心にしていたのがよかったな。

アボットは、カジュアルだけど、ジャンプのほかもただのスケーティングでなく、曲に合わせたステップや振付を行う、密度の濃いEXでした。

ホフノビ…世界選手権のEX放送はこれから見るし、ヨロ選のEXもまだまともに観てないんだけど、
“リュック一つでヒッチハイクの旅”みたいなノビツキーと、フード付きのマントをすっぽりかぶった(中には赤いドレス)のホフロワ、
なぜに『ホテル・カリフォルニア』なのか??? イーグルスのオリジナルでなくカバーもの。
アメリカ対応だったのかなぁ??
物語があるような無いような、なんとも不思議なEXでした。
最後、ホフロワはマントを回収して帰ったのに、ノビはリュック忘れて帰ったのは、ああいう仕様か、単に忘れたのか?? それすらもナゾ。

美姫EXは『ボレロ』ではなく、久しぶりの『I believe』でしたね。
絢香結婚祝い&病気見舞いの意味合いもあるのかな?
ボレロを期待してたのだけど、2年ぶりに同じ曲で滑ると、以前より身体の動きに情感が出てきたのがよくわかりました。
歌いながら滑っていて、とても楽しそうでしたね。

ジェシカ&ブライス
アクシデントはここで起こりました。
既に書いたとおり、ツイストリフトのキャッチミスで、投げ上げられた身体をそのまま氷に打ち付けるかたちとなったジェシカ。
うずくまったまま起き上がれず、曲も止められ、担架が運び込まれたけど、ブライスが抱きかかえてそのまま退場。
その後製氷中のアナウンスで、顔の左側を打撲し、明日の長時間移動を控えて念のため検査を受けるが、意識ははっきりしており、大丈夫だとのことでした。
以前、四大陸でソロスピン中に顔を切ってしまったこともあったし、氷上でのアクシデントが再び起こったことは残念だけど、あの時と同じように、早く復帰できるよう、大事のないよう願っています。

小塚くんは上記したとおり少し早く登場することになったはずだけど、よく会場の雰囲気を変えてくれたと思います。

ナタリー&ファビアン
コミカルでカジュアルでかわいらしいEXプロですね。
今季のプログラムはOD、FD、EXどれも大好きです。

パトちゃん
コールドプレイ『Viva La Vida』(美しき生命)
おお、なんだかふつうにカジュアルな格好。ようやく年相応に見えるなぁ(笑)。
でもなぁ。なぜだか、おばちゃんで服はカジュアルなのに顔はがっつりフルメイクっていう人いるけど、ああいう、ちぐはぐな感じもちょっと(笑)。
たぶん、正装顔だからなのかなぁ。
相変わらず、すーいすーい滑ってましたね。

ゆうこ&サーシャ
曲忘れてしまいました…。聴いたことある感じだったけど。
花束キャッチ、リフト、スロージャンプ等々、少ない準備動作で次々技を披露。
正直、キモノ衣装でなくてもよかった気はするけど(苦笑)、EXらしい抜け感や、華(花じゃないよ)があって、オリンピックへ向けてペア能力の高まりを感じさせてくれました。

レイチェル
淡いピンクの、アメリカ女子には珍しい長袖衣装。
ムーランルージュから『One Day I'll Fly Away』。
EXでもトリプルジャンプを入れ、その上で曲に合わせて表現する、総合力の高さをここでも見せてくれたと思います。

シネード&ジョン・ケア
このスコットランド民謡をまた観ることが出来て、本当にうれしいです。
この一年間では、7月のザ・アイス、11月のエリック杯、そして今回と生で観て、いつもなぜだか泣きそうになります。
来季のODはまた同じテーマだけど、今度はどうするのかなぁ。
スコットランド民謡でこれ以上のものが想像つかない。
いっそ全然違う、誰もやらなそうな国とか???

ジュベール
何をやるのかなと思ってたら、ワールドと同じのかな??
ジオメトリック柄というんでしょうか、ちょっとレトロな未来感のある柄というか。
Jason Mraz『I'm Yours』 
フェンス際、客席に近いところからの滑り出しでアリーナ席のお客さんたちを沸かせ、とにかく、客席に顔の向いたEXプロでしたね。
ピンクと赤が片面ずつに使われたハート型のクッションを途中で持ち出し、それを客席に放り投げてました。
終始笑顔だったのがよかったです。

ここで製氷休憩へ。
<後半に続く>

コメント

エマさん
こんばんわ。
ジュベールのEXはワールドではなく、ユーロと同じものです。
クッションを客席に投げたのは、ユーロにはなかったサービスですね。

  • 2009/04/20(月) 01:19:29 |
  • URL |
  • ash #IxIKOg5g
  • [ 編集 ]

>ashさん
おお、ジュベールEXはワールドではなくヨロ選と同じのだったんですか。ご指摘ありがとうございます。
録画してあるのですが、時間なくてまだ見てないんですよ。
シーズンオフに追い付きたいです。
ハートクッション、ジュベールファンのもとへ届いているといいですねー。

  • 2009/04/20(月) 01:46:25 |
  • URL |
  • エマ@ケータイ #ihMNMLjo
  • [ 編集 ]

悠子ちゃんたちのは、美しき青きドナウ、だったのではないかしら?
って、まだ観てないんですが、おそらく黄色い衣装でお花持ってるんですよね?
ジェシカのことがとても心配です。
以前の怪我のこともあるし、スケートを続ける気持ちにマイナスにならないことを、、、ってより、なにより早く怪我とショックを癒してほしいです。
アイスショーの凝った照明の演出は綺麗ですし、
今はアマチュアスケーターもショーに慣れているとは思いますが、
(そして今回の事故が暗いせいなのかどうかは存じませんが)
ことペアに関しては明るいところでやっていただきたいな、というのが本音です。

  • 2009/04/20(月) 13:27:31 |
  • URL |
  • おロシア人 #-
  • [ 編集 ]

>おロシア人さん
あーそれだ、『ドナウ』でした。
ありがとうございます~。

ジェシカ&ブライスのアクシデントについては…
たしかに、明るければ事故の可能性は減るのかもしれませんよね。
でも残念ながら、競技中の落下事故もトトマリ、オベルタスの前のパートナーなど、明るくても起こる時は起こりうるものなのかなと思うんですよ。

『今のふたりは、ふたりのバランスを崩してしまっているのかな?』
『タイミングが合わなくなってしまっているのかな?』
…と危惧しています。

ジェシカちゃんたちにアクシデントのあった場所付近で、後にゆうこちゃんたちがスロージャンプに入った時、ドキッとしました。
でも杞憂に終わりました。

ジェシカ&ブライスはトリノ五輪のFSとか素敵なプログラムもあるし、
ジュニアのSBC杯で来日した時から観ているから、見守りたいペアの一つです。
ペアとしての二人の高まりをまた見せてもらいたいと、願っています。

  • 2009/04/20(月) 20:22:23 |
  • URL |
  • エマ@ケータイ #ihMNMLjo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1755-2fd33de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)