FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

STARS on ICE JAPAN 2011

110116_1523~01 いやはや。年が明けたら全日本の続きを書こうと思っていたら、何となく忙しくて延ばし延ばし。
気がつけば1月も半分終わってしまいました。相変わらず日がたつのは早いですね。

 これがスケートブログの新年一発目の記事になりました。
 昨年このブログをご覧いただいた皆様、コメントやメッセージや拍手をいただいた皆様、どうもありがとうございました。
 今年も可能な範囲でブログ続けますので、お時間ありましたらおつきあい願います。

 さて、画像は外観改修工事中の、特徴的な屋根の意匠を持つ、代々木第一体育館。
 SOI最終日、行ってきました。
 やっぱりね、カートやトッドが来てくれるんだもの、行かなくては。
 終了後の空を観ると晴天ですが、この日は全国的に(特に日本海側)の天気が大荒れで、
関東地方も例外ではなく、空気はすごく冷たかったです。
場内と大差ない感じ。

地上波のテレビ放送が終わりましたが、あれは15日の収録だったんでしょうか?
今日は放送と違うのを滑ってるスケーターが多かったですね。

思うこと、たくさんありました。
毎度のことながら、始まる瞬間というのは、なぜか涙が出てきます。
今回は特にSOI25周年というのもあったのかなぁ。
その時代のスタースケーターの映像なんかも会場では流れてました。

カートが滑ったのは『Downstream』。
ジャンプは2A一度くらいしか印象になし。
持てるスケーティングスキルを存分にみせてくれたプログラムでした。
せわしなく動く足元、静かな曲なのに、エッジの音がほとんどしない。
ウワーッと盛り上がる曲でない分、エンターテイナーとしてのカートを支える基礎力を感じさせてくれたと思います。
だからなのか、何となく、ただの直感ですけど、
生でカートの滑りを観るのは、私はこれが最後かもしれないなーと。
いえ、本当にただの直感なので、根拠はありませんが。

小塚くんのは、カートっぽい動きだなーと思ってたら、本当にカート振付だったんですね。
やっぱり、スケーティングの基礎力がないと、振り付けられても「っぽい」なんて思わせる滑りにはならないでしょう。
しかも上半身も足元も結構細かい振付なのに、余裕をもって演じている感すらあり。
年々進化してますね、小塚くんは。なお、未知の引き出しを感じさせるのが素晴らしいです。

第2部最初のカウボーイのアンサンブル(Kinki Kidsのアレ)、
日本でやるために2002~2003年ツアーのアンサンブルをアレンジしてくれたんでしょうか。
そのツアーの時の曲は、ショーが始まる前に会場内で流れていたBGMに入っていましたね。
プレスリーの『A Little Less Conversation』です。
懐かしかったです。
意外に曲ともそんなに違和感なかった(笑)。

キョウコちゃん久しぶりに見られてうれしかったけど、
仕方ないけど、最初と最後、それと1部最後のアンサンブルと小塚くんを紹介したにとどまったのが少しもったいない。
どこかで、ペアスケーターらしい技をもっと見せてもらえたらよかったかな。

そうそう、テレビ放送。
番宣で出ていた陣内孝則が、意外に的を射たことをしゃべってたんですよね。
ふざけて見せてるけど、真剣に演技活動をやってる俳優さんだということを再認識しました。
インカレ観に行ったってのがまたツボ(笑)。
表現者として、スケーターと俳優と、相通じるものを感じたということなのでしょうか。

出演スケーターの皆さん、ありがとうございました。
これから競技を控える皆さん、最高のパフォーマンスが出来ますように。
SOIツアーのますますの発展と成功を祈って、新年一発目のブログを〆るとします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1894-3ab04b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)