FC2ブログ

What An Amazing World ! +++ 雑感 +++

管理人:エマのフィギュアスケート観戦&サイト更新記録&日々の雑感ブログです。 関連記事へTBされる場合は、該当記事またはこのブログへリンクしてくださるとうれしいです!

情けないことに

地震から1週間たちました。

東京電力管内の計画停電、19日(土)は実施されないことになりました。
今のところ、職場を含めて私の周囲では、3日連続実施されました。
停電になることそのものは、既に慣れました。
時間帯が毎日変更されるとはいえ、一日のうちたった3時間程度です。
仕事に支障をきたしていることも実際ありますが、生活する上では何ほどのこともありません。
(仕事に関しては、上の立場の人間の危機意識の無さに憤りを感じる数日です)

ただ、この停電は、決して被災地の支援にはなっていないのです。
福島県にある原発設備の損壊によって、関東の電力需要に、供給が追い付かなくなっているため行われている計画停電。
つまり、自分たちのためでしかないのです。
原発そのものは、管轄外の区域に建っているのに。
そしてその周辺の住民たち、そこで働いている人たちが切実に困っているというのに。
情けないことです。


「少しずつ電力を集めて東北に送ろう」
多少のカン違いはあっても、結果的に消費電力が抑えられ、
需要が供給を大幅に上回って大規模な一斉停電に陥って都市機能が麻痺する事態が避けられているなら、
それでいいのだと思います。


岩手県には、中尊寺に惹かれつつ、まだ行ったことがありませんでした。
千葉県茨城県は何度もありますが、被災した街には行ったことがありませんでした。
福島県には数年前、仕事でいわき市に行きました。
青森県には直近では今年1月末、冬季国体を観に行き、八戸市内で1泊しました。
宮城県には公私にわたって何度も行きました。
仙台、松島、塩竃…。
きれいな景色が目に浮かびます。
あの風景が今どうなってしまっているのか、あの街ですれ違った地元の方々が今どうされているのか、大変気掛かりです。
石巻にも行きたいとずっと思っていましたが、仙台に行く機会は何度もあっても、時間の都合でどうしても行けないままでした。



具体的に被災地の支援に繋がるにはどうしたらよいのか。

今、私にできそうなこと。
既にここに書きましたが、やっぱり、今の段階では募金くらいしか思いつきません。

体力に自信があれば、現地で活動するボランティアもありますが、
基本的に、現地への往復・滞在に関わるすべてのことを自弁できなければ、役に立ちません。
ボランティアが被災地のお荷物になってはいけないからです。
気持ちだけではだめなのです。
といって、自治体で受け付けている、現地で必要とされている物品等々、どれも提供できるほど持ち合わせがありません。
被災地で、被災地に向かうことができるボランティアの方々に、少しでも役に立てていただければと、募金。
それぐらいしか出来ません。

実は今月上旬、職場で集団献血がありました。
私も行ったのですが、その場での簡易検査の結果、ヘモグロビン量が足りないのことで、献血を受け付けてもらえませんでした。
情けないことです…。
直近では昨年12月にも通りがかりの献血ルームに行きましたが、その2日前に歯医者さんで歯石除去を受けており、出血はしていなかったと思うのですが、念のためということで、献血を断られました。
つまり、連続して役に立てなかったのです。
情けないことです…。

今、輸血に全血を使うことはまずなく、血液製剤が使われているそうです。
ですが、製剤には有効期限があります。
血液は人工的に作れないので、人間が、新鮮な血液を提供する必要があります。
東日本大震災後、献血が増えてるそうですが、今の時期だけ増えるのではなく、継続されることが大切です。
今わたしにできることは、まずは体力を取り戻すことと思ってます。
何をするにも、自分がしっかりして余力をもっていなくてはね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ema0618.blog62.fc2.com/tb.php/1910-ba15dd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)